2015/9/21

JOINT ZOE ジョイントゾーイ。。。。。  THタックル製品

 


 仕事上の身の立ち位置の変化で

 色々と立て込み。。。

 世の中はシルバーウィークだと

 皆さん楽しまれている中、

 休み一日だけという

 散々な週末を迎える始末で(泣)


 優先順位の低いモノは手が付けられない

 状況が続き気づけば前回の更新から

 一か月以上。。。


 このままやめてしまおうかと内心思いましたが(笑)


 何人というか何十人単位の方から(汗)

 遠まわしに更新しろ的なw連絡を頂いたりしたのと
 
 少し落ち着きを見せたタイミングでもありましたので

 久々にアップしてみますw






 リリースされてから半月ほどたってしまいましたが

 好評のギルギルゾーイシリーズの最新版、

 ジョイントゾーイの紹介です。。。。。。












 クリックすると元のサイズで表示します



  全長  93mm


  重量  36.5g


  スローシンキング



 サイズ的にゾーイとほぼ同じくらいで

 同じジョイントモデルのヴァリアよりも

 若干小さめです。。。。



 クリックすると元のサイズで表示します



 製作者さんからの説明ではこのジョイントモデルは

 デットスロー領域でI字形でリトリーブスピードを上げると

 S字形に変化し、ロッドワークで変則的なアクションを
 
 演出を狙ったようです。。。



 クリックすると元のサイズで表示します


 確かにジョイントの形状がS字形を売りする

 ルアーと比べ若干可動領域が狭いのと

 後のボディの面が滑らかで、

 正面から来る水の抵抗を逃がす感じです。。。。

 クリックすると元のサイズで表示します
 


 実際に水に付けると

 弛んだラインを巻き取る程度のデットスロー領域では

 アングラー側の大げさなアクションが無い限り

 積極的な動きの反応が良くない事から

 I字形を意識しているような気がしますね。。。




 ちょいと小話ですが

 その昔ゾーイがリリースされる前に

 発売されていたギルギルというS字形のギルルアーが

 ありましたが、本物のギルの型から取った超リアルボディと

 内蔵ウエイトを入れ替えられる

 画期的な構造で話題となったルアーですが。。。。。





クリックすると元のサイズで表示します
ギルギル。。。


 テール部分のシリコンラバーが当時流行っていた

 I字形ミノーの代名詞セイラミノーの

 動かさないためにセットされたリアの毛を思い出し。。


 何となくゆっくり巻いてみるとやはりラバーの抵抗で

 I字形のノーアクションが演出できるのを発見したのが

 事の始まりw 

 このギルギル、シンキングモデルでしたので

 弛んだラインを巻き取る程度の

 デットスロー領域ではシンクレートが高すぎで

 沈んでしまいましたが

 前に述べた内部ウエイトの調整が出来る

 (この使い方だと発泡スチロールを入れたw)

 奇跡の組み合わせで西湖や浮島の気難しいバス君達を

 次々と上昇させたのがゾーイ君の開発のきっかけだったようなw

 

 その集魚力に対して

 最初はシリコンラバーに釣られてだとか

 ならラバーを外したらとか、

 いっそのことジョイントを無くしたらとかw


 色々試したような思い出が(笑)




 
クリックすると元のサイズで表示します



 個人的には静から動へのアクションの変化が

 面白く使い手により性格が変わる感じで

 好きなルアーでしたが


 今回リリースされたジョイントゾーイは

 その性格をかなり引き継いでいる感じの

 セットとなっておりますね。。。。




 止めると左を向くゾーイも操作側からすると

 分かりやすく色々と回避できるメリットがありますが

 短い距離を大きなアクションでアピールしたい

 ジャーク的な使い方から

 慣れは必要ですがラインスラッグの処理とロッドワークで

 反転させるメンチキルwアクションまでも出来るところが

 嬉しいですね。。。。




 




 クリックすると元のサイズで表示します


 クリックすると元のサイズで表示します



 ゾーイの代名詞?!となっているお腹の小型のブレードも

 装着され

 フェザーのサイドフックもジョイントにより

 トラブルが心配でしたが、ここだけの話ゾーイよりも

 ラインを拾う事が少なくキャストやリトリーブ時の

 ライン処理に少々気を使うゾーイに比べ使いやすいのも

 助かります。。。。





 クリックすると元のサイズで表示します



 気になるのはヘッド後方にセットされたアイですが

 リトルゾーイの様にブレードを移植したりするのも楽しいですが


 シャローサイトの達人的なw
 
 使用法にも対応できるよう

 ダウンショットシンカーをセットしボトム放置プレーなんかにも

 対応できるようにもなっております。。。。



 今までのギルギルシリーズからすると

 ちょいと地味な感もありますが

 色々なシチュエーションに対応できる要素を詰め込んでおり

 普通に使うにも非常に使いやすいルアーだと思いますので

 是非お試し下さいねw








 
8


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ