あれなん

アレは?ココはたしか.. 

 

カレンダー

2014
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の投稿画像

最近の投稿画像
大人のパーツ取り用…

最近の投稿画像
秋の鉄分補給

最近の投稿画像
南の島に飛んで..…

最近の投稿画像
宇部の炭鉱跡地(サ…

最近の投稿画像
創業百余年

炭鉱関連

2012.2.24 更新
地域別炭鉱一覧

過去帳

      準 備 中

投稿の訂正情報や、連絡・  その他はこちら

昔からの掲示板はこちら

検索



このブログを検索

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

<管理人>

RSS

山野鉱業 小舟炭鉱跡(Part1)

旧稲築町(現嘉麻市)平地区にあった炭鉱
三井山野鉱業所のひとつとして開坑した。


経緯は...

大正7年4月
平地区に上石累層の小舟層沿層採炭坑として
小舟坑開坑。→当初は山野第五坑(第一小舟坑)

大正14年
山野鉱業所一坑・二坑閉山と本部移転に伴い
各坑口名称が変わる

第一小舟坑は山野第二坑に変更

後に現在のなつきの湯付近に第二小舟坑を開坑、この時に
第二小舟坑を山野第三坑が吸収、合わせて第一小舟坑も第三坑に
吸収されたため、山野第三坑所属は鴨生坑・第一小舟坑・第二小舟坑になる。

昭和28年
一旦休止、それまでの出炭は山野第三坑扱い

昭和31年8月
三井山野鉱業所より分離する(子会社化)

昭和41年11月
本坑ガス爆発事故後、山野鉱業経営建て直し等のため吸収され閉山




稲築町(現嘉麻市)の山野炭鉱跡付近から元運炭線だった
道路を旧山田市方向へ進むと入り口がある。
県道402号線からは辻交差点(コンビニ有)から
鴨ヶ岳登山口方向へ




夏は藪の猛威が予想されたので寒くなるまでまってました。
ココからスタート。
*スクーターで進入しました(^ ^;





入り口からしばらくは明るい林道って感じですが..






だんだん上ってます(実際はかなり暗い)






このへんが一番急坂!リアタイヤが轍の泥で滑る!!






目の前が明るく開けてきたら...








ちょっとした広場に出ます、その先にコンクリートの
何かがある。






近づくと小舟坑の本卸坑口!






まだ藪に半分埋まってるので下は見えず






『尺無坑本卸』と彫られてます、立派!
本卸(ほんおろし)とは炭車など石炭を積み出す
坑道のこと。
平行して換気や人や荷物用の連卸(つれおろし)
坑口があるはずだが...
この藪では探す気にもなれんです(^ ^;

ちなみに卸とつくのは斜坑だけらしい。





反対から見てもあまり変わらんですな。

斜坑ってことは付近に巻揚機とかあったんでしょう、
それに積出線も、通った林道がそれだったかもしれません。






昭和49年頃の航空画像
小舟坑の付近にボタ山らしきものが少し残ってます。
画像は「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」より
投稿者:ちくまえ。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。