2006/7/21

危ない雨風  

黙想の敷地の境界線上を走る壁面の松の木が今回の雨と風で倒木となり、宝塚市の道路保全課によって危ない倒木を取り除いて通行の安全を確保しました。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/7/9

三位一体のらん  毎日の出来事

沖縄から4月10日に送られてきた蘭の花、7月9日希望の聖母の日もまだまだ美しくその生命を保っていて、新旧の管区長の交代を見守って、神の愛の姿、三つの蘭の花が残って咲いていました。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/7/5

新しい管区長と顧問が選出されました!  

7月5日(水曜日)午前中 聖霊の続唱のあと祈りの時間を持ち、それから選挙が行われました。2回目の投票で来住英俊神父が過半数を獲得して当選。当選後、聖体賛美式を行い、終了後 会員と平和の挨拶、午後は二人の顧問の選出があり、國井健宏神父が第一顧問に、中村克徳神父が第二顧問に選ばれました。中村神父は昨年司祭叙階を受けたばかりです。若い人の代表として活躍が期待されます。
 クリックすると元のサイズで表示します

手前右からエンゾ総長秘書、総長オッタビアノ神父、新管区長来住英俊神父、中村克徳神父
2

2006/5/23

Bro 鹿山さん 無事退院  管区長通信

鈴木神父さんによれば、元気に午後2時退院、 しばらく鹿山さんの兄弟(三男)の家で療養することになりました。ゆっくり休んでください。「親身になって、お世話してくださった方々、ご心配くださりお祈りくださった方々に感謝申し上げます。」とのことです。 わたしからもこの場を借りてお礼申し上げます。(畠)
0

2006/5/20

Bro. 鹿山 5月22日(月)退院予定  管区長通信

鈴木忠一神父の報告では、手術後順調に回復、あたらしいペースメーカで、血色もよく、体調もよいそうです。病院生活が退屈に感じられるほどの回復です。
 手術当日は、たいへん心細い思いをしたそうですが、東京からBro.笹田が付き添いに参上して、手術前後のケアを親身にしました。特に手術後の拒絶反応があったときには、鹿山さんはもう死ぬのかと思うほどの高熱と血圧であったとのことです。岡垣記念病院の名医岩隈医師の事前の話では、手術は15分で済むはずでしたが、2時間の長い手術となり、血管が細いためペースメーカの感知線が心臓に到達しないので苦痛だったそうです。ザビエル鹿山さん、あたらしい心臓、新しい心で元気に毎日を過ごせますように!お見舞い申し上げます。
0

2006/5/15

山内十束神父・松本一宏神父の近況  毎日の出来事

山内神父は、本部のヨハネ・パウロ修道院から歩いていける語学学校で勉強中です。6月からはペルージャに移動して語学を本格的に勉強します。本部では、まだ英語で話し合っているそうですが、ペルージャに行けばイタリア語だけを話すようになるでしょう。彼のいる場所は、とても歴史も環境もいい場所です。ウォード神父も来住神父もここで思いで深い勉強の期間を過ごしました。松本神父はシカゴのCTUです。現在新校舎を建築中で、以前の駐車場に新校舎がたち、古い校舎は、リニューアルするため、構内に住んでいた御受難会の共同体は立ち退きで、一軒隣に転居します。最終レポートで悲鳴を上げていますが、もう夏休みですので、お父さんが米国にくるので一緒に旅行して6月ごろ帰国します。8月には第4回AYD香港にも参加します。成長を祈ります。
1

2006/5/14

Bro 鹿山さんの病気回復のためにお祈りください。  管区長通信

ブラザー鹿山さんは、4月29日に池田教会で行われた河野稔さんの結婚式に参列するために大阪に来ましたが、梅田で鼻血をだして動けず、結婚式に参列できませんでした。その後宗像に戻って医者に見てもらうと、たいへん心拍数が低いため、入院して検査が必要となりました。入院して検査すると夜中の心拍数は40をきることがあり、第一級身体障害者の資格があるほどの重症ということがわかりました。急遽ペースメーカの手術を受けることになり、五月十二日岡垣記念病院で手術し成功しました。皆様のお祈りをお願い申し上げます。
0

2006/4/30

Brother Delegate  

ブラザーの代表選挙 以下の5名から 2名、 (1)代表候補 (2)代表補候補を
選んでください。リスト以外の名前を選んだ場合は無効票となります。

Charles Merceica - SPIR (Australia)
Born in 1939, professed in 1966. Assignments have taken him to Papua New Guinea, India, Tanzania and currently is serving in Australia. Experience with house maintenance, mission experience, administration of facilities, farming.

Paul Yong-Kwon Kim - MACOR (Korea)
Born in 1952, professed in 1980. Former Provincial Treasurer, local superior and formation director and council member. Residing in China since 2000 as Superior of the initial insertion community in that country. Experience in the lay-apostolate through prayer circles, etc. Studied in the United States, Taiwan and China.

Matthias Jon-Jin Kim - MACOR (Korea)
Born 1955, professed in 1984. Former Provincial Treasurer, local superior and formation director and council member. Extensive construction experience both within the Province and for other religious communities. Delegate to the 1994 General Chapter from PASPAC.

Thomas Anamattathil Varughese - THOM (India)
Born 1968, professed in 1988. Past treasurer of the India vicariate, and council member. Involved with the National Association of Religious Brothers in India. Currently serving in Ho Chi Min City, Vietnam in the initial insertion community in that country.

John Man-Hong Min - MACOR (Korea)
Born 1961, professed in 1992. Has extensive experience in Retreat House ministry, currently serving as the administrator of the Gwangju Retreat Centre. Interest in traditional Oriental Medicine and acupuncture. Studied theology, counselling and Oriental Medicine.

次のように書き記してください。 
1. Brother John Smith (choice as delegate)
2. Brother William Jones (choice as alternative)

0

2006/4/13

A Happy Easter to you!  

主の御復活 おめでとうございます
 
 春の嵐が激しく続きました。 闇が打ち払われて 明るい光に包まれています。
 桜の花やミツバつつじの花が咲き、森の木々は新しい息吹に満ちています。
 
 皆様 洗礼の恵み、新しい復活の命を生きる喜びを保ちましょう。
0

2006/4/5

結びの祈り  管区長通信

わたしたちの父である神よ
わたしたちは、あなたの愛のもっとも偉大な業、
もっとも驚嘆すべき業、
あなたの御子、わたしたちの主
イエス・キリストの御受難
を感謝します。

わたしたち全会員が、
水と聖霊によって
新しいいのちに再生され
教会の生きているメンバーとなりますように。

わたしたちは、創立者、
十字架の聖パウロの生涯と模範を
あなたに感謝します。

十字架の足元で
御受難会のファミリーの会員すべてと共に
父であるあなたに 謹んでお願い申し上げます。
どうか、この総会への準備期間中
聖霊の賜物をわたしたちにお与えください。

刷新と回心へとわたしたちが開かれますように
わたしたちが時のしるしを認めることができますように
知恵によってあなたの御心を識別できますように
お願い申し上げます。

悲しみのおとめマリアょ、
教会の母、
奉献生活の模範、
御受難会の諸聖人と共に
わたしたちのためにとりなしてください。
アーメン
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ