2016/7/26

「原爆の図展・文京」と戦没野球選手慰霊碑  調査・旅行・出張

午前中の飛行機で広島から戻り、午後2時から文京シビックセンターで開催中の「原爆の図展・文京」で昨年の米国巡回展の報告を行いました。

クリックすると元のサイズで表示します

文京展は、毎年この時期に、もう12年も続けている複製展示を中心とした小さな展覧会。
今年は7月28日まで。入場無料ですので、お近くにおいでの際は覗いてみて下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

会場には、たくさんの方がおいで下さって、スライドを交えながら1時間ほど話しました。
シニア世代の方々が中心で、夏休みに入ったばかりの小学生の姿もありました。
地道な活動を続けてこられている文京の方々には、本当に頭が下がります。
毎年、この展覧会を見て丸木美術館に来た、という方もいらっしゃるのです。

   *   *   *

帰りに、東京ドームのわきにひっそりと立つ「鎮魂の碑」に、久しぶりに立ち寄りました。
1981年建立の戦没プロ野球選手の慰霊碑。
慰霊碑はふたつあり、ひとつには戦没した選手の名前が刻まれています。

クリックすると元のサイズで表示します

もうひとつは、建立の趣旨や、碑の建立に尽力した遺族代表の石丸藤吉の弟・進一を偲ぶ文章が刻まれています。

クリックすると元のサイズで表示します

名古屋軍の投手として1943年にはノーヒットノーランを達成するなど20勝をあげた石丸進一は、特攻隊の出撃命令を受けた後、白球とグラブを手に友人とキャッチボール。
ストライク10球を投げ込んだ後で飛び立ち、還りませんでした。

強肩を誇る投手は軍隊で手榴弾投げに駆り出され、肩を壊した者もいました。
「沢村賞」に名を残す沢村栄治もその一人。選手生活の晩年は得意の速球が投げられず散々な成績で、最後の公式戦は代打出場。
その後応召し、輸送船でフィリピンへ向かう途中に屋久島沖で米潜水艦に撃沈され、還りませんでした。
1

2016/7/25

広島大学平和科目にて講義  講演・発表

午後から広島大学で非常勤講師の授業。
平和科目「原爆体験と表象/文学」の一コマとして、「原爆はいかに「絵画」化されてきたのか」という授業を行いました。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、ヒロシマの音楽研究をされている能登原由美さんも「原爆はいかに「音楽」化されてきたのか」という授業を行ったので、芸術・音楽の視点から「原爆」を見るという、広島大学の学生にとっても珍しい機会になったのではないかと思います。

夜は講師に呼んで下さった川口隆行さんと、能登原さんと一緒に西条駅前の店で打ち上げ。
日本酒飲みながら、小鰯のてんぷら、刺身盛合せ、かつおのたたきなどなど。

川口さんは、ついでに広島で調査などができるように、との配慮で呼んで下さったのですが、うまくタイミングがあわずに、今回はほぼ講義のみで東京にとんぼ返り。
とはいえ、学生に話す機会があると、自分の考えを整理できるので、とてもありがたいです。
0

2016/7/23

今年も草刈りの季節  自然・生きものたち

今年もまた、草刈りの季節がやってきました。
8月6日のひろしま忌に行うとうろう流しのため、川原に下りて行く道を作るのです。

クリックすると元のサイズで表示します

道なき道を、草刈り機で切り拓きます。

クリックすると元のサイズで表示します

あわせて、駐車場のまわりや美術館周辺の道路の草も刈ります。
自然の力は凄まじく、あっというまに人間の背丈よりも高く伸びていきます。
近年は、気温の上昇のせいか、とりわけ草がよく生えます。

クリックすると元のサイズで表示します

森林組合での仕事を本職にするボランティアのDさんも大活躍。
本当にありがたいことです。
1

2016/7/22

テレビ埼玉にて「四國五郎展」紹介  TV・ラジオ放送

2016年7月22日のテレビ埼玉NEWS930にて、「四國五郎展」が紹介されました。
以下、番組WEBサイトより。

===

生涯平和テーマに創作 丸木美術館で「四國五郎展」

シベリア抑留の体験者で、生涯をかけて平和をテーマにした絵を描き続けた画家、四國五郎の制作活動を紹介する企画展が東松山市の原爆の図丸木美術館で開かれています。1924年、現在の広島県三原市に生まれた四國五郎。21歳の時にソ連軍の捕虜としてシベリアに抑留された四國は、隠し持った日記に日々の出来事を記録し、極寒の過酷な状況下で強制労働を課せられた体験を帰国後に自伝や絵に残しました。その後、被爆した弟の死を受けて、生涯をかけて平和のために絵画や詩を描くことを決意し、表紙や挿絵を担当した原爆をテーマした絵本『おこりじぞう』は自身の代表作となりました。会場では丸木俊がスケッチした四國の肖像など『原爆の図』で知られる丸木夫妻との交流を示す貴重な資料も紹介されています。四國五郎展は、9月24日まで東松山市の原爆の図丸木美術館で開かれています。

https://www.teletama.jp/news/index.html
0

2016/7/21

NHKラジオ深夜便「明日へのことば」出演のお知らせ  TV・ラジオ放送

先日、渋谷のNHK放送センターまで出かけて行って、「ラジオ深夜便」のための収録を行いました。
聞き手は、10年ほど前、さいたま局時代に知り合った友人のリポーターKさん。
子育ても一段落しつつあり、本格復帰の第一弾として企画を出したら通ってしまったというロングインタビューでした。

クリックすると元のサイズで表示します

テーマは「小さな美術館発 平和への願い」
約40分の放送ということで、《原爆の図》との出会いから昨年のアメリカ展まで、話題は多岐にわたりました。
8月の「ラジオ深夜便」は、被爆者の坪井直さんや森重明さんら錚々たる方々が出演されます。間違ってまぎれこんでしまったかのようなわれわれは、非体験の世代が原爆の記憶を未来につなぐための、いわば「21世紀枠」としての出演だそうです。
幼い子どもにどう伝えればいいのか、など、身近な視点から原爆について語りあいます。

10年前は新卒で初々しかった彼女と、こうして再び一緒に、しかも原爆についての仕事ができるとは、まったく想像してなかったので、個人的にはとても嬉しく、感慨深い企画になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

写真は収録直後。彼女にとっては久しぶりの収録で、終始気を張っていたために、終わって安堵の表情の一コマです。
放送予定は8月6日深夜、日付をまたいで翌7日(日)午前4時台の「明日へのことば」。
通常はラジオ第1放送ですが、オリンピック期間中のため、NHK-FMでの放送になる可能性がかなり高いようです。
早朝ではありますが、どうぞ皆さま、お聴きください。
2

2016/7/16

戦後文化運動合同研究会・四國五郎研究発表のお知らせ  館外展・関連企画

丸木美術館で好評開催中の「四國五郎展」
7月30日には、早稲田大学で開催する第10回戦後文化運動合同研究会で、川口隆行さん、小沢節子さんによる研究報告が行われます。
四國五郎の画業を、戦後文化運動史の視点から俯瞰して捉えることで、新たな四國五郎像が見えてくるのではないかと思います。
関心のある方は、事前にお申し込みの上、ご来場ください。

クリックすると元のサイズで表示します

   *   *   *

第10回戦後文化運動合同研究会
日時:2016年7月30日(土)10:00-17:00
場所:早稲田大学戸山キャンパス33号館6階第11会議室
事務担当:鳥羽耕史


【プログラム】
10:00-12:00:セッション1「詩画人四國五郎と戦後文化運動の軌跡」
 趣旨:前史となるシベリア抑留時代の民主化運動から50年代の広島でのサークル運動、さらには70年代以降の市民運動のつながりをたどることで、近年再評価が著しい詩人・画家の四國五郎の表現と運動の軌跡を検討する。
 趣旨説明(司会)川口隆行(5分)
 報告・川口隆行「われらの詩の会における辻詩・壁詩の運動」(30分)
 報告・小沢節子「「市民が描いた原爆の絵」と四國五郎」(30分)
 コメント・岡村幸宣(15分)
 討論(40分)
12:00-13:00:昼休み
13:00-13:30:自己紹介
13:30-16:30:セッション2「合同研の10回をふりかえる」
 趣旨:2008年6月に合同研が発足して10回目を迎え、過去8年の研究会や編集中の論集さらに関連して発行された数多くの研究書や復刻版などの出版状況をふりかえりながら、この研究会の成果と問題点、今後の課題などについて議論する。
 趣旨説明(司会)鳥羽耕史(5分)
 発題者:道場親信・宇野田尚哉・水溜真由美(各20分)
 全体討論(115分)
16:30-17:00:事務連絡

[出席される方へ]
レジュメ準備の都合上、参加を希望される方は、7月25日(月)までに出席を鳥羽耕史(toba●y.waseda.jp:●に@が入ります)までご連絡ください。その際、お名前・ご所属・研究テーマ・連絡先等も併せてお知らせください。また、懇親会も予定しております。会場予約の都合上、こちらの出欠も鳥羽までお知らせください。お問い合わせはメールでお願いします。
0

2016/7/15

東松山南中学校で出張授業  講演・発表

雨の中、今日も地元の東松山市立南中学校へ出張授業に行きました。
ノーベル物理学賞を受賞した梶田さんの母校なので、校舎に垂れ幕がかかっています。

クリックすると元のサイズで表示します

「丸木美術館に来たことある人!」と聞くと、さすがに地元(中学校の学区内)だけあって、ほとんどの生徒が勢いよく手を挙げてくれました。
驚いたことに、先生まで手を挙げてくれる方がいました。地元出身の先生が、結構戻ってきて母校に勤務されているようです。

三日連続の出張授業で、体は疲れていましたが、中学1年生は本当に一所懸命に聞いてくれるので、こちらも元気を振り絞って話をしました。
大きくなっても、自分たちの故郷に丸木美術館があることを忘れないで欲しいですね。
そして、いつか《原爆の図》を見に戻ってきてほしいです。

クリックすると元のサイズで表示します

帰りに、中学校の構内で、古いセメント彫刻を見つけました。
文字はほとんど削れてしまって制作年はわかりませんでしたが、どうやら卒業記念のモニュメントのようです。
本を抱えた男の子と女の子、ちょっと西洋人風に見えるのが微笑ましいですね。
0

2016/7/14

松山高校にて出張授業  講演・発表

今日も午後から、地元の埼玉県立松山高校にて出張授業。
広島へ修学旅行に行く2年生に話をしました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の体育館はとても蒸し暑く、正直に言うと、集中して話すのがちょっと難しかったです……話を聞く生徒の方も大変だったでしょうが。

クリックすると元のサイズで表示します

松山高校は県内に5校ある旧制中学時代から続く男子校で、構内には大正時代建築の立派な木造旧校舎が保存されています。

数年前から新聞部の先生が部員を連れて、ひろしま忌にボランティアに来られたり、取材して下さったりしている関係で、今回の出張授業の依頼を頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、今月発行の『松山高校新聞』は、「ふたつの原爆の図」など《原爆の図》関連特集。
高校新聞とは思えない充実した内容です。

夏休みには宿題で、学年全員がそれぞれ丸木美術館見学をすることになっているので、まずは実際に絵の前に立って、《原爆の図》の世界をじっくりと「体験」して頂きたいところです。

ここ数年、近隣の学校から出張授業の依頼が増えてきています。
地元高校に赴任してきたことが縁で友の会に入ったり、ボランティアに参加したりした先生が、異動先で話を広げてくれることもあります。
学芸員実習に来た大学生が旅行代理店に入社して、修学旅行前の事前学習として「出前」や美術館見学を推薦してくれることもあります。
出張授業だけでなく、個人入館者数や学校をはじめとする団体入館者数も、6月、7月の盛況で、気がつけば被爆70年だった昨年を上回るペースで増えています。
その盛況には、いろいろな理由が複合しているのでしょうが、結局は人と人とのつながりで、丸木美術館がそのプラットフォームになっているということが一番重要なのでしょうね。

     *     *     *

今度の日曜日は、昨日訪れた川越工業高校と今日の松山高校が、高校野球埼玉県大会で対戦します。
県立強豪校同士の好カードで、どちらを応援するべきか、とても悩ましい。というか、どっちもがんばって良い試合をしてほしい……と、授業の後に校長室で話が盛り上がりました。
0

2016/7/14

『中国新聞』に「四國五郎展」紹介  掲載雑誌・新聞

「辻詩」に託した反戦の志 四国五郎展
 ―2016年7月14日付『中国新聞』朝刊

広島で四國五郎の調査を丹念に行ってきた『中国新聞』文化部の森田裕子記者が、「四國五郎展」の詳しい記事を書いて下さいました。
記事全文は、以下のWEBサイトでご覧いただけます。
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=61538

やはり、今回は「辻詩」を中心に紹介するメディアが多いようですね。
以下、記事より「辻詩」に関する個所を抜き出します。

==========

 油絵やスケッチなど約80点が並ぶ同展で、異彩を放つ一群がある。3年間のシベリア抑留を体験し、古里に戻った四国が50年ごろ、峠と交流する中で生まれた「辻詩」。社会への鋭い批判を絵と詩のセットで表現したポスターのような作品だ。

 時は米国を中心とする連合国軍の占領下。朝鮮戦争が勃発し、米軍が原爆の使用も検討する中、厳しい言論統制が敷かれていた。人通りの多い町辻の壁や電柱に画びょうで張っては、危ないと感じると取り外して逃げたという。

 「われらは語りつぎ うたいつぐ 祖国の地上にふみにじられた ひとびとえの 愛と怒りとにくしみと」とつづる詩の背景に靴跡が描かれた辻詩は、米国旗を思わせる色使い。占領政策への抵抗がにじむ。別の辻詩は、きのこ雲の下の惨状を想起させる半裸でよろめく親子のシルエットと詩の組み合わせ。原爆で焼かれて不戦を誓った国の米軍基地から、爆撃機が飛び立つさまを指弾する。

 「朝鮮戦争が始まってからは、作品というより反核闘争の手段になった」と四国は後に回想している。100枚は作ったというが、多くは没収されたりなくなったりして、現存するのは8枚のみ。今回、そのすべてが展示されている。四隅に残る無数の画びょう跡が、当時の緊迫した空気と抵抗の軌跡を伝える。


==========

わざわざ広島からオープニングトークに来て下さった森田記者に、心から御礼を申し上げます。
0

2016/7/13

川越工業高校にて再び出張授業  講演・発表

今日は地元の埼玉県立川越工業高校にて出張授業。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年秋には、2年生の沖縄修学旅行の事前学習で呼んで頂いたのですが、今度は全校生徒に話して欲しいとの依頼。
昨年も話を聞いている学年もいるため違う話をして欲しいということだったので、アメリカ展を取材した広島テレビの特別番組の力も借りることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

授業は、3年生になった生徒たちが積み重ねてきた平和学習の成果発表との二本立て。
その発表が聞けたのはとても良かったです。
70年前の戦争にどう向き合うのか、高校生も彼らなりにちゃんと考えることができるのですね。

授業の後、校長室で話を聞くと、今年は生徒・先生・保護者たちが協力して、参院選前に「模擬選挙」の授業も行い、たいへん好評だったそうです。
学校全体が落ち着いて、しっかり学びの体制を作っていなければ、なかなかできないことでしょう。

ちなみに、今日から川越の老舗デパート・丸広百貨店で、「埼玉県立川越工業高等学校「歴史」と「現在」」展がはじまっているので、お近くの方はぜひご覧下さい(18日まで)。
100年を超える川越工業高校の伝統と、現在の活躍ぶりがよくわかる内容のようです。
0

2016/7/11

永六輔さんのこと  分類なし

永六輔さんの訃報を知りました。
永さんが丸木美術館に来て下さったのは、10年前のこと。2006年5月4日でした。
神宮寺の高橋卓志さんとの「いのちの対話」。

クリックすると元のサイズで表示します

その日の会場は200人を超える超満員。
永さんは開場時間前に会場入りして、みずからお客さんを誘導しながら「野球で言う試合前のシート・ノック」と軽快なトークを開始。そのまま最後まで、お客さんの前ではずっと立ちっ放しで、用意した椅子には座りませんでした。

戦争の話、憲法の話、命の話、話題はあちこちに飛びながら、会場は爆笑の連続。
「話芸」とはこういうものかと、間近で聞いていて、おかしいのと嬉しいのとで、涙がこぼれそうになりました。

今も覚えているのは、「私たちは、今、丸木美術館で生きています」という話。
「私たちは、今、銀河系宇宙の、太陽系第三惑星の、地球の、北半球の、日本列島の、本州の、関東地方の、埼玉県の、東松山市の、丸木美術館で生きていて、36億年前からみんなで受け継いで来た大切な命だから・・・これからは自分の年齢に36億を加えて自己紹介をして下さい!」
会場の皆といっしょに笑いながら、ああ、丸木夫妻が描いた《原爆の図》も、丸木スマの絵も、結局はこういうことなんだなと、その言葉は胸に沁みました。

TBSのラジオ番組でも、折に触れて丸木美術館のことを紹介して下さり、「永さんの番組で聞いたよ!」と受付でお客さんが声をかけてくれることもしばしばでした。

最後にお会いしたのは東中野のポレポレ坐だったでしょうか。
永さんが応援して下さっている、と思うだけで元気が出たし、自分がラジオで話すときにはいつも、「テレビと違ってラジオは自由に話せる」という永さんの言葉が胸にありました。

本当に、心からありがとうございました、お疲れ様でした、と言いたいです。
そして、やっぱり、とても寂しい。
0

2016/7/8

狭山経済高校で出張授業  講演・発表

午前中、狭山経済高校にて出張授業。
秋に広島への修学旅行を計画しているとのことで、2学年全員が体育館に集合し、スライドや動画をまじえて話をしました。

クリックすると元のサイズで表示します

学校のすぐ隣りは航空自衛隊基地。
授業の途中にも飛行機の音が聞こえてきました。

過去を知ることは、現在と未来を考えること。
そして自分たちだけではなく、視点を変えて、他者の痛みも想像してみること。
広島で多くのことを見て、体験して、自分なりに考えを深めて欲しいと思います。
0

2016/7/7

『毎日新聞』にて四國五郎展紹介  掲載雑誌・新聞

四国五郎展 広島の文化、平和を先導 埼玉・原爆の図丸木美術館で開催
 ―2016年7月7日『毎日新聞』夕刊文化欄

広島支局時代に四國五郎の取材を続けてこられた高橋咲子記者が、さっそく展覧会を丁寧に紹介して下さいました。
記事全文はこちらからご覧いただけます。
http://mainichi.jp/articles/20160707/dde/014/040/031000c

以下は、記事からの抜粋。
今回の展覧会の見どころのひとつである「辻詩」について、詳しく書いて下さいました。

==========

 画業を振り返る上で欠かせないのが、新聞紙大の紙に反戦・反核を訴える詩と絵を描き、ゲリラ的に街頭に張りだした「辻詩」だ。本展でも現存する8点が紹介されている。

 被爆地で、朝鮮戦争の足音はより危機感をもって受け止められた。48年に抑留から帰国した四国は翌年、峠が主宰した「われらの詩の会」に参加。機関誌『われらの詩』には、山陽地方から有名無名の人々が詩や評論を寄せ、連合国軍総司令部(GHQ)の言論統制下にもかかわらず反戦を訴え、原爆被害を告発した。会員には、別に発表した詩の表現が反米的だと逮捕された者もあった。辻説法や俳画をヒントにして制作されたのが辻詩で、開戦の年の50年から峠が死ぬ53年まで100枚近く制作。峠や会員から詩をもらい、即興で描くこともあったという。

 画中の詩には直接的に反戦を訴える文言こそなかったが、岡村幸宣同美術館学芸員によると絵の前で核兵器禁止の署名活動などが行われたとみられ、官憲の手が迫ると折りたたんで逃げるため薄手の紙に描かれていた。50年代の文化運動が近年注目を集めているが、絵と詩、絵と市民、絵と政治が密接にあった時代だったことが分かる。


==========
0

2016/7/3

『丸木美術館ニュース』第126号発送作業  美術館ニュース

四國五郎展の準備と重なり、ドタバタ徹夜入稿でようやくこぎつけた丸木美術館ニュース第125号の発送作業。
大勢のボランティアが集まって下さり、順調に作業は終了しました。
皆さま本当にありがとうございます。
M年山さん夫妻が用意して下さったお昼のカレーも美味でした。

クリックすると元のサイズで表示します

今号の表紙は、赤松俊子(丸木俊)による《四國五郎の像》。
1950年10月、広島・五流荘で開催された「原爆の図展」の際に描かれたものです。
現在開催中の「四國五郎展」にて展示しています。

また、四國五郎の日記より、俊との交流が記録された部分を抜粋して紹介しています。

 そのうち赤松さんが来られサインをおねがいすると私の肖像をスケッチしてくださる。先づたんねんに鉛筆を削り、紙を小さく切って、そうして実にゆっくりと私と画面を半々にみくらべながら線描で描かれる。そうして赤松さん独特の巧妙な細い線の肖像スケッチができる。それは私の顔であって赤松さんの絵である。
 夕方、四部五部作の資料のために例の直登の日記をさしあげる。会場をひきあげかえりみち、みんなで本通りを通り文房堂前のミルクホールでミルクをのむ。赤松さんすっかり雄弁になって詩のはなし、辻詩の話が実によくつづく。やがて八丁堀で別れたのだが、こんどお遭いするときは素晴らしい辻詩をお目にかけようと約束しておく。

 (四國五郎の日記1950年10月9日の項より抜粋)

ニュースの具体的な内容は以下の通り。
8月6日ひろしま忌のご案内も掲載しています。

==========

8月6日ひろしま忌のご案内 …… p.2
ひろしま忌出演者紹介 坂田明さん、木内みどりさん …… p.3
オバマ大統領の広島訪問は私たちに何を問いかけているのか (小寺 隆幸) …… p.4
リレー・エッセイ第55回 「かぐや」と丸木美術館を繋ぐもの (井上 正) …… p.5
5月5日丸木美術館開館記念日報告 命にふれるとき (二瓶 龍彦) …… p.6
宇都宮中央女子高等学校合唱部ミニコンサートのお知らせ (吉岡 訓子)/ピースあいち原爆の図展報告(宮原 大輔) …… p.7
連載 丸木位里・丸木俊の時代〈第23回〉 濃霧の摩周湖/アトリエ村の女絵かき (岡村 幸宣) …… p.8
丸木美術館開館50周年に向けて〈第2回〉 わたしと丸木美術館 (片岡 健) …… p.10
丸木美術館情報ページ …… p.11
写真で見る 丸木美術館の日常風景 (山口 和彦) …… p.12

==========
0

2016/7/1

『琉球新報』連載エッセイ「落ち穂」@四國五郎と「辻詩」  執筆原稿

2016年7月1日付『琉球新報』文化欄の連載エッセイ「落ち穂」。
さっそく、新執筆陣雄トップバッターとして、第1回の“四國五郎と「辻詩」”が掲載されました。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは開催中の展覧会の紹介をさせていただきました。
2週間に1回の連載は、掲載されるとすぐに第2回目の〆切がやってくるのですね。
すぐに次回の執筆にとりかかることにします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ