2014/11/30

それでも表層で釣りたい。。。。  西湖
 




 さて、前の記事の通り、

 昨日の西湖は朝から強烈な西風が吹き荒れ

 雨も酷くなる予報が出ていたので

 車の中で一眠りしつつ様子見をしておりましたが


 午前中に止む予報もなかなか雨が上がらず。。。。


 結局ボートを出したのは13時過ぎと・・・・


 実質3時間弱の釣行となりました。。。。。






 

 クリックすると元のサイズで表示します



 雨上がりの西湖はほぼ無風の

 快晴ドピーカンの釣り日和となりましたが


 水温は10度後半から11度半ばと

 先週とほぼ変わらず。。。


 降雨により若干笹濁りが入った感じです。。。



 経験的に大風が吹いた後の無風時は

 目線が上向きになるタイミングがあるので

 12月とはいえ16度まで上昇した気温も手伝い

 数あるパターンから絞り込み

 表層メインでサクサクと各エリアを

 チェックしてみました。。。





クリックすると元のサイズで表示します



 まずは魚をストックしている漁協ですが

 微妙な濁りが発生しており距離がある場合は

 見せる系の表層の釣りでは少し効率が悪そうで・・・




 クリックすると元のサイズで表示します



 時間も押し迫っておりましたので

 そそくさと西方面へバウを向けました。。。。



 途中、長崎や石切、和田島をチェックしましたが

 石切で一発見学ツアーがあっただけでの

 あいかわらずの厳しい状況・・・・

 時間が限られているのはやはりキツイなぁ〜と

 この頃から身に染みついてくる(笑)




 クリックすると元のサイズで表示します



 移動中の湖面には大風の爪痕の

 枯れ葉が大量に浮き、表層系には

 人目線からすると少々紛らわしく感じますが

 魚からは判別出来るのかな?

クリックすると元のサイズで表示します




 先週末にぼちぼちと冬のエリアに入ってきた

 エゴのオーバーハングとロック&ブッシュ

 をチェックしたのですが

 何故かその姿は見えず。。。。。


 北北西の大風で流された水深2〜3mのポジションの

 ヘラボールがショアラインに接近していたので

 それに追従して泳ぎ始めたなと決めつけて。。。


 少し沖目のゴミが溜まるような所で

 ボブると(笑)時間は掛かりますが

 数匹の上昇が見られましたが

 口を使うまで行かず・・・・・



 このエゴの状況で何となく今の西湖が

 シャローエリアには魚はいるが

 大量の水鳥の潜行で

 ストラクチャーにかなりタイトにポジションを

 置いてありますが


 西湖名物ヘラボールが接近するとそれを

 ストラクチャーに利用し沖に出て

 徘徊しているんじゃないかと

 妄想し(笑)



 その条件に当てはまりそうな

 エリアに移動する事に。。。。。









 クリックすると元のサイズで表示します



 久々の東電ポンプ小屋。。。。。。




 ウィードエリアとディープフラットに隣接した

 西湖最大のマンメイドストラクチャーとして



 主に春のセカンダリーポイントとして有名ですが


 今の感じからすると

 ウィードエリアから避難した魚が身を隠すには

 絶好のポイントだろうし

 案の定西風に流された

 ヘラボールも予想通り接近していたので

 小屋を固定するチェーンの上にボブると。。。




クリックすると元のサイズで表示します
こんな風に浮かしておく。。意外と近くても食うんですよ。。。

 


 チェーンの下からゆっくりと上昇していた個体がありましたが

 やはり目の前で躊躇したので水面を飛び出すような

 逃走アクションを起こしたらバックリと咥えて戴けましたw




クリックすると元のサイズで表示します



 水温的には10度後半ですが、

 魚は冬っぽくあまり引かなない
 
 

 きれいな体をした魚でした。。。。



 この後は残念ながらタイムアップとなり

 このパターンを試すことは出来ませんでしたが

 もう無くなったかな?と思われた表層のパターンも

 気温上昇と風による湖の中の変化で

 師走を目前とした

 山上湖でもまだまだ生きているんだなぁと

 確認出来ましたが


 流石に春と違い

 12月となると昨日のような温かい雨の確率は

 だんだんと減り。。。


 恐らくは明日の雨の後の本格的な冬将軍の到来で

 このパターンも消滅しそうだよね・・・・


 日替わりの山上湖は今週末も悩ましくw

 楽しめそうな雰囲気になってきましたが

 どうなる事になるのやら。。


 




クリックすると元のサイズで表示します



 来週末のSSTのクラッシックの結果が楽しみですw






1

2014/11/29

西湖待機中。。。  



今日は西湖にやってまいりましたけど

折からの雨と強風で

車内待機となっております(泣)


西湖のキムタクさんも

お出掛けの日で

やることも無いので

車内から西湖を観察していると

前回お話した大量の水鳥たちが

ウィードの生えたライン沿いに浮き

潜ったりを繰り返していますね。。。




クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



やはりこれだけの鳥が

水の中を泳ぎ方まくると

魚的に辛いよね(泣)


今日の釣りはシャローはダメかな。。。




0

2014/11/24

ウィードとシャロー。。。。  西湖


 3連休の最終日も空模様に恵まれ

 皆さん楽しまれたのかと思いますが

 自分は今日から仕事で

 通常の週初めの一日でした(泣)


 その代わりに土曜日が休日となるので

 今週末の釣りが行きやすくなったので

 釣れなさすぎた一昨日から予定して西湖の泊り込み修行よりも

 一週おいてからの方が魚を取るには現実的かな?なんて

 ポジティブに考えてみる事にする(笑)



 そんな悲観的な最近の西湖の状況ですが

 自分の釣りのメインのエリアでもある

 シャロー&ウィードエリアがこのところ不調で・・・



 クリアすぎる水質のせいとか、ウィードの種類が変わったとか

 富士山噴火による振動説やらw。。。。。




 色んな仮説が飛び交っておりますが

 どちらかというとこの時期はディープや沖にポジションを

 移すベイトと共に割合を中層などに移動するので

 バンク沿いというと、風などでベイトの流入などが無いと

 なかなか難しいのは理解しておりますが



 それを踏まえても今年の秋のシャローは生命感が

 なさすぎで。。。。



 その点を頭に入れて西湖を観察していると

 ひとつ気になるのが

 湖面に浮くウィードの異常な量ですね。。。。。








 



 
クリックすると元のサイズで表示します



 湖畔にも流れ着いたウィードで覆い尽くされており

 気にはしておりましたが、良く見ると流れているのは

 どれも同じ笹のような細長いウィードで枯れて切れたような


 感じではなく、何か外部の力で外されたようなもので

 みんな青々としているのが不自然です。。。。。




 これとは別に例年より半月から1か月早く到来した

 越冬の水鳥も先々週末より更に増えており


 景色的に12月後半の西湖のような風景に。。。。









クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します




 日本では比較的温暖な日が続いておりましたが

 夏を過ごした場所が例年より寒いのでしょうかね?



 アメリカの季節外れの寒波など考えると

 渡り鳥の行動も気になるところですが


 釣りを終えてからの西湖のキムタクさん(笑)

 との会話でこの早く訪れた渡り鳥について

 色々と情報を戴き。。。。


 どうやらその中の良く見かける小さくて潜る渡り鳥が、

 ウィードに付いた虫が大好物で、


 それを食べる為にウィードまで切ってしまい

 それが湖一面に浮いているようなのですが

 それだけの量を刈るほどの沢山の水鳥の

 潜る姿に魚たちは怯えてこのエリアから

 離れ気味にポジションを取っているようです。。。。



 確かなにドピーカンのクリアなウィードエリアに


 水鳥が泳いでいたのを何回もみたので


 普段から鵜の襲来に怯えているバス目線からすると

 相当恐ろしい光景なんでしょうね。。。。




 通常の到来の季節ならばウィードも枯れているし

 シャローの釣りというか12月なんて釣りしないので

 気にならなかった渡り鳥の存在が
 

 例年より早い彼らの到来と

 比較的高めの水温の為に

残りウィードの多さが

 普段と違った秋の西湖の一つの要因なのかな?


 なんて仮説を立ててみましたが果たして真相はなんでしょうかね?



 とりあえず今週末は、何となく建てた仮設を元に

 またもや対策を現在進行中なのでw

 まずは一匹が取れるよう妄想してみますか(笑)













 
0

2014/11/23

ほぼお手上げ。。。。  

 

先週末は体調不良の為

 やむなく中止の憂き目にあった

 西湖リベンジでしたが

 それから2週間後の今日、

 ちょいと時間が空き

 出かけてきましたので

 とりあえずの報告です。。。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 師走も近い山上湖でしたので

 寒さも厳しいだろうと色々と用意してみましたが
 
 朝の気温はマイナス2度とそれ程の冷え込みはなく

 防寒着だと準備で少し汗ばむ陽気です。。。


気になる今後の予報で来週は更に気温が上がるという

 高温注意報が出ているそうなので

 湖の季節の推移にも影響がありそう。。。



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



 気になる水温ですが

 手元の水温計で10度後半から12度後半と

 順調に落ち始めているようですが

 いまだに少し高い傾向が続いていますね。。。。




クリックすると元のサイズで表示します



 そんな感じの西湖ですが

 前情報通り

 厳しいのは変わりないようなので

 少しでも捕れる確率があり

 確実に魚をストックしているであろう

 例の西湖漁協の流れ込みへ。。。。



 前回は浅くて奥行きの無い場所で掛け

 前進してきたバス君に充分なフッキングを

 与えられなかった事で唯一のチャンスをモノに

 出来なかった事を踏まえ


 ロッドは乗せ傾向から掛け傾向に変更し

 ルアーの機能面の部分で

 この対策に乗ってくれた

 THさんの協力もあり(笑)






クリックすると元のサイズで表示します





 サイズは44のやせ形君でしたが

 この時期の貴重なバイトを無事モノにする事に成功(笑)




 この日は沖の表層でもワカサギのボイルが多発し

 バス君もこの一匹の反応ですわ上目線か?

 

 と沸き立ちましたが、その後の浮上行動はほとんど見られず。。。



 放浪の旅が始まる事に・・・・











クリックすると元のサイズで表示します


 見えにくいですが、湖面に無数の波紋がありますが


 姫マス?らしい魚に追われたワカサギが跳ねるのを

 良く見かけましたが、

 バス絡みのリンクは時間を重ねても感じられず。。。。



 その確認までに

 かなりの時間を費やしてしまいました・・・・




クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


 シャロー以外ではやる事が無くなり

 このようなレンジの中層まで手を出しましたが

 良い状況には中々出会えないですね。。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 そもそも予報通りの好天で

 終日ドピーカン無風の今日の西湖は

 釣りをする上では最悪でもあり(泣)



 我々バサーだけでなく

 友人のヒメマス師もその状況に頭を抱えておりました・・・









 クリックすると元のサイズで表示します



 釣りにならなきゃ写真でもと。。。。



クリックすると元のサイズで表示します




 日中に鏡のような湖面は珍しいと撮りまくりw



クリックすると元のサイズで表示します




 穏やかな休日を過ごしてきましたと言いたいところですが。。


 せっかく釣りに来た事だし

 

 そろそろ浅い所にあがるだろうと

 浅場の越冬エリアへ。。。。



クリックすると元のサイズで表示します



 沖ブナイの冠水植物周りには案の定

 ロックしている個体が見られますが
 


クリックすると元のサイズで表示します

 

 手持ちの表層系では手が出せず

 沖を徘徊するまで様子を伺っておりましたが

 そのポジションに変化を与えるような

 湖の変化が現れず・・・・・



 残念ながら今日は朝のリベンジの一本で

 終了でした。。。。。





 そんな感じの相変わらずの厳しい西湖でしたが

 今日こそはと

 釣行の大半を費やしていたバンク&ウィードエリアの

 浮かせるビッグベイトやタイトに通したスピナーベイトには

 全くの反応が無かったのは

 少々困惑したと同時に、前回同様一日湖を観察し

 

 何故このような状況になったのか

 他の方の話と自分の考えを合わせると

 何となく解けてきたような気がしたような。。。








クリックすると元のサイズで表示します




 湖面や岸沿いに流れ着くウィードにヒントがあるようです。。。



 詳しい話は明日にでもしてみますね。。。。






0

2014/11/9

ここまでやっても。。。。  西湖
 



 昨日の西湖の様子を軽く書いてみます。。。




 クリックすると元のサイズで表示します



 ここ最近の厳しい釣果はバス関係だけでなく

 ヒメマス関係も影響を受けているそうで

 繁忙期であるはずの

 クワルビの浜は御覧のようにガラガラでした。。。



 ヒメマス関係ですが、

 この日はやっと上向いてきたようで

 2ケタ釣果の話もちらほらと聞かれ。。。

 そろそろかなぁなんて雰囲気で

 こんな感じで空いてるしブイも選びたい放題ですので


 今週末はそちらが気になる方は是非チャレンジを。。。

 



クリックすると元のサイズで表示します




 そんな感じで40日ぶりの西湖を軽くチェックすると

 ポンプ稼働で水位は減少気味、水質は超クリア。。。。
 
 
 

 水温は14度チョイ切りで少々下がり方が遅れ気味で

 各所酷いターンが発生してベイトは風に流されワンド中央の

 表層に避難している感じでしたので。。。。。


 それにリンクしたバス君を狙う作戦で

 朝一からベイト絡みのいつもの釣りで

 各ワンドをチェックしました。。。。



 定番の大ジラワンドでベイトを目視で確認したので

 ボブルヘッドのホットけで

 魚の上昇を待ちますが、バスっ気が無いというか

 1時間ほど湖を眺めておりましたが

 全くの異常なしに、前情報通りだなと実感w



 移動の合間にこの時期の西湖の自分的集魚力NO1の

 バイリンガル180を打ちながら流しますが

 全くのノーチェイス(泣)恐らくは魚が浮く気にならない

 又はそのスピードに追い付けない状況であろうかなと。。。。



 


 クリックすると元のサイズで表示します




 そんな感じで流していくと

 大ジラ同様ベイトの群れを目視出来たのが

 長崎のワンドの沖で。。。


 SSTの大会でも選手が集結した場所だったのも

 うなずける量でしたが。。。



 サスペンドするバス君もイマイチ少なく

 


 クリックすると元のサイズで表示します



 グロッキーな彼らがあちらこちらで浮いており


 こりゃ食わせるにゃ一苦労だなと半ばあきらめモードで

 釣りを始めましたが見学ツアーが一度あっただけで

 瀕死君に対する捕食も無い状況でしたので。。。。



 最後の頼みの綱、禁漁エリアが解除された

 漁協流れ込みに付く限りなく捕食モードに近い

 個体狙いに向かいました。。。。。






 クリックすると元のサイズで表示します



 ここでちょいと小話ですが、写真左側の建物が

 お馴染西湖漁協の施設で

 その右側にヒメマスのプールがあり

 写真中央部の道路から湖畔に

 続いているフェンスに囲まれているのが

 プールからの流れ出しですが


 ヒメマス君はなんとこのプールの流れ出しを

 鮭の産卵の遡上のごとく

 この魚道を登ってプールの中に戻り。。。。


 その戻った魚から採卵して稚魚を育てて

 湖に放流するというのがここの養殖法だそうです。。。

 



 育ったその水を覚えているのかとか、場所を覚えているのか

 とか、通年の流れ込みがここだけだからとか

 詳しい話は聞きそびれましたが

 魚の本能を上手に利用したシステムにびっくりですね(笑)



 そんな感じで魚道を登るヒメマス君を狙う個体も

 通年付いておりますが

 それを狙うアングラーも多く

 常にプレッシャーにさらされておりますので

 一筋縄ではいかない相手である事には違いないのですが

 今の状況下で魚を絞るには一番効率が良いという事で。。。。



 かな〜りの本気モードで挑むことにw

 

 手前味噌ですがアプローチは慎重に100m以上先から

 エレキは1番で近づき。。。。


 この系のルアーでは抜群の遠投が効くボブルヘッド君が

 届くギリギリのところまで接近し。。。。


 ルアーの着水音で10分は怯えて消える相手に

 水面ではなく岸にルアーを置いて1〜2分ほどしてから

 ゆっくりと水の中に入れるという

 岡転がしで狙った一投目。。。。。


 岸からほど近い場所で手元まで来る激しいバイトが

 ありフルフッキングしましたが

 手前に走った瞬間にオートリリースしてしまいました(泣)



 掛けた場所が岸沿いで水深は50センチ程度で

 恐らくは掛かった瞬間に手前に走るだろうとは

 頭の片隅にはあったのですが、

 いつもの深い場所でアングラー側から反対の方向を向ける

 かかり方に体が慣れてしまい

 ちょいと合わせ方が緩かったようです(泣)




 この後は一度だけ浮上を見ましたが

 結局はこの日はこれだけが唯一の

 チャンスとなってしましましたね。。。
 




クリックすると元のサイズで表示します




 この後は天気が激変し。。。。


クリックすると元のサイズで表示します


 白波が立つほどの久々の荒れ具合に。。。。


クリックすると元のサイズで表示します



 しかしながらこのような荒れた天候もルアーのテストには

 必要な訳で。。。。。



 ちょいと非現実的ですが

 ボブルヘッド君はこのような状況下でも

 波に流されず。。。。

 首を振る事でブレーキが掛かり


 殆どその場所に留まっているのには改めて感心しましたね。。。

 

クリックすると元のサイズで表示します



 特に春の表層パターンでは警戒心を解いたり

 ルアーの動きが自然になったりする上で

 風がキーとなる事が多いのですが、


 せっかく吹いた風に対し
 
 

 湖流により浮かべたルアーが流され

 狙ったエリアをキープ出来ず、歯がゆい思いをされた方も

 多いと思われますが、長い時間水の上に置いておきたい

 この釣りに対して

 ボブルヘッドは外乱に対するキープ力かなり強くなるように

 セットされておりますので


 例えば西湖向浜の船団の中でもルアーが流されず
 
 

 ピックアップする回数も減り水の中に入れている

 時間も長くなるのは

 大きなアドバンテージになると思います。。。

 
 ちょいと話が脱線しましたが。。。。。

 その系の詳しい話は来年の春までにって事で(笑)



 そんな感じで暴風下のお試し釣行も程々にして

 この日同行の会社の同僚が

 5mのウイード上をスモラバのスイミングで

 2kはかり振り切りの53センチをゲットしたという事で。。


 ルアーを1OZスピナベに置き換え

 船に揺られながら頑張りましたが

 残念ながら何も起こらず終了・・・・・・



 思い起こせば3月の水温5〜6度で表層オンリーの実験的な

 釣行を除けば何かしら坊主は逃れていた今年の釣りでしたが

 久々に喰らってしましましたね・・・・


 ワンチャンスをモノに出来ない未熟さが

 露呈した訳で。。。

 まだまだ甘いなぁ〜と実感した

 週末となってしまいました(汗)



 ちょいと悔しいので今週末も予定を変更して

 リベンジしたいところですが

 いつも通りのノリでは

 恐らくは一日に1回あるか無いかのチャンスでは

 何となく返り討ちにあいそう(笑)


 
クリックすると元のサイズで表示します



 一週間対策を練ってそのチャンスを増やせるように

 何とか頑張りますか(汗)
















 
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ