2013/2/20  13:29

保育園不足について考えてみました  出来事

 昨日、2月19日の午前中に、杉並区役所で初めて区議会を傍聴してきた。杉並区で大問題となっている認可保育園不足について、山田耕平議員が区長にするどい質問。傍聴席には認可保育園に入れず、待機児童を持つお母さん達が雪の中たくさん集まっていた。僕の友達の子どもも待機児童となった。その辛さぐらい、子どもがいない自分にだってわかる。

 区議会の後に、杉並区役所前で保育園を増やしてほしいと訴えるお母さんたち。待機児童は今、区内に1800人もいるんだって。働きたい女性、子育てしながらも自分の人生に夢を持ちたい女性。すぐに署名した。

クリックすると元のサイズで表示します
区役所前の抗議

 自分は無認可保育園育ち。入れただけでもラッキーだったのかな。無認可でも素晴らしい保育園はたくさんある。いい保育園だった。ずーとただただ遊んでた。たんぽぽ保育園。でも無認可だから保育料は高かったんだと思う。公立と私立。収入の差がある以上これはいつまでも大問題。

 子育てについては色々な人の考え方があるけど、個人的に思うのは、できれば子どもは、なるべく親と一緒にいる時間が長いほうがいいという事。田舎なら昔は家族も多かったし、おじいちゃんおばあちゃんも近くにいたからそれが可能だった。近所のおじさんやおばさんにも悪さするとよく叱られてた。都会だって親に時間とお金の余裕があるなら保育園に入れなくてもいいのかも。でもそれは今の日本社会では無理。

 サービス残業ばっかりさせられて、そうしないと働けない状況で、どうやって充実した子育てができるってんだ。そりゃ少子化にもなるよ。働きながらもっと子育てに時間を費やせるような仕組みがまったくできてないんだ。カナダでは、仕事が朝は早く7時から、午後3時には終わって後は家族と過ごすんだって。

 僕は好きなことを仕事にして何とか生きてる。幸せな事です。いつか子どもも欲しいと思ってる。子どもができた時は何を思い、どうやって生きていくんだろう。人間らしく生きるってなんだろうと思った一日でした。多分これは当事者と行政だけが考えてもだめなんだ。男も女も老いも若きも、地域の人みんなが自分の事として考えなきゃいけないんだな。原発と同じ。お母さんがんばれ。お父さんもがんばれ。行政は耳を傾けて。思想だけじゃだめだ。思いやりがないと。認可保育園がすぐに増えることを願います。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5261192.html 「「保育園に入れろ」 待機児童の母親が怒りの声」TBS News i

2013/2/14  11:23

食べられたチョコレートの思い出  出来事

バレンタインで毎年思い出すのは小学2年生の時。初めて女の子(藤原さん)からチョコレートをもらった時のこと。30cm×30cmぐらいの大きなミッキーマウスのチョコレートでした。すげー嬉しくて、でもすげー恥ずかしくて、家に帰ってすぐに机の引き出しにしまっていました。1週間ぐらい、家族の誰にも言わずに隠していたつもりでした。たまにこっそりのぞいては、いつ一人で食べようか心待ちにしていました。1週間後、ついに家に誰もいないタイミングがやってきました。夕方、こっそり引き出しからミッキーチョコの箱を出しました。

チョコを出してみると何だかおかしい。軽い。ミッキーを包装してあった銀紙があきらかにおかしい。やわらかい。

開けてみると中は空っぽ。銀紙はそれはそれはきれいに剥がされており、形をくずさないでまた箱にしまってあったのです。

「ぎゃー」

生まれてから2度目の「ぎゃー」。

驚きのあまり銀紙を口に入れて食べようとしました。

「食べられた!!!」

真っ先に姉の顔が浮かびました。どっちだ?(2人姉がいるので)。帰ってきた2番目の姉に聞くと、「妹じゃない?」(妹が1人います)。でも妹は当時4歳。おかしいと思いながらも妹に聞くと、「ねぇちゃんとたべたの」。

「ぎゃーやっぱり」

姉にまた問いつめましたが、どちらも「しーらない」と言い張りました。妹はずっと「おいしかった」。

今だ犯人がはっきりしないまま、姉妹の記憶からは消滅し、時効となってしまったバレンタイン事件、毎年僕は思い出します。

藤原さんにはちゃんとお返ししました。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ