2018/4/3

朝日新聞「美の履歴書」に丸木スマ《柿もぎ》紹介  掲載雑誌・新聞

美の履歴書:544 丸木スマ 顔が実よりも小さいわけ
 ―2018年4月3日『朝日新聞』夕刊文化欄

クリックすると元のサイズで表示します

https://www.asahi.com/articles/DA3S13435006.html

以下、記事より一部抜粋です。

=====

 画題の多くは、村の暮らしや草花、鳥、猫、魚などの生きもの。「人間がいれば人間が中心に描かれがちだが、そうではない。『柿もぎ』は身のまわりの自然を平等にいとおしんだスマさんの価値観が表れている」と原爆の図丸木美術館の岡村幸宣学芸員は話す。
 俊はスマと仲がよく、スマが81歳で他界した後、「女絵描きの名を継ぐ」と旧姓ではなく丸木姓を名乗るようになった。
 「柿もぎ」は、なぜ柿の実より人間の顔が小さいのか。質問されたスマは「柿を描きよりましたら、人を描く場所がのうなりましての、それで、小さく描きました」と答えた。俊はユーモア交じりにそう書き残している。


=====

《柿もぎ》などの丸木スマ作品は、5月末まで特集展示しています。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ