2012/3/31

2012年春合宿(練習)  C.J.S.の現在
合宿2日目の夜、@このところ喉の具合が良くないので声が出せないこと(言いたいことはいっぱいあるのに声が出ないってストレスが溜ります)、A久しぶりに長男が会議の為に上京したこと、B町内会の役員会があること(総会がピアノ合わせの日で欠席するので毎回欠席ともいかなくて)。合奏の様子も気になりながら、夕方から自宅に戻ってきました。ちょっと思ったこと等を、、

1stの分奏に参加しました。佐々木さんが、ホント丁寧に指導して下さいました。

@高いポジションの音をとる時は「基準になる音(EADG)をとってから」「上から下りるパッセージを下から音とり」何度も何度も練習しました。
Aドイツ音名、今はわからなくても、先生が「ドレミ」と混ぜて話している中から、いずれはわかるようになる。
B・・・

以上のこと、ぼ〜っと練習に参加していたのでは身につきません。しっかり練習に集中しないと。この「ぼ〜っとしていはいられない」これが何よりの訓練になったのではないかと思います。

子供達は、、こういった練習は、あまり好きではないようです。でも、これが練習なのですよ。3日間体験した「譜読みの練習」「本当の練習」 普段レッスンしている曲も、こういった練習が出来たら、練習=成果になること請け合いです。合宿で初めて渡された楽譜です。普段なら「出来な〜い」と言っていたことでしょう。食い付けば出来るものです。

「黄金の練習」お家での半年分以上の成果だと思いますよ。(ぼ〜っとしていなければ、、ですが) しっかりしたOB先生のいる長い伝統あるC.J.S.だからこそ出来ることだと思いました。「お家で練習」「レッスンで先生に見てもらおう」とは全然違います。

春の2日目、例年だと「外遊び」も入るような中日ですが、今日は生憎のお天気。それでも誰も外に行けなかったことをブツブツ言わなかったなぁ、、 小さい子達も勉強家が揃っていましたね。

2012/4/2  12:56

投稿者:GTBF
 2日目は本当に悪天候でした。京葉線が強風のため長時間にわたって運転ができない状態が続いていたために、2日目は練習に来られませんでした。

 大半が小学生という状況でいろいろ大変だったと思います。途中からOBGやトレーナーの方々も来てくださったことが救いでした。

 団員たちは、今回の合宿を通じて、やはり『練習の仕方』というのを学んだと感じております。これが普段の個人レッスンの曲にも反映されることを切に期待しております。

http://music.geocities.yahoo.co.jp/gl/momochiru0531aflute

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ