2018/3/10

横湯久美展オープニング  企画展

企画展「横湯久美展 時間 家の中で 家の外で」がはじまりました。
午後2時半からはアーティストトーク「逃げるか掴むか、時をめぐる記憶の話」を開催。

クリックすると元のサイズで表示します

聞き手は、学生時代から横湯さんを知る美術家の辻耕さんです。

クリックすると元のサイズで表示します

決して他人に言ってはいけない、と言われて育ってきたという家族の歴史を軸に、うっすらとした戦争の痕跡をたどる物語的な作品。

クリックすると元のサイズで表示します

初めて横湯さんに出会った2年前、「丸木美術館だから、この作品を差し出そうと思った」と言って下さったことを思い出します。
そのとき展示された作品を含めて、今回の展示は5つの章で構成されています。

ひとりの人間の命とともに失われていく記憶をたぐりよせる、という点では、とても今日的な「戦争」の表現とも言えそうです。
会期は4月21日まで。3月31日(土)午後2時半からもアーティストトークを開催します。

1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ