2017/8/4

丸木美術館ひろしま忌の準備  イベント

今日もいよいよ丸木美術館ひろしま忌が近づいてきました。
ボランティアの方々と一緒に、草刈りなど、とうろうを流すための準備も進めています。

クリックすると元のサイズで表示します

今年は川の水が多く、流れもやや急なので、8月6日当日に川に入る方は濡れてもいいように準備をして下さい。
いよいよ、8月6日まであと2日。
準備ももうひと頑張りです。

【丸木美術館ひろしま忌】
広島から時間も距離も遠く離れた埼玉県の都幾川のほとりで、《原爆の図》とともに広島の惨禍へ思いをはせます。

クリックすると元のサイズで表示します

高校生以下無料・ボランティアスタッフ募集中
=イベント(★)参加費500円・入館料別途

【当日のスケジュール】
☆12:00〜 丸木美術館クラブ・工作教室
案内人:万年山えつ子(画家)&石塚悦子(画家)
輪切りにした木に木の実を貼って壁掛けをつくろう。
★13:00〜13:50 神田甲陽講談「ヒロシマ・ナガサキ・アンド・ピース」
広島の「折り鶴の少女」、長崎の「嘉代子さくら」、そして原爆投下後の一人の米兵の苦悩などを織り交ぜた創作講談です。
★14:00〜14:20 北久保まりこ短歌朗読「平和を求める祈り」
国内外で朗読パフォーマンスを通じた表現活動を行っている歌人の北久保まりこさんによる短歌朗読です。
(休憩)
☆15:00〜15:30 城西川越中学・高校 和太鼓「欅」演奏
毎年恒例、地元の若者たちの力強い和太鼓の音が、響きわたります。
(休憩)
★16:00〜16:40 堀場清子さん講演「私の原爆体験&《原爆の図》とのつながり」
15歳のときに広島で被爆を体験され、占領下の原爆表現の検閲についても詳細に研究されてきた詩人の堀場清子さんのお話です。
★17:00〜18:00 白崎映美&東北6県ろ〜るショー!!(小)
白崎映美(Vo.) / 西村直樹(Ba.) / 岡田修(三味線)
震災に苦しむ東北を思い、鬼に化身した白崎映美が庄内弁で歌います。「まづろわぬ民」の歌声が丸木美術館に響きわたる!!
☆18:15〜18:30 ひろしま忌の集い
☆18:30〜 とうろう流し
(★は屋内会場、☆は屋外会場となります)
詳しい情報はこちらから
http://www.aya.or.jp/~marukimsn/top/0806.html
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ