2018/7/11

儀間比呂志展展示作業  企画展

7月14日からはじまる「追悼 儀間比呂志展」の展示作業がほぼ終わりました。

クリックすると元のサイズで表示します

立命館大学国際平和ミュージアムより借用した木版画45点の展覧会。「風間サチコ展」から木版画の展示が続きますが、首都圏で儀間作品をまとめて見ることのできる貴重な機会となります。

クリックすると元のサイズで表示します

14日午後2時15分からは、儀間さんと数多くの仕事をされてきたジャーナリストの新川明さんと、沖縄県立博物館・美術館の豊見山愛学芸員をお迎えして、オープニング・トークを開催します。
実は沖縄県立博物館・美術館でも一足早く13日から「儀間比呂志の世界」展がはじまるのですが、お二人ともお忙しい中、丸木美術館に駆けつけて下さるのです。

クリックすると元のサイズで表示します

戦後、「沖縄の外から」沖縄戦を表現し続けたという点で、儀間さんと丸木夫妻には通じるものがありますし、その他にもいろいろと共通点を考えながら展示作業を行いました。この夏、ぜひ多くの方に儀間比呂志の版画作品をご覧いただきたいと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します

また、8月4日午後2時からは沖縄県立博物館・美術館の「儀間比呂志の世界」展で、岡村がギャラリートークを行います。丸木美術館における「儀間比呂志展」の報告をしつつ、沖縄の方々とともに儀間作品を観て、お話ができたらと楽しみにしています。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ