2013/7/21  9:46

センキョイコ  

本日参議院議員選挙投票日

20代の頃は、自分のやりたい事もぼんやりしてたから、選挙行こうって言われてもどうも「ピンとこなかった」。自分の事で頭がいっぱい。無我夢中だった。

30代になって、自分の周りを見渡すと、みんな仕事に追われてる。夢はある。でもそんな自分の生活と選挙がどう結びつくのか考える余裕がなくまだ「ピンとこない」。

40代、50代の周りの先輩たち、面白い。社会の仕組みもわかってる。でもとにかく政治や選挙というものに関わる事に嫌悪感を抱いている人が多くて「ピンときてない」。老眼も始まってきて「ピンとも合わない」。

60代 親の世代、一番選挙に行く世代だけど、昔のようにピンピンとは身体がついてこなくなった。

 去年の暮れの衆議院議員選挙が終わって気づいた事は、脱原発なんて当たり前だろう、みんな選挙行くだろうって言って盛り上がっていた自分が、実は世間ではびっくりするほどのマイノリティーの中にいたって事なんです。自分が間違ってるんじゃないかと思うほど、世間というマジョリティーの壁は厚い。そしてそのマジョリティーの壁が国を固めていく。壁の中は沈黙の世界。

でもそれでも、どんな世代にも、選挙だけは行こうっていう人が周りにいる事が大事だと思った。自分はそうありたいと思った。考え続けて面白くありたいと思った。

色々な政党があっていいと思うし、色々な政治家がいていいと思う。国民に選ばれた、色々な考えをもつ政党や政治家が真剣に議論をして、国の進路を決めていくのが一番いいよ。

だから自民党だけの政治にだけはしてはいけないって思う。自民党にストップって言える政治家や党がどうしても必要なんだと思う。

原発、TPP、憲法9条、消費税、生活保護、開発、就職難、ほかっておいたら大変な事になる。

かっこいいかっこ悪いじゃない。

夢があるなら、守るべき大事な人がいるなら、自分の住んでる町が好きならさ、「もっと愛せよ」って思う。

見ないことは簡単。考えることをあきらめればいいだけ。でもそれじゃつまんないよな。僕は表現がしたい。今の自分と、世間をつなげる表現がしたい。

2011年 3・11の福島であんな事故が起きても、国も世間もほとんど変わらなかった。でも自分は確実に変わった。それはたしかな1歩。まずは近所の人や、周りの仲間との素敵な人間関係を作ることからかな思う。なんとか楽しいことを続けていきたい。楽しいことをやれば人の心は開く、そこで何が生まれるんだろう。ボードビルアゲイン!

センキョイコ

https://soundcloud.com/baron-nakazawa/cqip6i0aspy0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ