2008/10/20

ジャスティン神父の死  

十字架の聖パウロのお祝いの日、夕食後早めに部屋にもどって眠りに疲れたジャスティン神父は、朝のミサに来なかったのでブラザーが部屋を見に行くと、すでに亡くなっておられました。国井神父と修錬が同期で、韓国の御受難会創立に派遣されたポーランド系米国人でした。霊的なセンスが豊かで、言葉が分からなくても相手の心は読めるとおっしゃっていました。冥福を祈ります。
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ