2017/9/12

高畑勲さん来館  来客・取材

午後、アニメーション映画監督の高畑勲さんが来館され、館内をご案内しました。

中学生のとき、1953年の岡山天満屋での「原爆の図展」をご覧になっていたという高畑さん。それ以来《原爆の図》を避けていたそうですが、「もう《原爆の図》を観ても動じないだろう、という予感があった」とのことで、足を運んで下さったのです。

《原爆の図》は、芸術的な野心を持った絵だから、体験を伝える絵とは違う。「この絵はちいと違う」と言った大道あやさんの言葉に共感する、とお話しされながらも、長い時間をかけて丁寧に絵を観て下さいました。
被爆体験の継承という目的が先に来ると、どうしても無理が生じる。それより、絵画としてどういう時代に描かれ、それがどんな意味を持ったのかを考えることが、これからは重要なのではないか、という貴重なご意見も頂きました。

高畑さんは、10月28日(土)に埼玉会館で開催する「丸木美術館 開館50周年の集い」で、アーサー・ビナードさんと「戦争と表現をめぐって」と題し、対談して下さる予定になっています(近日詳報)。
今日はその打ち合わせも行い、戦争画のこと、《原爆の図》のこと、丸木スマや大道あやの絵のことについても話したい、とのお気持ちを聞かせて下さいました。
理論家の高畑さんと詩人のアーサーさんの掛け合いが、どのような方向に向かうのか。私は進行役を務めるので、うまく舵取りできるかどうか、ちょっとドキドキしつつ、でも非常に楽しみです。

クリックすると元のサイズで表示します

企画展の「丸木スマ展」は、《原爆の図》以上にじっくり時間をかけて、とても楽しそうにご覧になっていました。
写真はスマの代表作《簪》の前で。「こんなふうに観ているところはどうでしょう」と、わざわざポーズをとって下さいました。
そんなわけで、ちょっと「やらせ風」の写真になってしまいましたが、ユーモアのあるサービス精神が嬉しかったです。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ