2017/12/25

【広島出張A】横川シネマにて「河」上演  調査・旅行・出張

広島の横川シネマにて、「河」(作・土屋清、1963年)の30年ぶりという上演を観ました。
生誕100年を迎えた詩人・峠三吉を主人公にした戯曲です。2日間計4回上演で、本来70席の会場に毎回130人が入る超満員とのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

舞台は、峠が友人画家と「芸術と政治」をめぐる論争を行う第1幕、1949年6月の日鋼闘争の第2幕、1950年8月6日に福屋から反戦ビラを撒く第3幕、肺炎のために入院・手術に向かう第4幕という構成。

占領下・朝鮮戦争の勃発期に原爆詩に取り組んでいく峠三吉の動きは、ほぼ同時期に「原爆の図」を描いていた丸木夫妻に重なります。
劇には登場しませんが、第3幕の2ヵ月後、峠は「原爆の図」展広島開催に協力し、互いの人生は交錯します。
だから1950年前後という時代を実感するためにも、ぜひ見ておきたい舞台でした。

クリックすると元のサイズで表示します

また、戯曲が書かれた1963年は、原水禁運動分裂の時期であり、原爆文学研究会の川口さんの教示によれば、峠が主宰したサークル誌『われらの詩』を受け継いだ『われらのうた』が終刊に向かう時期にも重なります。
時代の変化の中で、峠の仕事を検証する必然もあったでしょう。そうした時代背景にも興味を惹かれます。

印象的だったのは、友人画家(モデルは浜本武一)が、峠は「反戦」というテーマを扱わなくてもすぐれた詩人であることを強調し、政治運動に疲弊するのでなく、自身の才能を伸ばすようにと繰り返し忠告していたこと。峠は苦悩の末に、「反戦詩を書かせたのは他の誰でもない、自分自身だ」と自らの道を選びとり、『原爆詩集』に到達します。
芸術のための芸術でなく、政治のための芸術でもなく、芸術と政治が接触する一瞬の火花の中から力のある表現が生まれることは、確かにあるのだと思います。

林幸子の孫にあたる某新聞社の若い記者が、彼女をモデルにした女性役を演じていたことも感慨深く拝見しました。
彼女が暗誦した渾身の「ヒロシマの空」は、再演の意味を感じさせるという点で、今回の上演の中で、もっとも胸を打つ見せ場のひとつだったように思います。
4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ