2012/7/4  1:31

ウィンドミルベイビー   


 とても観てほしいお芝居があります。「ウィンドミル・ベイビー」明日から3日間、北区は王子駅前の「北とぴあ」のペガサスホールで上演されます。大方斐沙子さんという女優さんの一人芝居で、僕も出演します。今回で3度目の再演。今週が東京、来週は福島でもやります。
クリックすると元のサイズで表示します

 「ウィンドミル・ベイビー」はオーストラリア人のデビッド・ミルロウという作家が書いたオーストラリアのアボリジニー現代戯曲で、差別という人間の歴史の中で明るく、強く、つつましく、人を愛して、自然を愛して生きた一人のアボリジニーの女性(メイメイ)の悲しくも可笑しい物語。大方さんは老婆のメイメイとしてお話を語っていくのですが、一人で12人の登場人物を演じます。

 僕が紹介するのもおこがましいのですが、大方さんは大ベテランの舞台女優さんです。映画やドラマでも活躍されています。もうすぐ73歳で1時間40分を一人で演じきるエネルギーにまず驚くのですが、それ以上に役者ってすごいぞって思わせる俳優さんなんです。とっても可愛らしくて小さい体なのに芯の強さは秘めていて、嘘がなくて、媚びてなくて、自然にそこにいられる人です。こんな説明じゃ全然足りないのですが、とにかくすごい。

 僕は物語に沿って歌ったり、ウクレレを弾いたり、いろいろ叩いたり鳴らしたり、時々芝居に絡んだりする役ですが、まるでライブをやっているように毎回新鮮で楽しいのです。芝居もライブと同じ。今日、ゲネプロを終えて改めてすごい芝居だなと思いました。大方さんの台詞一つ一つに感動。明日初日だっていうのにまだ体が興奮していて眠れません。

 女性は強いなと思います。男の僕が言うのもなんですが、この社会はバカな男がレールを引いていて、結局今だに男が生きやすいようにできている。女性は昔からそんな男の社会のしがらみを軽いステップでかわしながら、強くたくましく生きて新しい命を生んできたんだなと思ったら、とても愛おしく思えました。大方さんの芝居はそんな気持ちにさせてれます。ぜひたくさんの人に観てほしいです。石原慎太郎と野田総理は必修です。

演劇企画集団 楽天団公演 アボリジニ現代戯曲連続上演vol.7


◎『ウィンドミル・ベイビー』
   作:デービット・ミルロイ
   演出 : 和田 喜夫
   出演 : 大方斐紗子
   演奏 : バロン

【東京公演】 

日時/7月4日(水)19:00開演         
   7月5日(木)19:00開演         
   7月6日(金)15:00開演


会場/北とぴあ・15F ペガサスホール
   東京都北区王子1-11-1 03-5390-1100
  (JR京浜東北線王子駅北口徒歩2分、東京メトロ南北線王子駅5番出口より直結、都電荒川線王子駅徒歩3分)

料金/前売り3,500円 当日4,000円 (日時指定・全席自由席)    

受付開始/各回とも開演の1時間前 開場予定/各回とも開演の30分前 上演時間/1時間45分程度の予定

◉お問い合わせ・お申込み◉ 
橋本新企画 TEL&FAX03-3905-2959  橋本TEL 080-5095-7457 &080-4075-2884
E-mail t2oji@yahoo.co.jp
北とぴあ一階チケット売り場でも発売中

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○  ○ ○ ○ ○ ○ ○

【福島公演】

日時/7月12日(木)14:00開演

会場/福島テルサ
   福島県福島市上町4番25号 024–521–1500

料金/3,000円(全席自由)

受付開始/開演の1時間前 開場予定/開演の30分前 上演時間/1時間45分程度の予定
  

◉お問い合わせ◉
福島演劇研究会 TEL:024-523-0838

http://www.theaterguide.co.jp/search_result/paid/detail.php?id=25063

2012/4/18  22:28

I still find hope  

 色々ブログに書きたいんだけど、まずこれを書きたいな。

 Facebookで「報道特集・原発の再稼働に対してどう思いますか?」っていうのがきた。すぐに「反対です」って答えたんだけど、それと同時に最近思ってることがどんどん言葉になったのでここに書きます。

 僕、バロンは再稼働に反対です。この1年間ずっと考えてきたけど、やっぱり原発には反対です。原発はすべて廃炉にむかうべきです。もっと前から考えて声に出すべきことでした。2月に原発都民投票の受任者になって署名も集めました。あの署名は都内で34万筆集まって、今は都で審査されています。議会に持っていくのはこれからです。行く末を見守りたいと思います。

 そもそも原子力って何だろうと思っていろいろ読みました。「よくわかる原子力」っていうサイトがありました。とてもわかりやすく、原子力についての正確な情報がマイナス面も含めて公正に載っていると思います。 http://www.nuketext.org/index.html

 とてもよくわかりました。
 
 そもそも原子力の歴史は1938年、ドイツのオットー・ハーンとリーゼ・マイトナーという科学者がウランの核分裂を発見したことに始まったそうです。ウランが核分裂すると、複数の中性子が放出されて、それが他のウラン原子に当たって核連鎖反応と呼ばれるものが起こるそうです。動きの遅い中性子を利用すれば制御できる反応、速い中性子を使えば爆発性の反応が得られる。「遅い中性子を利用した制御できる反応」とは原子炉での反応、「速い中性子を使った爆発性の反応」とは原子爆弾のことでした。

 核連鎖反応の発見そのものが人類の滅亡につながるとは思いません。人間の果てしない好奇心によって、科学の発展の過程で生まれたのだから、それは自然なことだったのだと思う。

 でも原子力科学の発展のためにこれ以上地球上の命が脅かされるべきではないです。もう危ないということは十分検証された。このままもっと安全な原発を作ろうとすることよりも、原子力エネルギーはもういい、もっと根本的に安全でそしてクリーンなエネルギーを作ることに知性を注ぐほうが人間的な科学の発展があると思います。

アインシュタインの言葉
「知性は方法や道具に対しては鋭く鑑識眼を持っていますが、目的や価値については盲目です。」
「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法ない。」

 確かにその通りでした。目的や危険性を知る前に作ってしまって、使ってみたら多くの命が奪われてしまった。人類がまだ成長できる余地があるとしたら、それはまずは原発を諦めることだと思う。今の現実をしっかりと受け止めて二度と同じ過ちを繰り返さないことだと思います。

 人間は本当の安全というものを本能で知っているはず。母体にいた時から何が一番安全かわかってるはず。作られた安全には罠があるんです。もっと体と心で考えたい。人間が持っている本能と理性を信じたい。

 利権とかで決めるのはもうやめていいんじゃないのかな。そんなことの為に死にたくないよね。経済。経済はもちろん大事だよ。よくなったほうがいいよ。でもずっとみんなが儲かる経済なんかないでしょ?バブルは崩壊するんでしょ?原発はいらないと思える人が働く世の中の経済効果のほうが僕はよっぽど興味があるよ。

 火力発電のために原油調達が問題になるなら、軍事で威嚇するよりも外交をもっとがんばってくれよ。やっぱり一番大事なのは話し合いでしょ。殴ったら殴られるんだって。アメリカ!!!

 電気が足りないならみんなで考えて、ピークの時は節電すればいい。そもそも足りてるんでしょ?社会的な弱者やお年寄りが困るなら、困ってない人が手を差し伸べる。人間の最大の武器は優しさだと思う。

 地震が起こった時、みんなで助け合った。今でも助け合っている。人間はやっぱりすごいと思う。日本っていい国だと思う。この世に生まれてきてよかったと思う。

 だから原発には反対なのです。再稼働に反対なのです。

 先週の金曜日、4月13日、国会議事堂前駅すぐ外の首相官邸前で大飯原発再稼働反対の抗議に参加してきた。中野のカルマという無国籍料理カフェで知り合った友達に教えてもらって行ってみました。雨が降る中、多くの人が都内以外にも全国から集まり、抗議していた。びっくりしたのは知り合いがたくさん参加していたこと。とても嬉しかった。抗議の間、絶え間なく「原発反対!」「再稼働反対!」「廃炉!」の声が国会議事堂の空に鳴り響いた。僕も一緒に「原発反対!」「廃炉、廃炉!」って声にだして叫んだ。あの場にいると、どんどん怒りがこみあげてくる。こんな事は今まであまりなかった。参加してよかったと思う。自分の立ち位置がはっきりしたから。

クリックすると元のサイズで表示します

 僕にとって、音楽を作ったり、詩を考えたり、コメディーを作ったりする時にイメージを膨らませることは、原発のない世の中をイメージすることと、感覚的にまったく同じ。とても自然なこと。そしてこれは、今までに出会ってきた数多くの愛すべき人たちのおかげです。感謝します。

 中野のカルマで知り合った友達は「なのはなこどもプロジェクト」という活動をしています。http://nanohana-kodomo.jimdo.com/ 応援してます。

 その友達が教えてくれたいい言葉。

 「I still find hope」

 原発反対だね!



2012/3/15  12:48

小池アミイゴさんの個展  出来事

 
 一昨日、3月14日はアミイゴさんの個展「東日本」の最終日。青山まで行ってきました。 


クリックすると元のサイズで表示します

 
 小池アミイゴさんに出会ったのは何年くらい前かな。あの頃からアミイゴさんはいつもランニングウェアで、年齢不詳で、音楽の話が好きで、もじゃもじゃヘアーで、口髭で、目がキラキラしてました。一体何者なんだろうと思っていました。 

 本業がイラストレーターだと知ったのはしばらく経ってから。

 バロンと世界一周楽団のライブを観てくださって、ご自身の企画ライブOurSongs「にじいろの花」に誘ってもらったのがきっかけで、ぐっと近くなったような気がします。

 青山、西麻布辺りもアミイゴさんきっかけでよく行くようになりました。去年の7月にライブをやった青山Cay、12月にライブをやった西麻布の本屋&カフェRainy Dayもアミイゴさんに紹介してもらいました。僕はいつも高円寺ばかりにいるので、渋谷からむこう側は中々行く機会がなかったのですが、行ってみると実はとても親しみやすい街で、そもそも働いてる人がほとんど青山や西麻布の人じゃなかったり、とっても親切で気さくな感じなんです。

 アミイゴさんの個展をやっていたのはSpace Yui

 大好きな映画『8 1/2』の名前が店名の美容院が向かいにある白くてかわいらしいギャラリー。

 そこにアミイゴさんが東日本で観た風景がありました。アクリル絵とスケッチの数々。

 美しい。優しい。でもそれだけじゃない、観る人と東北との距離をぐっと埋めてくれるような、そんな絵でした。

クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します

 「東日本」という言葉を聞く時、その言葉からイメージされるものは、もう今までの東日本のイメージではなくなったのかもしれない。でも東日本はやっぱり東日本でしかない。今でも、そしてこれからもずっと「東日本」。この島国の、あのあたりにいつもある、あのやさしい風景。誰もが心の中にもかならず置いているあの風景。

 そんなことを感じさせるアミイゴさんの個展でした。

 アミイゴさんがこの絵の数々を短期間で描きあげたパワーもすごいと思う。この不況の中、イラストレーターの仕事がどんどん厳しい状況になっていく時に、なかなかあの量は描けない。あの美しい絵の中から少しだけアミイゴさんの「コノヤロー」っていう叫びが聞こえた気がしました笑。

 表現することと生き方は決して切り離せないんだな。教えてもらった。

 そしてもっともっともっと‥‥ 想像することも。

 
 今週末は僕も気仙沼へ行きます。アミイゴさんも行くらしい。会えたらいいな。

 5月9日、10日は青山Cayでバロンと世界一周楽団のワンマンライブ2days。アミイゴさんにはPAとイラストで手伝ってもらえることが決まりました。お楽しみに。

 僕が一番好きな絵を最後に。

クリックすると元のサイズで表示します
福島

小池アミイゴさんのブログ


 

2012/3/11  14:07

3月11日  

こんにちは。

昨日は座・高円寺での「夕やけハミングSHOW」ご来場ありがとうございました。

今日は晴れましたね。

家を出てすぐに見える空。

出かける時に見るこの空が大好きです。

この空を見ながらいつも思います。「今日も楽しく」って。

クリックすると元のサイズで表示します

1年前のあの日から毎日思ってること。

「今日も楽しく」。

生まれつき、前向きで楽観で気まぐれで、自分勝手です。

好きなことしかやっていません。

自分に何ができるか。

色々考えたけど、結局今日も思います。僕は今まで以上に自分の生き方を楽しむことなんだなと。

日常のあれこれも、音楽も舞台も。

「今日も楽しく」












2011/12/8  12:47

東北へ  出来事

 
 来週また福島と仙台へ行く。また行ける。3・11後、東北へ行けば行くほど、また行きたいなと思う。

 意識的になのか無意識なのか、自分でもよくわからないが、また行きたいという気持ちだけが一人歩きして僕の行動を支配しているような気がする。なんでだろう。色々な意見があるけれど、僕が東北の被災地へ行きたいと思うのはやはり人に会いたいからだ。
 
 11月19日、20日も福島の南相馬へ行ってきた。今回はBetty Angelicaというバンドのボーカルで友達でもあるハニーが誘ってくれた。福島市出身の彼女は東京に住みながら、瓦礫撤去作業のボランティアも定期的にやっていて、夏にも一緒に南相馬の避難所へ行ったのでした。

 人との接し方というのは様々だけど、ハニーと行動しているとそんな手もあったのかと思うことが多い。

 夏に一緒に行った時も面白かった。軽トラにDOSA CIRCUS(どさサーカス)と描かれた看板と旗を掲げて避難所にのりこみ(もちろんアポとってます)、避難所の外で出前縁日という名目でビニールシートを広げて無料の輪投げ、水風船、ジュースとお菓子も配ってその横で生バンドがライブをやってハニーや僕が歌って踊る。

 いきなり祭りが始まる感じ。ちょっと強引なやり方で、最初はどうなんかと思ったが、避難所の子どもや家族には予想以上に喜んでもらえた。まさにどさ廻りスタイル。結果とても楽しかったのです。あのやり方はもしかしたらサーカスの原型なのかなと思った。ハニーは東北の被災地だろうと関東だろうと海外だろうと関係なく同じことをやれる人だと思う。やっぱりアイディアが一番大事だと思う。

 今回のどさサーカスは避難所もほとんど閉鎖されていたり、もう冬なのでさすがに外ではやらなかったが、基本は同じスタイルでどさどさ廻りました。ハニーのブログにいい写真がいっぱいあるので是非観てください。


 初日は早朝に福島市へ到着、さらに川俣町へ、川俣の昆(こん)さんに運転をお願いして飯舘村を通って南相馬市へ。飯館村はまさに無人でした。南相馬での会場はもと映画館「朝日座」。古くてレトロ好きな僕にはたまらないあの建物。大正時代から残っているらしく、壁には昔の映画のポスターなどがずらりと貼られ、わくわくする場所でした。映写室がよかったな。

 ロビーで輪投げと型抜き、焼きそばや焼きいもをやりながら、映画館のステージでライブ。小さいプロジェクターを使ってもちろん映画も上映しました。この日は生憎の雨でしたが、家族連れで来てくださった人々にたっぷり楽しんでいただけました。僕らも楽しかった。パンダのとし君大活躍。

 夜は川俣に戻って昆さんのお宅で泊まらせていただきました。

 ハニーがツイッターで知り合ったという昆さん。あたたかく僕らを迎えてくださって、本当にお世話になりました。原発についての昆さんの意見も聞きながら、それぞれの思うことも言いながら、お酒も呑みながら、じっくり考えた夜でした。また行く理由ができました。昆さんありがとうございます。川俣はイルミネーションが有名で夜は町中がイルミネーションの灯りでとてもきれいだったな。シャモも美味しかった。

 2日目は南相馬の銘醸館でライブ。もとまつりという工作などのワークショップを中心とした大人も子どもも一緒に楽しめイベントをやられている「もとまつりまちづくりラボ」さんと一緒にどさサーカスをやったのです。

 とても雰囲気のいい場所をお借りして、縁日とライブ。

 今回初めての試みだったのは作詞・作曲のワークショップ。

 今回、ハニーの他にヒデさんもこの南相馬行きには準備から携わってくれた。ヒデさんは都内下北沢440を中心に「When you're smiling」という子連れの大人達ための昼間音楽イベントを定期的に行っていて、僕も何度か出演させてもらってるのですが、今回の作詞・作曲のワークショップにはいろいろアイディアをくれたのでした。

 「今福島に住んでいる人の心の声が聞きたい。それを共有できる時間を作りたい。そして言葉を集めてそれを歌にしたらどうだろうか。」そんな思いつきから始まったこの試み。

 思った通り大変でした。さすがに作曲は難しいと思われたので、曲だけはあらかじめこちらで用意して、歌詞は参加者のメッセージを使おうということになりました。歌詞を書いてもらうために、クリスマスツリーに七夕の時のような短冊をひっかけながら歌詞のもとになる言葉を集めました。
 
 書いてもらったのは、南相馬の好きな場所、最近あったよかった事、願い事の3つ。いい言葉がたくさん集まりました。アレンジは僕らでやりました。

ハニーのブログより抜粋

「ねことみなみそうま(仮)」歌詞
1 みなみそうま みちのくこはんこうえんで サイエンスショー ながれぼしがみえた
2 みなみそうま みどりがいっぱい まごのせいちょう うちにかえりたい
3 みなみそうま みどりのなかで カルタであそび 3じにおやつ
4 はらまちサンタイム ブランコにのって うしろをみたら ねこがいた
  ラララララ〜

 できた歌がこれです。http://bettyangelica.com/dosasound.html

 本当にいい時間でした。人の心の声は実際に会って話してみて初めて少しだけわかるのかもしれない。南相馬の人々に会ってそう思いました。ツイッターやネットだけの情報なんかで理解できない。 行ってよかった。引き続き来週行きます。まずは友達になるところから。

 一緒に行った人紹介、どさサーカス団長ハニー、バロン、Hideさん(when you're smiling)、昆さん(川俣町)、宮坂洋生(ベース/Kaurismaki)、マコト(バンジョー)、タカハシペチカ(オモチャの楽器/ショピン)、としくん(パンダ)、モンリー(ドライバー、録音)、ゆうぞう(写真、ドライバー)。みんなありがとう。また行きましょう。行きたい人は連絡ください。いろいろな形でこれからも被災地へ行きます。

 東北には諦めずに踏んばっている人がまだ沢山います。純粋な人にはいつも救われる。強い人には勇気づけられる。
おもしろい事言う人にはまた会いたくなる。東北弁はなごみます。だから僕は行くんだと思う。



 来週の東北ライブはこちら
 
 12月17日(土)昼モリノネ
 福島県福島市森合「正眼寺」にてプロジェクト福島のコラボレーションイベントに参加。
 お昼過ぎからライブします。
 バロンwith熊谷太輔

 12月17日(土)夜 山の中のジャズバーウエットストーン
 福島県伊達市梁川町舟生タラ朴97 電話 090-3367-5248/024-577-6413
 バロンwith熊谷太輔 チャージ1000円

 12月18日(日)昼dailly flowers cocoro
 福島市早稲町の花やです TEL O24-573-2033
 13時半頃から
 クリスマスライブ 1000円/ドリンク+おやつ付き(子ども無料)
 バロンwith熊谷太輔

 12月18日(日)夜 仙台 なごみ処「くも」
 「なごみ処くも」 〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町1-3-11; TEL : 022-215-7503.
 20時頃から 投げ銭ライブ バロンwith熊谷太輔

 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ