2007/10/28

ローマの山内神父  

パショニスト本部のウエブにローマ本部で勉学中の学生たちの紹介記事がありました。
掲載されたグループ写真の中に山内十束神父がいます。いい思い出になりますね。
詳細はそちらにリンクしてみてください。
NEW GROUP OF UNIVERSITY STUDENTS
at the Generalate of Sts. John and Paul
Names and studies
http://www.passiochristi.org/
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/10/18

黙想指導終了!  スケジュール管理

10月になっても暑さが続きます。10月11日から18日の今日まで、私は仁川に本部修道院があるショファィユの幼きイエズス修道会の黙想指導で留守をしていました。25名のシスター方と一緒に祈りをつづけることができ恵み深い8日間を無事に終了しました。神に感謝!黙想会では、毎回新しい気づきがあるもので、今回は「旅には袋も二枚の下着も、履物も杖ももって行ってはならない」(マタイ10:10)、「・・・下着も二枚はもってはならない」(ルカ9:3)、「下着は二枚着てはならない」(マルコ 6:9)の箇所で、マルコの箇所を解説していると、「二枚着てはならない」というのは、着たきりすずめなのだろうか・・・着替えも持たずに旅に出かけ、もう一枚持っていれば、兄弟に分けるべきだが、ここでは、持っているものではなく、自分自身のからだを分かち合われたイエスのように自分を分かち合うべきなのだと・・・諭される。弟子はイエスの着物だけを着る覚悟がいるということなのだ・・・ わたしも自分の勉強した知識や経験をわかちあってきたけれども、それらは何の肉にもなっていないごみ屑のようなもので、紙切れの山の中で過ごしている自分をすごく醜いものと感じた。祈りの中で人々の命に触れ、イエスの命を分かち合うために自分を与えるとはどういうことなのだろう・・・ この夏はあまりに暑かったから、夜と昼が逆転した精神的に不安定な人たちが電話をかけ続けてきたが、夜中に、2時、3時、4時、5時、6時と電話がかかってきて私の携帯には、7月後半から9月前半まで毎晩の留守電が20本、それを越えると普通電話にかかってきて眠りを中断させられた。あまり電話をかけられると、しだいに怒鳴ったり、無言で受けたり、自分のこころは恐ろしい。相手には気の毒だが、イエスの時代にはなかった文明の利器は、あらたな悪霊の道具として、人間関係や人格を破壊する・・・わたしは忍耐できなくなった。 ようやく涼しくなって夜の電話はやんだ。わたしの知識や経験や宗教的な修行はこの人たちの前では無力であることを思い知らされた。「下着を二枚着てはならない」これは、無関係なことばのようだが、関連性が大いにあると気づかされたところです。
0

2007/10/6

10月8日 TEN TEN まつり (宗像)  訪問記録

体育の日に行われる恒例のてんてんまつりが近づいていますが、台風15号が接近中です。心配です。
0

2007/10/4

PASPAC 会議 韓国  訪問記録

韓国で 9月16日から21日まで ローマの総長と顧問を迎えてPASPAC(アジア太平洋地区会議)が開かれました。ローマ本部のウエブにも少し掲載されています。総会議でのRestructuring(制度の再構築)のテーマをさまざまな分野で話し合った模様です。日本から来住管区長、國井第一顧問が参加して、これまで韓国、日本からの反応が無かったという評判を覆し会議を主導する発言を活発にした模様です。写真を転載します。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/10/3

テンテンまつり近づく  

10月8日(月)恒例の福岡黙想の家のテンテンまつりが開かれます。以前は10月10日の体育の日は固定祭日でした。それと天と天、それに転々と点点などの連想を使ったネーミングです。鈴木忠一院長とザビエル聖堂再建プロジェクト集団が手を携えて大きな人の輪を広げています。バザーではなく一大イベントです。私の宗像での思い出の場所です。クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/10/3

女子御受難修道会来日50周年記念祭  スケジュール管理

10月23日 午後 宝塚女子御受難会 悲しみの聖母修道院では 来日50年を迎え、感謝の祝典を開くことになりました。 ミサは 2時からです。 
 1957年悲しみの聖母の記念日9月15日に横浜に上陸しました。引率は、ウォード・ビドル神父とデニス・マックガワン神父で、貨物船で客室の乗員人数は12人だけでした。4名のシスターと二人の司祭、それにプロテスタントの宣教師家族が乗客でした。船長は大のキリスト教嫌いで、宣教師がなんとか布教しようとしたが無駄だったそうです。10日ほどの航海で日本に到着しました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ