2008/11/27

JUSTIN PAUL BARTOSZEK, C.P. 1936-1008  

記念ミサ(ジャステン神父様追悼説教)
記念ミサで追悼説教の任を引き受けたのはKenneth O’Malley, C.P. (ケネス・アマーり神父です。国井神父やジャスティン神父と修錬期、哲学・神学の神学生時代をともにすごした神父さんは、現在CTU(カトリック合同神学院)で図書館長を務めておられます。研究の相談や文献作成などではお世話になりました。とても親切で気さくで御受難会らしい心温かい神父さんです。 (畠談)

クリックすると元のサイズで表示します1ページ
クリックすると元のサイズで表示します2ページ
クリックすると元のサイズで表示します3ページ
1

2008/10/20

ジャスティン神父の死  

十字架の聖パウロのお祝いの日、夕食後早めに部屋にもどって眠りに疲れたジャスティン神父は、朝のミサに来なかったのでブラザーが部屋を見に行くと、すでに亡くなっておられました。国井神父と修錬が同期で、韓国の御受難会創立に派遣されたポーランド系米国人でした。霊的なセンスが豊かで、言葉が分からなくても相手の心は読めるとおっしゃっていました。冥福を祈ります。
1

2008/10/19

幼きイエズスのテレジア中島百合子さん逝去  

池田教会の聖歌隊指揮者幼きイエズスのテレジア中島百合子さんが、13日午前零時四十分に天に召されました。毎日曜日、主日のミサの奉仕に中島さんのお姿を見ることができなくなったのは何ともさびしいことです。百合子さんの指揮ぶりと表情の和やかな雰囲気は、最高で、わたしは安心して典礼奉仕を任せることができました。主日のミサをあれほど楽しく豊かな時と感じたことはなかったのに・・・
 ご主人が書かれた本の中に、丹ちゃん百合ちゃんの夫婦の出会いや神への導きの糸が書かれていますが、その中に好きな聖書のことばはについて、「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい」のコロサイ書5章16節が引用されてます。どんなときにも 苦しい時にはなおさら、この言葉に生きた姿が目に浮かびました。
 最後にお会いしたのは、幼きイエズスの祝日の翌日、守護の天使の祝日で、豊中市民病院を訪問して、ご聖体と病者の塗油の秘跡をお授けしました。入室したとき、部屋を間違えたかと思うほどにお痩せになっておられたので、わたしは二度もお名前を呼びました。招かれてかたわらに座ってお話しすると、すごくいつもの大好きな百合ちゃんがおられ、輝いたお顔で治療を断念しホスピス病院に移る決意を話されました。とても清い心を感じて、おきれいですと申し上げると ちょっとはにかまれましたが、握手のため手を差し出してくださいました。お互いにうれしい気持ちで笑顔になり、少し話したあと、お疲れになるといけないと最敬礼して部屋を辞しまた。これが最後のお別れになりました。
 「百合子」はお母様がキリスト信者で、野の百合のことばからとられました。御主人が33分間心臓停止で植物人間になって一生を終えるかと思われたときも、この強い信仰があったので、いつも絶えず祈りなさいを忘れず看病して、御主人が臨死体験のあと、この世に生還されたのです。ラザロを復活された主イエスのことばを信じたものはなんと幸せでしょう。愛する者の復活の奇跡を見て、百合子さんはどれほど深い喜びに満たされたことでしょう。主の愛を信じて、百合子さんは、末期がんの痛みと苦しみにさいなまれた時も、最後までマザーテレサのご絵を握りしめ、御主人の介抱を受け、最後の30分恵みの時が訪れ、すやすやと安らかに旅立たれました。神に召された者の安らかなつつましい姿で世を去られたのです。
 神に感謝! 主に賛美! いつも喜んでいなさい。たえず神に祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。これこそ、神が、キリスト・イエスによってあなたがたに望まれることだからです。(1テサロニケ5:16ー18)まことに賛美のリーダとしてふさわしい者の生き方でした。よい模範を見せていただきました。ありがとうございました。
2

2008/6/8

ガブリエル神父 叙階60周年記念  

6月3日 宗像修道院聖堂(福岡黙想の家)においてガブリエル神父の叙階60周年(ダイヤモンド祝)が行われ、70名近い出席者が神父の60年間の司祭職の感謝と喜びを共に祝った。クリックすると元のサイズで表示します
 ミサの後 信者から記念の花束と記念品を感謝して受ける。
0

2008/6/8

うぐいす祭り  

日生中央教会では6月1日恒例のうぐいす祭りが開催され、近隣の人々とのゆたかな交わりがありました。

クリックすると元のサイズで表示します

午後からは手作りのミニコンサート、教会の婦人たちのコーラス、子供たちの楽器演奏など
0

2008/5/8

パティ・マンスフィールドさんの証言  

 2008年4月3日から6日まで、ICCRS主催、教皇庁信徒局協賛で行われた学会は、40年間のカリスマ刷新の体験に基づき神学的な見解を共有するために行われた。非公式にパティさんに会い、話し合ううちに次のことを分かち合ってくださいました。「1968年ピッツバーグでカトリック教会での最初のペンテコステの体験の後、グループの一部は引き続き祈り続けることを提案したが、デュケイン大学は学生たちの祈り会を拒絶したので、祈る場所を探したところ、御受難会の黙想の家が親切に学生たちの祈り会を受け入れてくれました。これはとても感謝しているとのパティの話でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 私とパティと若いドイツ代表とウガンダの代表
 パティは、最初に新しい聖霊降臨の恵みの体験をもった学生たちの一人です。
1

2008/5/5

染野治雄 新司祭 池田教会での初ミサ  

昇天祭の5月4日 池田教会では ヨセフ染野治雄新司祭が初ミサをささげました。新司祭という初々しい姿に感動する信徒が多く、ミサの中では新司祭の姿を天国で見守るご両親のために祈りがささげられました。叙階式の姿もすばらしいものです。端正で優雅なお姿、そして淡々とした静かな話し振りに大きな期待が寄せられました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2008/4/24

叙階25周年記念カードのことば  

司祭がミサを祝うとき、ミサのまことの司式者は御父のひとり子私たちの救い主イエス・キリストであるということを、また司祭が聖体を信徒に授与するとき、渡されるのは、単なるパンのひとかけらではなく、キリスト御自身なのだということを確信し、明らかにすることができますように。 アーメン。( 故ヘルダー・カマラ大司教 ブラジル −1983年4月10日 畠神父叙階式の説教の一部)
<a href="<a href="http://search.jp.aol.com/search?query=</a>"
0

2008/4/16

アシジの修道院からの眺め  

山の中腹にある巨大な修道院、その庭から眺める景色をどうぞ!
4月8日の遠足でした。ローマからバスで3時間、8時半に出発、11時8分に地下聖堂に到着してミサ、あと2分遅れたら次のグループがミサをしたところでした。セーフ、神さまはずっと私たちに好意を持っていてくださり、守ってくださいました。アレルヤ アーメン バスの中では賛美の祈りと異言で祈り続けました。 神に感謝!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/4/16

十字架の聖パウロの祭壇の前で  

2008年4月10日 この日は私の25周年目叙階記念日にあたり、ローマの御受難会本部があるヨハネ・パウロ バジリカ聖堂内の 十字架の聖パウロの聖堂で父や兄、また恩人友人の方々と一緒に感謝のミサをささげました。ローマ留学中の山内十束神父、本部神学生養成担当のチプリアノ神父が補佐をしてくれ、総勢18名ながらこれまでの活動やかかわりのあるグループの家族的な集いを代表して、私の25年間の司祭職の恵みを祝い感謝しました。記念写真はチプリアノ神父が撮ってくれたものです。神に感謝!
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ