2008/9/26

御受難会日本準管区 会員ための恒例の黙想会  毎日の出来事

玉名の真命山・霊性交流センターから ザビエル会フランコ・ソットコルノラ神父を迎えて会員ための黙想会が売布の宝塚黙想の家で行われた。若い会員が増えて会の伝統について、特に黙想会の指導や十字架のカリスマについて、イタリアでの神父の印象や体験を交えてゆっくりと聖体と十字架の神秘の関係をテーマに黙想を指導された。神父は、イタリア北部のベリガモ生まれで、11歳で小神学校に入ったが、そのときの指導司祭は聖ジェンマと小学校で同級生だったため、毎日毎日聖ジェンマの話をしたので、伝記や日記に通じているとのこと。そのためわたしたちの年の黙想は大変御受難会の使命やカリスマを再考してみるよい機会となりました。神に感謝! 神父様に感謝!

 以下は、黙想の主題とは関係はありませんが、私の余談です。
 
 その小学校の聖ジェンマの先生は後に福者となったシスターグエラで、聖レオ13世に聖霊の回勅を書くように願ったことで有名になりました。新しい世紀にあらたな聖霊降臨を願う準備の祈りは、その後の20世紀の聖霊降臨の数々の驚くべき出来事をもって答えられたと考えるべきだろう。1900年にホーリネス教団からペンテコステ派が生まれ、多くの教団がペンテコステの体験をして刷新し、そしてカトリック教会では、数々のカトリックアクションが生まれ、第二バチカン公会議を迎えた。その後、カトリック教会にもペンテコステの体験が報告されるようになり、公会議の実りの一つとして信徒の奉仕の賜物があふれるようになった。21世紀のいま、その希望と信仰と愛の芽が成長できるかどうかの瀬戸際ではないだろうか?

 カトリックの神秘体験は、聖ジェンマのような内的な体験を典型的な聖性の恵みと考えた。彼女はイエスの苦しみにあずかり、イエスのこころ(心臓)が自分の心臓と取り替えられたような神秘体験を持った。一瞬でも神さまのことを忘れることは耐えられないほどの罪を感じた繊細で純粋な心の持ち主でした。イエスともにに苦しむこと、それは世の救いのため愛による忍耐を求められます。

 今日9月26日は聖シスターファスティナの70周年を記念してノベナが始まる日でした。彼女もまたイエスの御受難の実り、神のいつくしみを述べ伝える宣教者として召されました。ヨハネ・パウロ二世によって21世紀のはじめ、2000年4月30日にシスターの列聖式が行われ、「慈しみの祭日(復活祭第二主日)」の制定が決められました。地球温暖化に伴い、50年後に人類の危機は頂点に達するという21世紀、わたしたちは、今こそ、人類が悔い改めてノアの洪水の再来をとめ、人類の知恵と愛の共同体によって「いつくしみの世紀」が実現するように生活を見直し、かつ祈らなければならないでしょう。
24

2007/1/4

池田教会初詣ミサ  毎日の出来事

謹賀新年
池田教会は、12月31日の聖家族の祝日に 出席者全員の家族ごとの祝福と派遣を行った。年は明けて正月元旦、11時から神の母の祭日、この日参列者100名ほどは、畠神父の歌唱ミサに声を合わせて祈った。教皇様の平和記念日の意向で、今年一年の平和と家内安全を祈った。畠神父の着任最初の年の挨拶ミサでした。
クリックすると元のサイズで表示します磯野ファミリーの娘さんたちと・・・
0

2006/10/15

総長再選される  毎日の出来事

御受難修道会のOttaviano D'Egidio (オッタビアノ神父)は総長に再選されました。火曜日には、総長顧問たちが選出されます。皆様のお祈りをお願いします。 
0

2006/8/31

9月1日 新しい体制が始まる  毎日の出来事

人事異動により 宝塚売布修道院の院長および宝塚黙想の家主任は来住英俊神父が兼任することになりました。副主任にはブラザー笹田六合豊が就任します。これまで、このサイトを運営してきた畠基幸は、管区長を退任し、サイトの運営を中止します。また黙想の家の主任であった旧内山恵介院長が退任して、新しい任命があるまで待機します。
これまで 応援してくださった方々に感謝のありがとうございますの挨拶を送ります。これまでありがとうございました。来住神父のリードにより、黙想の家と御受難会の霊性の発展が始まります。皆様の一層のお祈りをお願い申し上げます。 畠 基幸 
 クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/7/30

PASPAC シンガポール会議  毎日の出来事

新管区長来住神父の最初の海外出張は、シンガポールで、アジア・太平洋地区長上会議(PASPAC)に出席することでした。お疲れ様でした。10月1日から始まる総会の準備や、来年のPASPAC韓国会議(9月中旬)、2008年のワールドユースディ シドニーの大会の参加、合同養成の場所についてなど 長上同士の直接交渉で将来の計画の段取りが進んだ。クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/7/9

三位一体のらん  毎日の出来事

沖縄から4月10日に送られてきた蘭の花、7月9日希望の聖母の日もまだまだ美しくその生命を保っていて、新旧の管区長の交代を見守って、神の愛の姿、三つの蘭の花が残って咲いていました。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/5/15

山内十束神父・松本一宏神父の近況  毎日の出来事

山内神父は、本部のヨハネ・パウロ修道院から歩いていける語学学校で勉強中です。6月からはペルージャに移動して語学を本格的に勉強します。本部では、まだ英語で話し合っているそうですが、ペルージャに行けばイタリア語だけを話すようになるでしょう。彼のいる場所は、とても歴史も環境もいい場所です。ウォード神父も来住神父もここで思いで深い勉強の期間を過ごしました。松本神父はシカゴのCTUです。現在新校舎を建築中で、以前の駐車場に新校舎がたち、古い校舎は、リニューアルするため、構内に住んでいた御受難会の共同体は立ち退きで、一軒隣に転居します。最終レポートで悲鳴を上げていますが、もう夏休みですので、お父さんが米国にくるので一緒に旅行して6月ごろ帰国します。8月には第4回AYD香港にも参加します。成長を祈ります。
1

2006/1/23

新春の巡礼団 エジプト シナイ山を訪ねる10日間  毎日の出来事

ブラザー笹田さんの企画で、中村克徳神父、雲田助祭、ブラザー鹿山の四名が「ブラザーの日」の延長線上にあり、御受難会で働いた元職員や聖書研究会、池田教会など、いわゆるパショニスト・ファミリーの身内総勢23名が、1月30日から出発します。カイロ市内、シナイ山登攀、アレキサンドリア市、などなど珍しいところを巡礼します。
 無事の帰国をお祈りし、おみやげを期待しましょう。 お金はない集団なので、もちろんお土産話です。 
0

2005/6/26

巡礼ラッシュ  毎日の出来事

主の平和
 巡礼者が続きます。 5月は、ローマのカンタラメッサ神父様と前後して、ポーランドの若い二人の神父、また、6月30日からは、韓国からBor.ラリー・フインとAIDSのサポートグループが神戸でのエイズアジア会議に出席のため来日して7月5日までいます。
 日本からは、5月は、東京の国井神父様・Bro笹田さんのグループでトルコ巡礼旅行へ、6月は、内山神父様が司祭のマリア運動でローマの国際チェナクルムに参加のため7月8日まで巡礼研修会へ、売布は、Bro鹿山さんと職員の旅行会で淡路へ二日間、7月は、鈴木神父様が、ポルトガルへ一ヶ月の巡礼旅行。。。私は、暑いタイへFABCの会議に出席します。松本神父様は、8月、WYDでケルンへ旅行します。レオナルド神父様は国連の7月の常任会議に出席のため7月から9月まで長期のNY滞在です。死刑廃止(1975)の決議がないがしろにされる危険が出てきたとのことです。。。皆様お元気で活躍ください。
0

2004/12/25

黙想の家の新しい馬小屋  毎日の出来事

黙想の家の新しい馬小屋は井口さんの設計と制作です。イルミネーションも明るくなりました。今年は、ミサの参加者は少なく、男子の小聖堂ではラサール会の二人のブラザーと共同体のメンバー4名のミサ、女子は、シスターたち14名と近隣の信者、未信者10名が参列

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ