2017/4/13

もう一つの日本文化(学習会「先人たちの遺骨をふるさとの地・平取へ」開催記録(その3))  
 木村さんが共同代表になっている【平取「アイヌ遺骨」を考える会】 の学習会 『先人たちの遺骨をふるさとの地・平取へ』 が先月(3月)18日、平取町・二風谷生活館で参加者110名と盛会裏に開催された。

 懇親会出席者は凡そ40名、反対意見をも自由に発言できる開かれた学習会だった。とても意義のある学習会だったといえる。

 学習会プログラム
 @開会のあいさつ 井澤敏郎(平取町町議会議員/平取「アイヌ遺骨」を考える会共同代表)
 A植木哲也さん(苫小牧駒澤大学教授)「アイヌの遺骨がこうむった学問の暴力=v
 B殿平善彦さん(北大開示文書研究会共同代表)「アイヌの遺骨はコタンの土へ」
 C小田博志さん(北海道大学教授)「骨から人へ―尊厳ある遺骨の帰還のために」
 D市川守弘さん(弁護士)「地元の土に遺骨を戻すには」
 E自由な意見交換
 F閉会のあいさつ 木村二三夫(平取「アイヌ遺骨」を考える会共同代表)


 さて、【平取「アイヌ遺骨」を考える会】から開催記録(講演録)の提供があったので、引き続き(その3)をご紹介する。

 B殿平善彦さん(北大開示文書研究会共同代表)「アイヌの遺骨はコタンの土へ」

 とのひら・よしひこ 1945年、深川市生まれ。浄土真宗本願寺派一乗寺住職。空知民衆史講座代表、NPO法人東アジア市民ネットワーク代表。著書に『遺骨 語りかける命の痕跡』(かもがわ出版)など。

 『みなさん、こんばんは。(壇上の)えらい高いところからで、ちょっと恥ずかしいんですが、ここからお話をさせていただきます。

 私は、浄土真宗という仏教の僧侶でございまして、深川市からやって参りました。ここでお話しする人間としてふさわしいかどうか、ちょっと不安なんですけど、植木先生が遺骨問題の基本的な経緯をお話し下さいましたので、私は、自分のプライベートなレベルのことも兼ねながら、思いをお伝えできればなと思っています。

 みなさんのお手元に配られているのが私の発表原稿であります。半分これを読みながらですけれども、お聞きいただければありがたいなと思う次第です。

■浦河町のMさんの証言
 私がこのアイヌ遺骨問題に出会いましたのは1986年ですから、もう30年以上前のことになります。(当時録音した)テープをとってありましたので、それをひもといて分かったのですけれど、その年の4月22日、浦河町のMさんをお訪ねしたのです。その時の証言を聞いてください。

 「昭和3(1928)年、私が17歳の時に、北大の教授が(アイヌ墓地を発掘して遺骨を)持っていった。それ以前にも発掘に来たが、遺骨が古すぎて研究材料にならない、ということで、2回目に来た。その時の遺骨は、死亡して3年〜6年足らずの新しいものだった。

 キナ(遺体を包むゴザ)もしっかりしていて、肉も付いたまま、ブリキの缶に入れて、ハンダでしっかり封をした。(学者たちは)1体に30円払って買っていったようなものだ。僕のところには、北大の先生が3人泊まっていて、墓の発掘を了解したが、Aさんのところは了解を取らないで発掘したものもあった。北大でちゃんとお祀(まつ)りするから、ということだった」

 私はこの話を聞いたとき、本当に驚愕しました。盗掘があったことがきっちり証言されています。お金を払ったからよい、ということではもちろんないでしょう。むしろ、もっと罪が深いかも知れない。

 肉の付いた骨をブリキ缶に入れて持って帰るというのも、まことに異常な行為だと言わなければなりません。その相手が人間の遺体だという認識に立つならばとてもできるようなことではない「墓暴き」だった。

 しかも、その時(研究者は)「ちゃんとお祀りをします」と言っているんですね。それすらも果たされていないでしょう。まったく研究材料にされたわけです。

 私は当時、この話を聞いて、まわりの人々に一所懸命、この話をしましたけれど、とてもそれ以上、広がるものでもありません。時間だけが過ぎていきました。

■頑(かたく)なだった北海道大学
 改めて私がアイヌ遺骨問題に出会うのは2008年です。小川隆吉エカシが、情報公開法に基づいて、北大にアイヌ遺骨に関する情報公開を求めて、活動を始めました。それを手伝え、というわけです。

 私は、小川さんと一緒に北大に出掛けました。小川さんはそれまで、たびたび北大医学部のアイヌ納骨堂と称する「北大医学部標本庫」の前に立って、その中の遺骨を取り戻したいんだと言い続けてきたわけです。

 情報公開法に基づいて公開を迫りましたけれども、北大は最初、渋っていました。なかなか出さない。小川さんは、市川利美さんの支援を受けながら、さまざまな形で情報の公開を迫り、やがて北大から文書が公開されるようになります。出てきた文書はかなりの量でした。それを解読するため、さまざまな人たちが集まって、北大開示文書研究会をつくって、文書の解読を始めるわけです。

 それでもこの当時、この遺骨の問題を多くの人に知ってもらうのは至難の業だと感じたのを覚えています。たとえば新聞記者にこの話をしても、「よく分からない」と言ってなかなか記事にしてくれないという状況でした。

 開示された文書を読む中で、小川隆吉さん、城野口(じょうのぐち)ユリさんのご親族、先祖のお骨を(北海道大学の研究者たちに)持って行かれていたことが分かります。おふたりは、北海道大学に交渉して、「遺骨を返してもらいたい」と申し出るわけです。でもね、当時の北大の態度はきわめて頑(かたく)ななものでした。

 北大は、「遺骨問題などの交渉はすべて北海道アイヌ協会に一本化している」というわけです。「協会以外の人には一切会わない」「もし北大と話がしたいんだったら、北海道アイヌ協会に相談して、アイヌ協会から話してもらうようにしてください」というのが、私たちに対する北大側の回答です。

■アイヌの先住権としての遺骨再埋葬が実現
 でもこれはまったくおかしな話ですね。遺骨を持って行かれたアイヌにさえ会わない、というわけですから。小川さんと城野口さんはそれでもめげずに、北大総長に会いたいという手紙を出しました。

 私たちは「これから会いに行きます」という文書を出して、2012年2月17日、北大に出掛けるわけです。雪の降る午後でした。しかしその日、北大はなんと、ガードマンを雇ってね、建物の中におふたりを入れないわけです。そして玄関口で追い返してしまいました。

 その時の城野口さんの怒りを込めた言葉が今も私の耳に残っています。
 「覚えておきなさい。これがシャモのやり口さ」
 
 そしてふたりはその年の9月14日、札幌地裁に遺骨返還を求めて提訴するわけです。
 裁判が始まりました。こうなるとさすがの北大も応じないわけにはいきません。口頭弁論で、遺骨を持って行かれた非道を訴えた城野口さんでしたが、もともと城野口さんは病気がちだったのです。北大病院に入院しなければならなくなります。

 原告の高齢化を気遣った裁判官が、和解の提案をしてきました。市川弁護士たちがユリさんの意向を聞きに病院に行ったとき、私も研究会の代表として立ち会いを求められました。

 病床のユリさんは、「遺骨が帰ってくるなら」と慰謝料の請求を取り下げる和解案を了承します。「生きているうちに必ず先祖の遺骨を取り戻したい」という一心だったと思います。「遺骨を取り戻さなければ死んでも死にきれない」と語っていた城野口さんは、2015年3月27日に亡くなります。

 和解が成立したのは、翌年2016年3月25日でした。そしてその年の7月17日、ついに再埋葬が実現するわけです。杵臼(きねうす)のコタンに12人の遺骨が帰ってきました。

 感動的な再埋葬であり、先住民族アイヌの先住権の行使として、歴史的な再埋葬になったと思います。あの時の朗々とした葛野(次雄・コタンの会副代表)さんのカムイノミの声が、私の心にも深く残っています。

 北大は「遺骨は祭祀承継者(さいししょうけいしゃ)に返す」と主張していたのでしたけれども、遺骨を受け取る「コタンの会」は、コタンから持って行った遺骨だからコタンに返してほしいという主張をしました。

 北大は、杵臼コタンに返して欲しいという「コタンの会」の主張をのまざるを得ませんでした。
 ここに、先住民族としての、アイヌの先住権としての遺骨再埋葬が実現したのです。

■無視されたままの遺骨は死に切れない
 私は1970年代から、戦争と植民地支配によって、日本に強制連行された朝鮮人やタコ部屋労働者の遺骨の発掘と遺族への返還の運動に携わってきました。アジア・太平洋戦争の時代に、日本に強制的に連行された朝鮮人は70万人といわれ、中国人は4万人に達します。

 たくさんの犠牲者が強制労働の中で死んでいくのですけれども、戦後の日本政府は遺骨の返還に努力しようとはしていません。今も日本国内に残された東アジア出身者の遺骨は、日本と東アジアの国々の人々との間に突き刺さった棘(とげ)となって、解決されずにおります。

 残されたままの犠牲者の遺骨について、政府も企業も責任を果たさないまま、70年が経ったということです。

 私は、北海道の犠牲者の埋葬地を探し、遺骨の発掘を行ない、市民の手で遺骨を故郷に帰す努力を続けてきました。そして2015年、つまり一昨年の9月、115体の遺骨を携えて韓国にお返しする旅を実現しました。

 他郷で死を強いられ、故郷に帰られず、無視されたままの遺骨は、いまも死に切れていないのではないか、と私は思っています。人は、悲しまれ、惜しまれて、親族や友人から見送られて、初めて死を迎える。そして死んでいくことができるのではないでしょうか。

 どんな社会であれ、どんな宗教であれ、死者をモノのごとく扱い、捨てておくということは、死者を冒涜するだけではなくて、いま生きている私たち自身をも冒涜し、否定し去ることになると思います。

 発掘され、持ち去られ、大学で研究材料にされたアイヌの遺骨。そのアイヌの人々は死に切れていないのではないか。私はいま、そう思っています。

■先住権の確立のための一歩をともに歩みたい
 いまも自然人類学の研究者たちの中には、何としてもアイヌ人骨の研究を続けたいと思っている人たちがいます。私も何度もその人たちの話を聞きました。しかし、命の意味を無視し、死者を冒涜(ぼうとく)してまで続けられる研究とは、いったいどんな研究なんでしょう? 

 1600体あまりのアイヌ人骨を所有する北大をはじめとした12の大学と、人類学者たちは、自分たちの過去を率直に顧(かえり)みて、アイヌに心からの謝罪を伝えるべきだと思います。そして、明治以来、一方的な同化政策を続け、アイヌの先住権を奪い続けてきた日本政府も、アイヌに深く謝罪すべきです。

 そのことをしないで、おカネを注ぎ込むだけで、(2020年東京)オリンピックまでに象徴空間をつくって、そこにお骨を集めてアイヌ文化を宣伝して、100万人の観光客を動員しようとする政府の方針に対しては、私は憤りすら覚えずにいられません。

 私も責任ある和人のひとりとして、遺骨を取り戻すアイヌの闘いに参加し、先住権の確立のための一歩をともに歩みたいと願っています。

 ここに来る前に、土橋芳美さんの『痛みのペンリウク』を読みました。北大に持ち去られた土橋さんの先祖に連なる偉大なエカシ、ペンリウクの遺骨は、行方不明だそうです。北大はどんなずさんな遺骨の管理をし続けてきたのでしょうか。

 みなさんの努力でどうか、平取から持ち去られた先祖の命を取り戻してください。私もできることをさせてもらいたい。

 死者が死者として安心して眠れるとき、私たち生者もまた、安心して生きていける世の中になるのではないでしょうか。このことを私の思いとしてみなさんにお伝えしました。どうもありがとうございました。(拍手)』
3


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ