2013/3/14

群馬県立近代美術館「破壊された都市の肖像」展  他館企画など

午後から、群馬県立近代美術館で開催中の「破壊された都市の肖像」展(3月24日まで)を観に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

この企画は、もともと群馬県立近代美術館が「戦争と平和」をテーマに収集した作品と、故砂盃富男コレクションの寄託作品から構成されています。
そのため、決して規模の大きな展覧会というわけではないのですが、パブロ・ピカソのスペイン内戦におけるゲルニカ爆撃を主題にした絵画《ゲルニカ》のタピスリ(つづれ織り、世界に3点しか制作されていないうちの1点)や、オシップ・ザッキンのドイツ軍によるアムステルダム空爆を主題にした彫刻作品《破壊された都市》、ヘンリー・ムーアがロンドン空襲の際に地下鉄に避難した母子を描いた《奉献(三人の女性と子供)》、そして井上有一の前衛書《東京大空襲》連作などが展示された、なかなか見応えのある内容でした。

最初の部屋の中央には、ザッキンの《破壊された都市》がそびえたち、その背後にピカソの《ゲルニカ》のタピスリが重なるように見えます。非常に迫力のある空間です。
福澤一郎の《敗戦群像》や鶴岡政男の《夜の群像》などの見慣れた作品も、この空間に展示されると、複雑な意味を帯びて見えてきます。浜田知明の版画《初年兵哀歌 風景》が展示されていたのも印象的でした。「都市の破壊」とは、もちろん、加害者の記憶としての破壊、という面も含まれています。

そして、井上有一の《東京大空襲》連作30点が天井から吊るされ、壁面に《噫横川國民學校》の展示された空間は圧巻でした。

猛火狂奔襲難民 親庇愛児縋親
米機殺戮十萬人 江東一夜化地獄

昭和二十年三月十日 東京大空襲
余前夜有一録本所区横川国民学校宿直 終生不可忘


生々しく表現された前衛的な書の迫力。
静寂の中でそれぞれの作品が風にかすかに揺れる様子は、焦土となった東京の下町の風景を思い起こさせるようでもあり、死者たちの追悼碑のようでもあります。
このところ、「非核芸術」について考え続けていましたが、「非戦」というテーマも含めて、芸術表現とは記憶をつなぎとめるものであり、個人が自由を手にする手段なのだということを、あらためて考えさせられます。
3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ