2011/12/8  12:47

東北へ  出来事

 
 来週また福島と仙台へ行く。また行ける。3・11後、東北へ行けば行くほど、また行きたいなと思う。

 意識的になのか無意識なのか、自分でもよくわからないが、また行きたいという気持ちだけが一人歩きして僕の行動を支配しているような気がする。なんでだろう。色々な意見があるけれど、僕が東北の被災地へ行きたいと思うのはやはり人に会いたいからだ。
 
 11月19日、20日も福島の南相馬へ行ってきた。今回はBetty Angelicaというバンドのボーカルで友達でもあるハニーが誘ってくれた。福島市出身の彼女は東京に住みながら、瓦礫撤去作業のボランティアも定期的にやっていて、夏にも一緒に南相馬の避難所へ行ったのでした。

 人との接し方というのは様々だけど、ハニーと行動しているとそんな手もあったのかと思うことが多い。

 夏に一緒に行った時も面白かった。軽トラにDOSA CIRCUS(どさサーカス)と描かれた看板と旗を掲げて避難所にのりこみ(もちろんアポとってます)、避難所の外で出前縁日という名目でビニールシートを広げて無料の輪投げ、水風船、ジュースとお菓子も配ってその横で生バンドがライブをやってハニーや僕が歌って踊る。

 いきなり祭りが始まる感じ。ちょっと強引なやり方で、最初はどうなんかと思ったが、避難所の子どもや家族には予想以上に喜んでもらえた。まさにどさ廻りスタイル。結果とても楽しかったのです。あのやり方はもしかしたらサーカスの原型なのかなと思った。ハニーは東北の被災地だろうと関東だろうと海外だろうと関係なく同じことをやれる人だと思う。やっぱりアイディアが一番大事だと思う。

 今回のどさサーカスは避難所もほとんど閉鎖されていたり、もう冬なのでさすがに外ではやらなかったが、基本は同じスタイルでどさどさ廻りました。ハニーのブログにいい写真がいっぱいあるので是非観てください。


 初日は早朝に福島市へ到着、さらに川俣町へ、川俣の昆(こん)さんに運転をお願いして飯舘村を通って南相馬市へ。飯館村はまさに無人でした。南相馬での会場はもと映画館「朝日座」。古くてレトロ好きな僕にはたまらないあの建物。大正時代から残っているらしく、壁には昔の映画のポスターなどがずらりと貼られ、わくわくする場所でした。映写室がよかったな。

 ロビーで輪投げと型抜き、焼きそばや焼きいもをやりながら、映画館のステージでライブ。小さいプロジェクターを使ってもちろん映画も上映しました。この日は生憎の雨でしたが、家族連れで来てくださった人々にたっぷり楽しんでいただけました。僕らも楽しかった。パンダのとし君大活躍。

 夜は川俣に戻って昆さんのお宅で泊まらせていただきました。

 ハニーがツイッターで知り合ったという昆さん。あたたかく僕らを迎えてくださって、本当にお世話になりました。原発についての昆さんの意見も聞きながら、それぞれの思うことも言いながら、お酒も呑みながら、じっくり考えた夜でした。また行く理由ができました。昆さんありがとうございます。川俣はイルミネーションが有名で夜は町中がイルミネーションの灯りでとてもきれいだったな。シャモも美味しかった。

 2日目は南相馬の銘醸館でライブ。もとまつりという工作などのワークショップを中心とした大人も子どもも一緒に楽しめイベントをやられている「もとまつりまちづくりラボ」さんと一緒にどさサーカスをやったのです。

 とても雰囲気のいい場所をお借りして、縁日とライブ。

 今回初めての試みだったのは作詞・作曲のワークショップ。

 今回、ハニーの他にヒデさんもこの南相馬行きには準備から携わってくれた。ヒデさんは都内下北沢440を中心に「When you're smiling」という子連れの大人達ための昼間音楽イベントを定期的に行っていて、僕も何度か出演させてもらってるのですが、今回の作詞・作曲のワークショップにはいろいろアイディアをくれたのでした。

 「今福島に住んでいる人の心の声が聞きたい。それを共有できる時間を作りたい。そして言葉を集めてそれを歌にしたらどうだろうか。」そんな思いつきから始まったこの試み。

 思った通り大変でした。さすがに作曲は難しいと思われたので、曲だけはあらかじめこちらで用意して、歌詞は参加者のメッセージを使おうということになりました。歌詞を書いてもらうために、クリスマスツリーに七夕の時のような短冊をひっかけながら歌詞のもとになる言葉を集めました。
 
 書いてもらったのは、南相馬の好きな場所、最近あったよかった事、願い事の3つ。いい言葉がたくさん集まりました。アレンジは僕らでやりました。

ハニーのブログより抜粋

「ねことみなみそうま(仮)」歌詞
1 みなみそうま みちのくこはんこうえんで サイエンスショー ながれぼしがみえた
2 みなみそうま みどりがいっぱい まごのせいちょう うちにかえりたい
3 みなみそうま みどりのなかで カルタであそび 3じにおやつ
4 はらまちサンタイム ブランコにのって うしろをみたら ねこがいた
  ラララララ〜

 できた歌がこれです。http://bettyangelica.com/dosasound.html

 本当にいい時間でした。人の心の声は実際に会って話してみて初めて少しだけわかるのかもしれない。南相馬の人々に会ってそう思いました。ツイッターやネットだけの情報なんかで理解できない。 行ってよかった。引き続き来週行きます。まずは友達になるところから。

 一緒に行った人紹介、どさサーカス団長ハニー、バロン、Hideさん(when you're smiling)、昆さん(川俣町)、宮坂洋生(ベース/Kaurismaki)、マコト(バンジョー)、タカハシペチカ(オモチャの楽器/ショピン)、としくん(パンダ)、モンリー(ドライバー、録音)、ゆうぞう(写真、ドライバー)。みんなありがとう。また行きましょう。行きたい人は連絡ください。いろいろな形でこれからも被災地へ行きます。

 東北には諦めずに踏んばっている人がまだ沢山います。純粋な人にはいつも救われる。強い人には勇気づけられる。
おもしろい事言う人にはまた会いたくなる。東北弁はなごみます。だから僕は行くんだと思う。



 来週の東北ライブはこちら
 
 12月17日(土)昼モリノネ
 福島県福島市森合「正眼寺」にてプロジェクト福島のコラボレーションイベントに参加。
 お昼過ぎからライブします。
 バロンwith熊谷太輔

 12月17日(土)夜 山の中のジャズバーウエットストーン
 福島県伊達市梁川町舟生タラ朴97 電話 090-3367-5248/024-577-6413
 バロンwith熊谷太輔 チャージ1000円

 12月18日(日)昼dailly flowers cocoro
 福島市早稲町の花やです TEL O24-573-2033
 13時半頃から
 クリスマスライブ 1000円/ドリンク+おやつ付き(子ども無料)
 バロンwith熊谷太輔

 12月18日(日)夜 仙台 なごみ処「くも」
 「なごみ処くも」 〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町1-3-11; TEL : 022-215-7503.
 20時頃から 投げ銭ライブ バロンwith熊谷太輔

 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ