2017/4/13

もう一つの日本文化(学習会「先人たちの遺骨をふるさとの地・平取へ」開催記録(その1)ほか)   文化・芸術
 木村さんが共同代表になっている【平取「アイヌ遺骨」を考える会】 の学習会 『先人たちの遺骨をふるさとの地・平取へ』 が先月(3月)18日、平取町・二風谷生活館で参加者110名と盛会裏に開催された。

 懇親会出席者は凡そ40名、反対意見をも自由に発言できる開かれた学習会だった。とても意義のある学習会だったといえる。

 学習会プログラム
 @開会のあいさつ 井澤敏郎(平取町町議会議員/平取「アイヌ遺骨」を考える会共同代表)
 A植木哲也さん(苫小牧駒澤大学教授)「アイヌの遺骨がこうむった学問の暴力=v
 B殿平善彦さん(北大開示文書研究会共同代表)「アイヌの遺骨はコタンの土へ」
 C小田博志さん(北海道大学教授)「骨から人へ―尊厳ある遺骨の帰還のために」
 D市川守弘さん(弁護士)「地元の土に遺骨を戻すには」
 E自由な意見交換
 F閉会のあいさつ 木村二三夫(平取「アイヌ遺骨」を考える会共同代表)

 さて、【平取「アイヌ遺骨」を考える会】から開催記録(講演録)の提供があったので、順次掲載していく。

 その前にFMピパウシの「木村ニ三夫の言いたい放題」の4月(今月)9日放送分について、木村さんから言い足りなかった部分を付け足したので掲載してくれとの依頼があったので、ご紹介する。

 『FMピパウシ・リスナーの皆さん、イランカラプテ!木村ニ三夫の言いたい放題の時間です。

 3月18日、私達は「遺骨を考える会」主催の学習会を開きました。そして多くの皆さんから関心と共感を得ることができました。

 人としての誠を見た思いです。集まった皆さんから「人である事」を感じることができた事が私には嬉しかった。

 皆さんの声が、国、大学に届いたかの様に数日後、国に動きがありました。皆さんもご存じの様に北海道新聞にて「アイヌ民族の遺骨、発掘地域に返還 身元不明でも」の記事が出ました。

 私達もこの機に乗じて、地域のアイヌ協会、市町村などの自治体、市町村議会などが一緒になって返還を求めるべきではと思います。

 ともかく国は急いでいる。「なぜなのか?」魂胆は見え見えである。
 尊厳ある慰霊施設と称して白老へ集骨して、過去のおぞましい歴史に「ふた」をしたいのであろう。

 そして研究体制の整備と2020年のオリンピックに向けての対外的パフォーマンスという国にとっては一石三鳥ではないのか。

 危ない、危ない、アイヌはその昔からこう行った手口で人権も尊厳も、そしてアイヌモシリをも奪われてしまった。

 北海道アイヌ協会の偉い人達よ、こんな騙しの手口が判らないのか。

 政府は3月23日のアイヌ政策推進会議の作業部会で、北大などで研究目的で保管されているアイヌ民族の遺骨について、発掘された地域のアイヌ民族団体が返還を求めた場合、身元不明でも返還に応じる方針を示した。

 北海道アイヌ協会は、それを受けるかのように、3月28〜29日の両日、理事会を開催したが、外部傍聴をシャットアウトした。今後の活動方針などを論議すべき開かれた場でなければならないのに、隠す、騙す、といった手法は国(政府)のやり方とよく似ている。

 29日の新聞記事にこんな馬鹿げたことが!「国側の方針」の中で、民族の伝統的な方法で供養し続ける事などを条件とする考えを示したとあったが、「笑っちゃうね!」。

 墓泥棒からそんなことを言われる筋合いはない。国側(大学等)は、自分達が墓泥棒だという認識も無いのだろうか?揃いも揃って教養のない輩の集まりだ。盗人猛々しいとはこの事だろう。

 更に言わせてもらうと、憲法において信仰の自由が保障されているこの国において、正当な持ち主に返すに当たって、こんな条件を付すことが可能と考えているのだろうか?
 北大の一部教授にお聞きしてみたいものだ。

 木村ニ三夫の言いたい放題の時間でした。』


 次に学習会【平取「アイヌ遺骨」を考える会】から開催記録(その1)をご紹介する。

 @開会のあいさつ 井澤敏郎(平取町町議会議員/平取「アイヌ遺骨」を考える会共同代表)

 『みなさん、こんにちは。私は、木村二三夫さんと一緒にこの学習会の共同代表をしています、井澤敏郎と申します。本日は遠路お集まりいただき、たいへんありがとうございました。

 また本日ご講演をいただきます4人の講師のみなさまにお礼申し上げます。さらに、この学習会にご協力いただきましたコタンの会さま、北大開示文書研究会さま、また地元、平取町教育委員会さまにお礼申し上げます。

 そしてまた、この学習会のコーディネーターとしてご協力いただいたフリージャーナリストの平田剛士さんに厚くお礼申しあげたいと思います。さらには、地元開催に協力してくれた大勢の若い方々の協力に感謝します。

 「ゼロから1の道は、1から1000の道よりも遠い」という言葉を、大学時代の恩師から教わりましたが、北大からアイヌ遺骨の返還を昨年7月に実現した「コタンの会」と北大開示文書研究会の働きは、その「ゼロから1の道」を開いた偉大な行動であったと思います。

 今日の学習会では、その開かれた「1の道」を「1.1」にでも進められるように、講師の方々と、会場にお集まりのみなさまとで、築き上げていただければと思っておりますので、ぜひ活発なご意見をいただければと思います。

 さて、平取町議会の議場には、名誉町民の11名の方の写真が掲げられています。もちろんみなさまご存知の萱野茂先生のお姿もありますが、その先頭にいらっしゃるのが平村ペンリウク氏です。

 ペンリウク氏は、1903年、明治36年に71歳でお亡くなりになっておりますが、30年後の1933年にその遺骨が掘り起こされ、そのご遺骨は北大アイヌ民族納骨堂に、「平取1」という番号が振られて、収集・保存されています。

 ご存じの方がいらっしゃいましたでしょうか。この平村ペンリウク氏を含めて平取町民の北大での17遺骨と、札幌医科大学の10遺骨は、このままでは故郷・平取の地に帰ることができず、国が2020年までに白老町に造る「アイヌ象徴的空間」の「慰霊施設」に「標本」となって保管され続けることになります。

 「事実は曲げられない」という言葉がありますが、アイヌ遺骨にとって曲げられない事実とは何なのか。本日の学習会でみなさまに学んでいただければ幸いです。

 みなさま、本日はこの学習会にお集まりいただき、本当にありがとうございました。(拍手)』
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ