2013/2/27

今週末は。。。。  THタックル製品
 







明後日はいよいよお待ちかねの

 解禁日になりますね。。。。



 自分も平日に仕事を休んで西湖へ・・・


 なんて姑息なエスケープを目論んでおりましたが

 折からの円安の傾向か、海外生産向けの

 製品の内需転換の煽りをモロに受け(汗)



 休日返上のうえ、深夜までの勤務体系が

 計画され・・・・


 それどころではない状況でしたが。。。


 週初めからのやり繰りで、

 なんとか日曜日に休みが取れそうな行程になりましたので

 久々の山上湖の空気を吸いに出かける事になりました。。。。




 そんな感じの解禁当初の西湖ですが

 予想としては水温は3〜4度で・・・・


 ハードルアーオンリーの展開では

 かなりキツイ状況になる事には間違いなさそうですが・・・


 気圧が下降する事があると意外と浅いレンジでも

 反応が出たりもすることがありますので。。。


 一筋の光を信じ(笑)


 浅いレンジのバス君を攻略する上で。。。


 今現在個人的に最強クラスの食わせのハードルアーの

 カラーバリエーションを揃えてみました。。。。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

ノイズカッター90 #08ウグイ。。。。






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ノイズカッター90 #10 ゴーストチャート。。。。





 今月新たに追加された新色のうちの2色です。。。。



 ウグイカラーですが、写真より実物はかなり
 
 暗色系で、どちらかというと明るい色の

 ラインナップに偏りがちなI字形のルアーの中では

 かなり異色の存在感がアリ。。。。



 クリアーウォーターではシルエットが

 かなりハッキリするので今までとはちょいと違った

 反応が欲しいときなんかに期待できそうかな?



 個人的に一番使いたいカラーかも?





 対してゴーストチャートですが

 言わずと知れたクリアウォーターでは

 一般的に水に馴染むカラーとして

 知られておりますが

 スーパーリアルボディに塗装されると

 ちょいと違った質感が出て、面白い感じがしますね。。。



 水に馴染むサイドシルエットですが背中の部分はかなり明るい

 グリーンを採用していますので

 遠目からの視認性も良さそうです。。。。。








 クリックすると元のサイズで表示します



 予算が許せば全色揃えたいトコロですが。。。。



 これだけ揃えれば何とか一日は凌げそうかな(笑)






 まぁ待ってろよ、西湖(笑)







 
 
0

2013/2/24

海馬さん。。。  ルアー関係


 自分的に欲しくてもナカナカ手に入りにくいルアーの

 中でも5本の指に入るというルアー。。。。




クリックすると元のサイズで表示します



 噂の海馬さんをお借りすることに成功しましたので

 今日は浮かれた浮島パトロールとなりました(笑)




 シングルペラと大きいブレードの組み合わせなんで

 さぞかしボディが安定しないんじゃないかな?


 と思いきや、意外とボディ本体は速度域を問わず

 安定し、甘いブレードとボディの接触音が

 いい感じ。。。。


 安定しているとはいえ、ロッドワークでドックウォークなども

 出来てしまうので短い距離で

 アピールしたい時にもいいかも。。。。。



 ハードルアー限定のトーナメントでも

 結果が出ているらしいので、手に入る事があれば

 是非手に入れておきたいアイテムですね。。。。



 
0

2013/2/23

ワカサギプロップ。。。。。  THタックル製品
 


 ここの所多忙な日々が続き・・


 ブログ更新もままならない状況で。。。


 気持ち的にも釣りから離れちゃったんじゃないの??


 なんて思われがちですが(笑)



 まぁお楽しみの解禁も一週間を切る時期で

 それなりにフィールドには短い時間なりに

 出かけたりして、水との接触を増やす努力はしております。。。




 が!真冬の釣れない時期に

 釣行記になるような出来事もあるわけでもなく

 ほとんどが新製品の耐久テストで終わり

 あぁ・・また寒い思いをしてきただけという

 そんな状況である為に

 ネタの枯渇に更に拍車が・・・


 そんな感じの苦し紛れの今日の更新という事で(笑)

 

 今回は最近あまりしなかった発売前の製品のちょっとした

 コンセプト的なモノを紹介してみますか。。。。



クリックすると元のサイズで表示します
ワカサギプロップ。。。。

 開発中のプロトタイプの為、製品版とは異なる部分がありますので

 あくまでも参考として捉えて頂ければ幸いです。。。。






 先月リリースされたノイズカッターが属する

 I字形ミノーのシステマチックシリーズの第2弾として

 リリースされる予定のシンキングダブルプロップミノーです。。。。





 ルアーにおけるシステマチックと言えば

 クランクベイトの深度の使い分けによるものが

 思い浮かびますね。。。。。


 他にもジャークベイトやワームの世界ではサイズ分けでの

 システムなんかもありますが。。。



 今回のTHTのI字形ルアーの一連のシステムは

 今までのシステムとはちょいと意味合いが違った

 シリーズで。。。

 簡単に言えばボディパーツによる

 アピールの強弱とリトリーブスピードの

 使い分けを重視した物となっております。。。。





 例えば魚のいるエリアがイマイチ把握できず

 広い範囲をテンポ良く探りたい時には

 魚目線的に遠目からも確認できるようアピールが強く

 早めに次のチェックをしたい為にキャスト回数を増やすべく

 速いスピード領域での使い心地を重視した物の方が

 効率だよね。。。。



 対して先日発売されたノイズカッターは

 その対極的に極端な位置づけにあるもので。。。


 ほぼ魚のいるエリアは絞られたし

 時間をかけて一か所を丹念に攻めるので

 余計なプレッシャーは与えたくないシチュエーション。。。

 ルアー側からの不自然なアピールを極力排除し、

 意外とレンジの浅い魚が警戒する

 大きな要因でもあるルアーが空を飛んでいく

 (鳥を警戒するんだよね意外とバスって)

 キャストも超低速でのリトリーブスピードでの

 セッティングである為に

 一回にかかる時間を増やす事で同じエリアでの

 キャスト回数を必然的に減らさざるを

 得ない事となり。。。自ずとプレッシャーを掛けない

 釣りになるという訳です(笑)

 


 まぁ端的に言えば湖上では競争相手が多いし・・・・

 気軽なエリア移動もし辛い故

 同じエリアにへばりつく事が必然的に

 多くなってしまいがちな・・・・

 昨今の富士五湖の状況下でアングラー側からの

 要求がもっとも多いんじゃなかろうかという

 セッティングになっております(笑)




 話は逸れましたが・・・


 システムの一番弱い部分を受け持つのが

 クリックすると元のサイズで表示します


 ノイズカッターですが、

 今日紹介したワカサギプロップは

 予定している4つの構成の中の弱い方から3番目の

 比較的強めで早いスピード領域での使い心地を

 重視した物となっております。。。。。




クリックすると元のサイズで表示します



 プロップベイトと言えば一世を風靡した(笑)


 ホバリンシリーズでかなりデータ的なモノも

 持っているようですので(謎)


 まぁ心配のないルアーとも言える訳ですが・・・


 ユーザー目線からするとプチホバでいいんじゃね?


 なんて思われがちですが・・・・


 ホバリンシリーズは70以外はどちらかというと

 ボディの浮力で独特の低速の浮遊感を醸し出していましたが

 今回のワカサギプロップはホバリンブライス70系のペラの回転で

 ボディに浮力を出すちょいとスピード領域が高いセッティングが

 施されております。。。。




 それなら70でいいんじゃないの?と言われそうですが(笑)



 やはり本物の魚から形取ったボディの繊細な凹凸は

 ホバリンシリーズとは違った質感を持ち合わせ。。。。


 魚目線からもかなり違う印象を受けるような気がしますね。。。


クリックすると元のサイズで表示します



 実は今日の浮島パトロールでも厳寒の中でしたが

 大型のバスからの反応もあり、あれだけホバリンで叩かれた

 浮島バス君からの違った反応を得られたのも

 このスーパーリアルボディシェイプにも一因があったのかな?


 なんて勝手に解釈したりもしております(笑)




 このシステムはまだ3弾4弾とあるそうですので。。。



 しばらくはこのジャンルにどっぷりと浸かりそうな予感が(笑)




 まぁ一捻り二捻り加えた物が出てきそうですので。。。


 乞うご期待ってところです(笑)














 
0

2013/2/17

ノイズカッターの使い方。。。。  THタックル製品
 



 山上湖の解禁もあと半月を迎え

 身の回りの準備をしながら

 あれやこれやと妄想を繰り返す

 楽しい時期になりましたね(笑)


 気の早いアングラーからは禁漁のない

 フィールドへのお誘いもありましたが、

 解禁前にその気力を使ってしまうと

 体力的にもキツイ年代だしw


 今月は大人しく英気を養う月としておきます(笑)




 そんな感じの解禁を迎えるにあたって

 例の西湖の天才君達に対応すべくテストを繰り返し

 満を持してTHTよりリリースされた
 
 ノイズカッター90。。。。。

 


 先日御伝えし、スペックなどを報告しましたが。。。




クリックすると元のサイズで表示します




 それならば実際にフィールドにて

 どうやって使うのか。。。


 使い方にコツなんかあるのかな?

 なんてちょっとした疑問に答えられるかはわかりませんが。。


 あくまでも自分的ですがちょいと書いてみますね。。。。




 I字形と呼ばれる動かないで移動する

 ルアーが発売され久しくなりますが、その釣り方が公になる以前は

 自分的には、この系の釣りの最たる物である

 チューニングともいえる

 リップを折るなどの発想は残念ながら

 持ち合わせておらず、その上にそのような素晴らしい情報を持つ

 釣りウマの方も近くにおらず(泣)

 発売されてから

 あっ!そうか!こりゃ素晴らしい(笑)


 なんて妙に感心してしまった事を

 今更ながら思い出したりもする始末w


 まぁそんな感じでしたが何となくその当時から

 ワカサギパターンなんかで

 西湖で遊んでいた身でもありましたので

 動かないものに反応するという事は薄々感じていたのは

 ここだけの話(笑)

 しかしあくまでも自分的にはもっぱらこの釣りは

 ミノーなどのハードルアーではなく

 ノーシンカーのワームを用いて行っており。。。。


 特に自分的に気に入っていたのが今は多分存在しませんが

 徳永兼三さんのエアボディーシャッドと呼ばれる

 中空ボディのシャツド形状のワームを用い

 そのエアーホールの部分にカットテールをカットした物を

 ねじ込むと、ボディ本体の動きが制御され

 シンクレート的にも

 自分的に好みの5〜20cmをキープが出来て

 ワカサギのレンジが上がった時の必殺パターンとして

 密かに楽しんでおりましたが・・・


 やはりこの系の釣りですとどうしてもショートバイトが多く

 フッキングにも難があったりもしてどうしても

 トリプルフックの必要性を感じる事があり。。。。

 元々ミノーなどが好きな性分もありましたので

 

 K−1等を用い初期の水噛みの反応を遅らせる為に

 頭上げに姿勢調整し

 アクションをしないスピード領域を広げる事を狙った

 独特のセットを施したミノーを

 使用していたのが、I字形のカテゴリーだったのかと

 今思い起こせばそうだったのかなぁ〜

 なんて思ったりもしましたが。。。



 当時はミノーのデットスローリトリーブ程度の

 釣り方だと思っていたこの釣りがこんなに特化されるとは

 夢にも思わなかったのですが(笑)



 やはりやり込めばやり込むほど面倒くネガな部分も

 感じられることは以前の記事にも書きましたが。。。。




 そのネガな部分でもあるリトリーブでのムラが

 ルアー本体に伝わりボディのセンターを軸とした

 頭上げ方向のピッチングが魚目線からすると

 強烈な違和感を与えてしまうという

 ジレンマを釣り人側の努力で解消していたのを

 可動式のラインアイで緩衝するという事で

 誰にでもその独特な

 浮遊感を持たせるリトリーブが出来るようになりましたね。。。




 今回はその独特な浮遊感を持たせる為のちょっとした

 コツを書いてみます。。。。




 ラインからの外乱を避けるための

 可動式のラインアイですが、このルアーの狙った

 I字形の中でも超低速の領域でのその浮遊感を出す為に


 リングの位置が下の写真のような下の部分に

 維持します。。。。

 


クリックすると元のサイズで表示します



 おそらくはラインを一直線にするような

 テンション又はリトリーブスピードですと

 リングが上に移動し

 ボディとラインが直線的に結ばれてしまい、

 緩衝性が失われる事になります。。。。




クリックすると元のサイズで表示します

 


 あくまでも超低速のI字引を狙ったノイズカッター特有の

 浮遊感を演じるには

 ラインを弛ませて、糸ふけを巻き取るだけの

 リトリーブという領域が最も効果的である事ですので

 そのラインの弛みを維持する=リングの位置が

 下にある、という事をイメージしていると

 扱いやすいかもしれませんね。。。。。



クリックすると元のサイズで表示します
見えにくいですけど、ラインテンションはこんな感じを維持する程度ですね。。。




 寒い中、ゆっくりとした釣りをするのは

 かなりツラいですが・・・


 今までのI字形ルアーとは違う超リアルボディと

 超低速領域での独特の浮遊感と

 レンジキープ性がきっと天才君を

 化かしてくれる筈ですので、

 買われた皆さん楽しんで使ってみて下さいね(笑)









クリックすると元のサイズで表示します








 
1

2013/2/11

撃沈。。  他の釣り




クリックすると元のサイズで表示します


昨日一昨日と沼津界隈に出かけましたが。。




ネンブツバイトも取れない散々たる

釣果で・・・


鼻風邪を貰っただけで(泣)

異常無しでした。。


海で楽しむなら

もうしばらくかかりそうだな。。。







 
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ