ガスオーブンレンジ  ガスは火力が段違い

ガスオーブンレンジの特徴は一口で言うと焼くときの火力が強いことです。
ガスの燃焼温度はとても高いので焼き上がりが早く素材のおいしさを十分に引き出します。
電気オーブンはヒーターで加熱しますが、温度は急には上がりません。徐々にしか加熱できません。
その間に素材の持つ持ち味を殺してしまうことになります。
お店の中華料理の炒め物がおいしいのは強い火力で一気に過熱するからです。業務用のガス管はとても太く、大量のガスを一度に燃焼させるため高熱になり素材の持つ味が引き立ちます。これと同じことですね。
ガスオーブンレンジは、電気オーブンレンジより焼き上げる火力がはるかに強力で材料の持ち味を逃がしません。
レンジ機能は素材の内部から熱を発生させて加熱する仕組みです。
この時は電気を使いますので両者とも本質的には同じです。
オーブン機能は、焦げ目をつけることができ、ヒーター等で素材の外部から加熱して焼き上げます。
この時にガスと電気の火力の違いが出てきます。
オーブンレンジは → ガスがお勧めです


生方茂樹 投資ポジション
ロト6
家庭菜園
ニーハイブーツ 福袋
アダム徳永 絶倫
3クリックFX


2



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ