2014/2/23

バスマスターズクラシック。。。。。  バス釣り関係
バスマスターズクラシック3日目。。

予選を通過したモリゾー選手を

ツイキャスで生中継するそうです。。。

現地の電波状況があまり良くないのが

残念ですが・・・

憧れの地のバストーナメント最高峰を生で観られるなんて

素敵な世の中になりました(笑)









さて、今夜も夜更かし決定だな(笑)

















0

2014/2/19

大雪。。。。  西湖

 先週末は激甚災害レベルの

 雪害には皆さん驚かれたと思います。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 金曜日の夜に富士山方面へ出かけると

 除雪が間に合わないがために

 2WDのスタッドレスでは少しの傾斜で

 スタックする車が続出し。。。。


 4WD天国の世界でしたが

 この程度の積雪はこの辺りでは

 それ程珍しくもなく。。。。

 まさかこの時点で記録的な降雪になるとは

 思いもよりませんでしたね。。。。




 山梨県はこの降雪で孤立集落が続出したのは

 ご存知の通りで

 お馴染の西湖の丸美ボートさんも

 孤立は避けられず・・・・・





 クリックすると元のサイズで表示します
(写真拝借 丸美ボートさん)




 外にも出るにも一苦労な積雪となったようです(汗)




 幸いニュースにもなった精進湖のように

 停電にもならず。。。

 (カドヤの親父さんは元気だそうです。。)


 ライフラインは最低限は維持できたようですが

 いずれにしろ先の見えない

 軟禁状態はさぞかしキツかったでしょう・・・








 クリックすると元のサイズで表示します





 しかし150センチの雪って想像がつかないよね・・


 確か10年位前に80センチくらい積もって

 道の駅で車中泊していてスタックして・・・

 重機に引っ張り出してもらったことがありましたが

 あの時もしばらくの間雪が道の幅を狭め

 道が込み合っていた記憶がありますが


 今回はその倍の降雪があったわけで。。。。


 暫くは富士五湖方面の混乱は避けられないような

 気がしますね。。。。



 何はともあれ今回の降雪の被害に遭われた方々には

 一刻も早い復旧と普段の生活を取り戻せるよう

 心よりお見舞い申し上げます。。。。。













1

2014/2/2

ギルギルMAX。。。。。  THタックル製品


 ご無沙汰の更新になりましたね。。。


 正月明けから何かと忙しく

 気が付いたらもう2月と・・・



 西湖の解禁までもう一か月を切ってしまいました。。



 昨年の3月はフローティングミノーの勉強月間と決めつけてw

 釣果的には芳しくなかったのですが


 自分的に決して嫌いではない

 リアクションの釣りが効くタイミングでもある

 解禁当初の西湖ですので

 今年は状況に合わせて釣りが出来たらなぁ〜

 なんて思いつつ。。。。





 そろそろ春の釣りの準備に取り掛かからなくてはいけない

 タイミングですが、それなりに早まる気持ちとは裏腹に

 例年のごとく未だ何も手を付けていない状況です。。



 とりあえずフックを買って、昨年はあまり使わなかった

 お気に入りのミノーやシャッドに

 装着する事から始めてみる事にしよう(笑)




 そんな感じで今宵は

 久しぶりのTHTさんの新製品のご紹介です。。。





クリックすると元のサイズで表示します




 Gill Gill MAX。。。。。



 好評のギルギルシリーズの第6弾の

 大型のI字系〜S字形の可変アクションの

 ルアーです。。。




全長 :  142mm


自重 :   4 OZ


シンクレート : フローティング〜シンキング
         (内蔵ウエイトの調整式)






 大型のI字形ギルルアーといえば

 マグナムゾーイを思い出しますが

 このギルギルMAXはマグナムとは

 違いジョイントボディで構成され

 一見するとS字形ルアーと思ってしまいましたが

 よ〜く観察してみると

 ジョイントの可動部が既存のS字形ルアー達と比べると

 かなり狭い事に気付くはず。。。









クリックすると元のサイズで表示します




 この狭い可動領域が故スローリトリーブでは

 ゾーイ同様I字形の軌道を通り

 チョイ早めのリトリーブにすると

 狭い降り幅のS字のアクションに変化しますが


 自分的に感じたのは

 このジョイントはS字形への可変アクションを

 狙うのよりも

 どちらかというとロッドワークやリトリーブの

 変化によるルアーのアクションへの機能追加という

 意味合いが強い感じですね。。。。



 実際にリトリーブ中のリールの回転を不規則にすると

 今までのゾーイシリーズとは違いリアの部分が

 フロントを押すようにジャックナイフ状態に

 ボディを曲げ軌道が不安定になりやすい傾向に。。。


 更にリトリーブを止めてロッドワークで軽いトゥイッチを

 入れるとほぼ真横までヘッド方向を変えるまでに

 動くという、ゾーイシリーズだと考えられなかった

 アクションが演出出来るようになりました。。。。



 しかしそうなると気になるのが

 動きすぎるボディを与えられる事により

 サイド部分に装着された

 ゾーイのお馴染的な(笑)フックへのライン絡み・・・


 MAXに関してはかなりこの部分に試行錯誤を繰り返し

 そのライントラブル対策が施され

 トリプルフックから外向きにセットされた

 シングルフックに変更された事と


 アクションを加えた時にヘッドを下方向に突っ込む

 セッティングが施されておりますので

 ラインがボディよりも下に行かないので

 かなり無理なジャークを入れてもサイドフックに絡む事が

 殆ど無く

 お馴染みのw悩みからも解放されたのが嬉しいトコロ(笑)


 シチュエーション的に

 I字形で引いてバスが付いているであろう

 ストラクチャー付近で軽いトゥイッチで反転させ

 少ない移動距離でアピールしてS字形アクションの

 高速逃走でリアクションなんて使い方なんて

 あまりほかのルアーでは出来ない芸当も出来たりもしますね。。。




 ギルギルやヴァリアで好評の内蔵ウエイト調整機能も

 搭載されておりますのでアングラーの発想で色んな

 使い方が出来るルアー。。。。

 





 クリックすると元のサイズで表示します




 次回はちょいと深くこのルアーについて書いてみてみますね。。。





0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ