2017/9/9

「丸木スマ展」「富丘太美子展」開幕!  企画展

2011年度以来、久しぶりの丸木美術館「丸木スマ展」。
一宮市三岸節子記念美術館から作品が運ばれてきて、無事に開幕することができました。
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/kikaku/2017/suma.htm

ご協力下さった皆様、本当にありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

やはりスマさんの展示は、空間がぱっと明るくなるようで、いいですね。
たくさん絵を見てもらいたくて、ちょっと展示数が多くなりましたが、それでも楽しい展示になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

注目は、今年3月に広島市三滝町の親族宅で見つかった《ピカドン》。
丸木美術館で展示するなら、こうしなければ・・・と思っていたプランを実現してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

左右のデッサンのイメージが、中央の《ピカドン》に描きこまれているので、ご注目ください。
左のデッサンは、ずっと横向きだと思われていて(1984年小学館画集にも横向きで収録)、縦に展示するのは今展が初めてです。

9月13日(水)午後6時には、NHKさいたま局のFMラジオ番組「日刊!さいたま〜ず」に生出演して「丸木スマ展」についてお話しします。
お相手くださる斉藤翠キャスターは、広島大学出身、前任地もNHK広島局とのことで、今日は打ち合わせを兼ねて来館、熱心に「丸木スマ展」をご覧になっていました。
ラジオ放送は埼玉県内のみの放送となりますが、県内の方はどうぞお聴きください。

クリックすると元のサイズで表示します

2階のアートスペースでは、富丘太美子展「鋳物工場」がはじまりました。
今日は富丘さんも、美大出身という息子さんご夫婦に連れられて会場に来てくださいました。
60歳を過ぎて、地元・川口の鋳物工場を描きはじめた富丘さん。表現の方法はスマさんとは違いますが、夫の死後に描きはじめたことや、丹念に労働の風景を描いているという共通点はあります。
ぜひ、こちらの展示もお見逃しなく。
「丸木スマ展」「富丘太美子展」ともに、11月18日(土)まで開催しています。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ