2017/4/13

もう一つの日本文化(学習会「先人たちの遺骨をふるさとの地・平取へ」開催記録(その4))  
 木村さんが共同代表になっている【平取「アイヌ遺骨」を考える会】 の学習会 『先人たちの遺骨をふるさとの地・平取へ』 が先月(3月)18日、平取町・二風谷生活館で参加者110名と盛会裏に開催された。

 懇親会出席者は凡そ40名、反対意見をも自由に発言できる開かれた学習会だった。とても意義のある学習会だったといえる。

 学習会プログラム
 @開会のあいさつ 井澤敏郎(平取町町議会議員/平取「アイヌ遺骨」を考える会共同代表)
 A植木哲也さん(苫小牧駒澤大学教授)「アイヌの遺骨がこうむった学問の暴力=v
 B殿平善彦さん(北大開示文書研究会共同代表)「アイヌの遺骨はコタンの土へ」
 C小田博志さん(北海道大学教授)「骨から人へ―尊厳ある遺骨の帰還のために」
 D市川守弘さん(弁護士)「地元の土に遺骨を戻すには」
 E自由な意見交換
 F閉会のあいさつ 木村二三夫(平取「アイヌ遺骨」を考える会共同代表)


 さて、【平取「アイヌ遺骨」を考える会】から開催記録(講演録)の提供があったので、引き続き(その4)をご紹介する。

 C小田博志さん(北海道大学教授)「骨から人へ―尊厳ある遺骨の帰還のために」

 おだ・ひろし 専門は人類学・平和研究など。著書に『エスノグラフィー入門  <現場>を質的研究する』(春秋社)、『平和の人類学』(共著、法律文化社)など。

 『みなさん、こんばんは。小田博志と申します。きょうこの大切な機会にお招きいただき、「考える会」共同代表の木村さんと井澤さんにお礼を申し上げます。ありがとうございます。本来でしたら、こういう高いところからお話する立場にはないというのはわきまえておりますが、ここでお話しさせていただきます。

 私からみなさんにお伝えしたいことは「骨から人へ―尊厳ある遺骨の帰還のために」というタイトルに表されておりますが、その前に、今日のこの(学習会の)機会のもとになっているアイヌ遺骨の問題を作り出してしまった、そして過去に作っただけではなく、現在も不透明で、誠実さに欠けると受けとめられるような対応を続けている、その大学の一員としてお詫び申し上げます。申し訳ございません。(北海道大学)内部にいる者として、人のいのちと尊厳に関わるこのことに、もっと人間的で誠実な対応ができる、そういう組織にしていくために、ささやかながら働きかけていきたいと思っています。

■消し去られた個人の尊厳
 今日のみなさんへのお話は、平取からではなくて、札幌から持って行かれた遺骨についてです。北大に、ではなくて、遠いドイツのベルリンです。いまこのことについて調べており、なおかつ、みなさんにもご協力いただきたいことがありますので、この1体のお骨のことについて、お話ししたいと思います。

 かつて人類学者は、人を人と思わないというのか……。それが「誰か」ということに関心を持たずに、「人種」とか「民族」といった大きいくくりで遺骨を捉えていたんですね。それを研究すると何かが分かる、と。その時に消し去られたのが個人の尊厳です。一人ひとり、かけがえのない存在の尊厳です。きょうは、1体の遺骨についてお話しするのですが、その一人を大切にするという姿勢によって、数字にして統計処理する、というような学問のあり方とは違う方向性を示すことになるのではないか、という思いもあります。

 その遺骨には番号が振られています。「R.V.33.」。どういう意味合いなのかは後ほどお話ししますが、先月、ドイツのベルリン自由大学の研究室でこの頭骨と対面しました。額にマジックで書き付けてあるんです、「R.V.33.」と。(顔の)左側にも「Aino Yezo R.V.33.」と書き付けてありました。(遺骨に文字を)書き付けること自体が、何というのか、冒涜的なことだと思いますけれども、さらには(この遺骨が)誰なのかは分からない、ということでした。

 では、その遺骨はどのようなものであったのか。お手元に「骨から人へ」というタイトルで始まる資料をお配りしています。これはベルリンに行って帰ってきた時に報告のつもりで書いたものです。きょうのお話はこの内容とかぶるんですけど、この通りには進まないので、お持ち帰りになって、ゆっくりお読みいただければと思います。それとは別にドイツ語の資料と日本語の新聞記事がウラオモテに印刷されているプリントが、私のお話に関する資料です。

 これがどういうものだったのか、そもそもなぜドイツ・ベルリンにあるのか、ということなのですが。調べていきますと140年近く前にさかのぼります。明治の初期ですね。あるドイツ人旅行者が札幌に訪ねてきます。その時、このような経緯でこのアイヌの遺骨を持って行ったんだ、ということを文字にして報告しています。お手元の資料の「骨から人へ」の真ん中あたりに、1880年に発行されたドイツ語の雑誌の記事から引用しています。ちょっと読ませていただきます。

 みなさんの前にあるアイヌの頭骨は昨年、1879年、明治12年6月に、札幌の近くで[小田:「札幌の近く」というのは「札幌本府」、今の道庁にあたるところです]札幌に住むドイツ人ベーマー氏と一緒に私が発掘しました。発掘地は札幌から約10分のところにあり、現在日本政府の農業試験場の中に位置しています。そこには約15年前にはまだ大きいアイヌの村がありました。

 その墓地はまだ、札幌に住むアイヌによってアイヌ墓地として知られ、また外から見ても、地面に立てられた5フィート(約150センチ)の高さの木製の槍によってアイヌ墓地だと分かります。その槍の上部は羽根の形に削られ、何本かの細い布もしくは樹皮のヒモで巻き付けられていました。その墓は、資料によれば、男性と女性各一人の共同の墓のようでした。地表から約1.5フィート(45センチ)下に、われわれは骨の集まりを見つけましたが、それは2体の遺体であることを示していました。[小田:で、ここからが問題なのです]冒瀆的なことをしていると思われる危険から、夜の闇に紛れて、慌てて掘り起こしたので、われわれには一つの頭骨を持ち帰るのがやっとでした。

■倫理なき当時の人類学
 よくもまあこんなことを言えるなあと思います。つまり、墓を暴いて盗掘したっていうことを公言しているんですね。しかもそれが文字になって今でも読める。これはシュレイジンガーという人ですけれども、彼はある研究会の席上でこういう報告をしたわけですが、それに対して、この団体の代表であるルドルフ・ヴィルヒョウという人は、普通だと「そういうことはしてはいけない」と叱って「元に戻しなさい」と言うと思うのですが、逆に感謝しています、「日本から貴重な骨を持ってきてくれてありがとう」と。さらに「このシュレイジンガーさんに続く人が現れることを、日本にいるドイツ人に呼びかけます」とさえ言っているんです。

 このことが示しているのは、当時の人骨収集が、その目的を達するためであれば、盗掘をすることも辞さない、まったく倫理観が欠けたところで行なわれていた、ということです。
これは1870年代から1880年代の話です。北大でアイヌ遺骨の「収集」が始まったのは1930年代からですから、それより前の時代です。

 ベルリンは、人骨の研究で非常に重要な場所でした。中心になった一人がルドルフ・ヴィルヒョウです。この人は(現代の)医学の教科書に名前が載っているくらいの有名人で、病理学の分野の人です。加えて彼には形質人類学者の顔もあって、植木先生のお話の中にありましたように、「頭の骨の形状を測定すると人種のタイプが特定できる」という、今になってみるとまったく間違った前提に立った研究を進めていたのです。

 彼はそういう研究──まがい──のために、アイヌだけではなく世界中から人骨を集めました。今、ベルリンにはこの「ルドルフ・ヴィルヒョウ・コレクション」をはじめ合わせて3つの巨大な人骨コレクションがあって、数千から1万を超える人骨があると言われています。ドイツはその後、第1次・第2次世界大戦をくぐり抜けることになったので、資料が散逸したり、遺骨の保管場所も二転三転したりして、失われたり、(多くは)当時の由来がはっきりしない状態になっています。

 この「R.V.33.」と私は対面して──。この遺骨は、コタンの墓地に埋葬されて平和な眠りに就いていたわけですよね、それがある日突然、何の断りもなく土から引き離されて、全然知らないところに連れて行かれて、公衆の面前にさらされて、勝手に測定されました。測定人類学の研究対象にされたのです。しかし、頭骨を測定してみると、ある集団の中の個体間の差の方が、集団間の差よりも大きいらしいということがわかってきて、人骨測定による人種研究は20世紀初頭にはヨーロッパでは下火になります。

 その後、血液型によって人種が分かるかも知れない、といったようなことに関心が移っていきました。その当時です。血液型と性格は対応しているかも知れないという考え方が出てきたのは。みなさん、血液型で性格が分かるなんていうのは、レイシズム(人種主義)ですから、決して真に受けないようにしてください。

■ふるさとへの帰還を望む
 さて、(集められた遺骨は)その後、ほぼ放置の状態で、返されることもなく140年近く経って現在に至っています。私が対面した遺骨は、紙袋に入っていました。人間としての尊厳がまったく奪われているというふうに思いました。

 ではその奪われた尊厳をどういうふうに回復できるだろうか。遅すぎるのかも知れませんけれども。そういうことをぜひみなさん、一緒に考えていただきたいと思います。

 やはり重要なのは、ふるさとの元の土にお戻しすることではないでしょうか。ふるさとに戻る。そういったことを考えたときに、「返還」という言葉と「帰還」という言葉の違いを意識するようになりました。「返還」というのは「集めた側が返す」ということですけど、「帰還」となると、その遺骨が人として「帰る」、お骨に主体性を見出す、そういうニュアンスが入る言葉だと思います。

 その遺骨が人としての尊厳をもってふるさとに帰還することが、まず望まれることだと考えます。そのために必要なのは、どこがふるさとだったのかを特定することです。1880年の雑誌の記事だけでは、どこだったのかが分からなかったのですが、ベルリンで文献を調べていくうちに、それを特定できる文書が見つかりました。みなさんのお手元にある北海道新聞の記事をご覧ください。

 「カイラクエン[偕楽園]から持ってきた」ということが1882年の雑誌に掲載されていました。偕楽園というのは──JR札幌駅西口にヨドバシカメラがありますよね、そこから西のほうに歩いて行くと突き当たりに窪んだような地形の場所があります。現在そこは偕楽園緑地と呼ばれています。そこにかつて池がありました。そこと、その南側にある、現在は伊藤組の社長さんの敷地内にあるメム(湧水)から流れ出た水がサクシュコトニ川となって流れていました。

 広大な農業試験場も設けられた、都市公園である偕楽園が作られたのです。その農業試験場は「偕楽園試験場」とも呼ばれたそうです。その土地の歴史をたどると、そこにサクシュコトニ・コタンというアイヌ・コタンがあったのです。そのコタンで生活していた人が、「R.V.33.」となってドイツに運んでいかれたということが分かりました。

■当事者の声を聞く枠組み
 サクシュコトニ・コタンは、ある意味で、北海道の開拓、あるいは植民地化の最初の犠牲になったコタンの一つではないかと思います。明治初期にサクシュコトニ川のサケ漁が禁止されて、そのコタンの人たちはサケが捕れないので生活していくのが困難になったこともあり、よそへと移住せざるを得なくなったのでしょう。

 そうやって人が住まなくさせられた所で盗掘が可能になった、ということのようです。なお、シュレイジンガーをアイヌ墓地に案内したベーマーとは、「お雇い外国人」のルイス・ベーマーだと考えられます。彼は札幌官園に従事して、北海道にホップ栽培を普及させた功績で知られている人でもあります。

 その官営の農業試験場を引き継いだのが札幌農学校、現在の北海道大学です。そのことを思うと、その大学で働いている者として、また非常に複雑な思いがいたします。

 このサクシュコトニのコタンの歴史をもう一度掘り起こして、いったいどんなところだったのか、どんな暮らしがあったのか、ということを思い描けるようにすることも、「R.V.33.」と番号を付けられた遺骨が尊厳ある形で帰還できるようにするために大切なことだと思っています。

 ところでこの「R.V.」というのは、ルドルフ・ヴィルヒョウ(Rudolf Virchow)の略です。ですからこれはこの遺骨の人物の名前ではないんです。人骨を集めて研究した人の頭文字がつけられている。このことも屈辱的なことではないかと思います。

 大切なのは、今では解体されてしまっていますが、そのコタンの子孫の人たちの声をまず聞くことのはずです。何よりの当事者は、その遺骨のふるさとであるコタンの構成員の子孫だからです。しかしこれまでの遺骨返還の協議のあり方を見ていると、当事者の声をちゃんと聞いて、その意思を反映させる枠組みがなかったと思います。

 これは大きい問題です。日本政府、北海道大学、北海道アイヌ協会などの限られた人たちが意志決定して、それを当事者の頭越しに下ろしてくる。だから対立が生まれるのです。そうではなくて、まずもっと幅広く当事者の声を聴くべきです。対話の場を設けるべきです。そしてその声に対応できる仕組みをボトムアップに作り上げていくことが望まれます。

 いま子孫の方々を捜して、聞き取りもさせていただいているところです。石狩アイヌというところまで範囲を広げて、ゆかりの人たちと連絡を取って、サクシュコトニ・コタンのこと、祖先がそこの出だとおっしゃっていた豊川重雄さん(1931-2015)のこと、そしてこの遺骨について調べていっています。それがドイツ・ベルリンにある遺骨を迎えいれる動きにつながっていくことでしょう。「(ゆかりのある)こういう方がいるよ」というのをご存知でしたらぜひご紹介ください。

■「人間らしさ」の回復に向けて
 本当に尊厳ある帰還のためにさらに大事なこと、それは、この遺骨をふたたび「研究対象」にさせないということです。白老の慰霊施設に送られると、そうなる可能性があります。それでいいのでしょうか。

 かつて盗掘され、何の許可もなく研究対象にされたのが「R.V.33.」です。それをまた研究対象にするということは、不当な行為の繰り返しであり、倫理的に許されないことです。

 遺骨の問題は、単なる遺骨の問題にとどまらないと思います。現在の遺骨協議のあり方も一方的だと思いますが、1869年に開拓使が設置され、「北海道」という名前が一方的に付けられて、アイヌモシリが日本の領土に組み入れられます。こうした流れは全て「一方的」に進められたわけです。

 その中で、サクシュコトニ・コタンもそうなんですけど、土地が奪われ、サケやシカを捕る権利が奪われ、どんどん奪われていったのがアイヌのみなさんだと思います。その「奪われる」歴史の中で、遺骨=からだまで奪われてきた。このことにどれだけ、歴史を直視して、人間らしい対応できるのか、いま生きている私たち、特に北大の責任が問われていると思っています。

 人種主義の研究は、盗掘も辞さなかったわけですから、相手を人間と見なさない行為です。そのことによって、研究者もまた人間らしさを失ったのだと思います。相手を人間として(尊重し)尊厳ある形で対応していくことによって、人間らしさを失った研究者と大学組織も、ふたたび人間らしくなっていくんだと思います。遺骨の尊厳ある帰還とは、そういう歴史の流れの中で、人間らしさの回復にもつながっていくのとても重要なことがらではないでしょうか。

 私にできることはささやかですが、こういうお話をさせていただく機会があればまた参りたいと思っています。きょうは聞いていただいてありがとうございました。(拍手)』
3


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ