ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2013/11/28

銀座 ランヌンビンザンのベトナム定食   グルメ・クッキング

行きがかり上、日曜日の銀座でランチ。事前にネットで調べ、ふむふむわりと安いのもあるではないかと何店舗かピックアップしていたけれど、それらはすべて平日ランチだった!

/( ̄ロ ̄;)\ ノオッ! 事前調査すべてボツ。


というわけで、ぷらぷら歩いて見つけたこちら。どこの国旗?何語?わからないけど、いい雰囲気。入ろう。カルティエのウィンドウの豪華さにうっとりしてもそれはそれ。あ、そっちモードはさっき終わりました。自分の財布を開くならこういう感じ。いいねえ、味に期待が持てそう♪

クリックすると元のサイズで表示します

メニューは日本語だったので、ベトナム料理だとわかりました。

クリックすると元のサイズで表示します

飲んでびっくり。お茶がぬるかった!お風呂よりちょっとぬるいぐらい。そ、そうだね、冷たいものは体に悪いからね。食事の前に氷の入った飲み物なんていけないらしいよ。と、頭で理解しようとする異文化か。

クリックすると元のサイズで表示します

11:00〜17:00のランチメニューから、ベトナム定食(選べるおかず2種・ご飯・ミニフォー)880円をチョイス。おかずはキャベツと海老の炒め物と生春巻きにしました。手前のサラダは、和食でいう小鉢ってやつですね。

クリックすると元のサイズで表示します

フォーだいすき。スパイスやハーブはほどよく効いています。コリアンダー(ベトナム語でザウムイ)効いてます。

暑い国の料理はあまりに本格的な店だと、塩気が足りないと私は感じてしまいますが、こちらのお店は温帯の東京に合わせてくれていると思いました。

小さなグリーンサラダにはレモン汁だけをかけて食べます。ホント塩気がないけれど、ザウムイの香りで物足りなさはないかな?と、思った瞬間生唐辛子を奥歯で噛んでしまい、しばらくは味どころじゃありませんでした。ヒーヒー ε=( ̄□ ̄;)

クリックすると元のサイズで表示します

案内された席(カウンター)の目の前には神棚のような飾り。特等席だ。


お店のフェイスブックページ; https://www.facebook.com/LangNuongBinhDan


ベトナム居酒屋 Lang Nuong Binh Dan
東京都中央区銀座3-8-5


メニューで気になったのは「本日のチェー(おしるこ)」。おしるこに本日も明日も昨日もそんな。どうバリエーションがつくんだろう?と。サテサテhitomi、知るときは来るのでしょうか。



<後日の追記>
フォーとご飯の間にある野菜は、サラダでなくフォーのトッピングでしたかしらっ?おぉ、恥ずかしい。食べ方を知らない客だったかな。

0

2013/11/27

皇居前広場にて その2  ちょっとお出かけ

その1からのつづき

この日、銀座6丁目→東京駅→二重橋前→日比谷とU字形に歩きました。カメラを持っていると夢中で歩いてしまうけど、家に帰るとスネの前側が痛くなっていました。"/(´▽`*)

クリックすると元のサイズで表示します
和田倉門の前

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

日曜日は内堀通りがサイクリングロードになります。気持ちよさそう〜♪

これは、都民の健康に寄与するとともに、都民の憩の場である皇居の緑を排出ガスから守り、あわせて交通量の削減をねらいとするものです。警視庁HPより)

クリックすると元のサイズで表示します
馬場先門の前

夕方の光が少し黄色くてアメリカっぽく見えました。右側に写っている白い建物は明治生命館、キャロラインが皇居へ行くための馬車に乗り込んだところだそうですね。


空気も光もとてもきれいな日でした。(11月17日撮影)

0

2013/11/26

ケヤキの紅葉もきれいです。  いい気分♪

昨日の記事で「今年は強風や大雨がない」などと書き、投稿クリックした途端!ひゅーひゅーと横殴りの雨 ( ̄〜 ̄;)アレー。

ブログ記事は数日分下書きしてストックしてますが、昨日よりによってあの記事を出したために、おおうそつきになってしまいましたじゃん。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日の朝8時

クリックすると元のサイズで表示します
今日の朝8時

だいぶ幹が透けて見えるようになってしまいました。あれあれ、さみしいね。

まあいつかは落ちるものサ ┐(´∀`)┌。


さて、ケヤキの紅葉もいいですね!ケヤキの良いところは風が吹いたときに鳴る葉擦れの音、あと落葉後の冬の匂い。今はめったにできないけど、燃やしたときの匂いもいいんだ!

クリックすると元のサイズで表示します

好きだなあ。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、これは事務所脇の通路の真ん中にひょっこり芽を出したケヤキです。そのままでは草刈されてしまうので救出し、夏に鉢植えにして部屋に連れて帰っていました。上の写真は11月8日撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

そちらもいい具合に色づいてきました。部屋に置く鉢植えはこれまで常緑の亜熱帯植物ばかりでしたが、落葉樹もかわいいですね。これが冬に一度まるはだかになり、春に新芽が出てくるのが楽しみです。

クリックすると元のサイズで表示します
芹ヶ谷公園 my sky hole

映り込んでいる木もケヤキ。


里山のコナラ・クヌギもちゃくちゃくと色づいてきました。運転中はよそ見注意な季節です。

0

2013/11/25

いやほんと今年は桜の紅葉がきれいで  いい気分♪

今年の秋は強風や大雨の日がないですよね。

おかげで桜の葉の色付きがほんときれい。弘前城のお堀みたい。こんなの東京ではめったにないです。しっかり見とかなきゃ!

クリックすると元のサイズで表示します

も、ホントきれいだから。

クリックすると元のサイズで表示します

この木が生えているのは、私が通っていた中学校の外構部分。この木はわりと若い木。



ところで、ずっと前になるけどある沖縄の人が言いました。

「紅葉と言うけど、植物が枯れていく過程が美しいという感覚がよくわからない」

沖縄では植物とは一年中青々としているものだものね。それを聞いたときはびっくりしたけど、翻って私もイチョウやカエデには心の底から感動するけど、ブナ林の紅葉に同じくらい感動するには、もう少し青森に通うようかもと思うんだよ。

つまり感性は感動経験が磨いていくものなのだ。・・・ってことは、年を取るごとに紅葉がきれいに見えてしょうがなくなっちゃうってことじゃん!

だから私、今年やたらに感動してるのか〜。

1

2013/11/23

銀座でぶらぶらスナップショット  ちょっとお出かけ

実は私は銀座があまり好きではなかったのですよ。

ショーウィンドウには一着25万円のジャケットを着たマネキンが並ぶ街。私にはそんな服は買えないから、呼ばれてないわとひがんでいたのね。

でも、おいおまえ貧乏臭いからここから入るな、な〜んて有楽町のガード下で止められるわけもなく、この街のきらびやかさを楽しむことはできるのですよね。カメラを持って歩いたからそう思えたのかも。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

豪華なウィンドウは見ているだけでわくわくしてきます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


街を歩きながらのスナップショット、同じことをしている人を何人か見かけました。ごちゃごちゃとたくさんの物が見える中からどう切り取るか、自分のオリジナリティが試されるって面もあるし、銀座は被写体という点でもかな〜り面白い街なんですね。今まで敬遠していて損してたナ。

街フォトに必要なのは人混みの中で自分の世界に入るワザですね。もちろん往来の迷惑になってはいけませんが。一眼のカメラを持っていると、連れとの会話を装って聞えよがしのイヤミを言っていく人もいるんですよ〜(´〜`;)。一回それやられると怖くなりがちですが、そこをなんとか。

きっとそうやってイヤミを言っていく人は、カメラマンに嫌な思いをしたことがあるのでしょう。なんかわかる。「おいどけ!」とかいきなり怒鳴る居丈高な人とかいるもんね。や〜だよね〜。

悪意をぶつけられたから別の人に悪意をぶつけるという連鎖は、本当に今を楽しんでいるなら自分のところで止められます。カメラもけっこうAHやヨガに通じるものがあるんだな。悪意をスルーできる人間性を目指したいものです。

0

2013/11/21

皇居前広場にて  写真

クリックすると元のサイズで表示します

「接写」


クリックすると元のサイズで表示します

「記念の写真を撮りましょうね」


クリックすると元のサイズで表示します

「万華鏡」



皇居前広場その2もあります。
1

2013/11/20

秋のハキダメギク  いい気分♪

クリックすると元のサイズで表示します

ハキダメギクです。どこにでも生えている雑草ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

田んぼの雑草としてこの草に出会ったので、見るのはいつも夏の間でした。2枚の葉の間で首をすくめるようにして咲いていたのは、暑さに耐える姿だったのか。

秋になったら、伸び上がって花を増やして咲いている。そーか、きみは菊だったんだね!

クリックすると元のサイズで表示します

シャラシャラと音がしそうなほど、たくさん咲いててうれしそう。
1

2013/11/19

広島つけ麺 kirimaru 美女になれるラーメン!  まちだの話題

クリックすると元のサイズで表示します

町高通りにオープンした kirimaru。私好きなんです、広島つけ麺。大歓迎!ヽ(´▽`)/

クリックすると元のサイズで表示します

メニューはシンプル。初めてだったので1玉にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

つけ汁にはたっぷりラー油。でもそれほど辛くはありません。白ごまを高い位置からふわ〜っと落とすその姿は、さながらカクテルを作るバーテンダーのよう。

クリックすると元のサイズで表示します

ゆで野菜はボリュームたっぷりで麺が見えないほど。キャベツともやしの茹で具合と水切り具合、白髪ネギの刻みの細さ、すべてグッド。1cm厚のほろほろ柔らかチャーシューには、八角?台湾料理のお店で食べたことのある香りがほどよく効いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

「麺は全粒粉?」
と聞くと、店主らしき男性は、にっこりと笑ってうなづいてくれました。自慢の点のようです。
「お口に合いましたか?」
「ええ、おいしいです」

舌触りつるつる、歯ごたえもちもち。精白小麦粉の麺と同じようにおいしくて繊維質たっぷりでヘルシー、お・ト・ク。

クリックすると元のサイズで表示します

つゆ表面のラー油は麺や野菜にからんで早々になくなり、後にはすっきりシンプルなつゆが残ります。すべて食べ終わっても鰹節の風味がしっかり残っているつゆ、残したらもったいない。お願いしてお湯で割ってもらい、飲み干しました。ん〜、おいしい♪

ごちそうさまでした。次は1.5玉、いきま〜す。

広島つけ麺 kirimaru (キリマル)
町田市中町1-30-7
(以前べんがらという店があった場所です)

広島つけ麺は、ラーメン界では唯一「美女になれるラーメン」って感じですね。特にここの店は全粒粉の麺だし。

通ってしまいそう。



<後日の追記; 2013.11.24>

23日から熱盛りも始めたそうです。自家製麺で、冷盛り・熱盛りで麺を変えているとか。ばかな確認をしてしまいましたが、熱盛りにはきゅうりは乗らないそうです。本来広島つけ麺に熱盛りはないそうですが、これからの季節熱盛りがいいですね!

あ、1.5玉は相当ボリュームありました。

0

2013/11/18

武蔵野茶房のジャーマンライス これジャーマン?  ちょっとお出かけ

江戸東京たてもの園内、デ・ラランデ邸はカフェになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

武蔵野茶房。お食事メニューも少しあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ジャーマンライス(のセット)1,000円

このジャーマンライス、冷凍エビピラフをタコスミートで和えた感じのライス、上に千切りキャベツとサルサ・ディ・ポモドーロ、その上に茹でたソーセージ。飾りに茹で卵とブロッコリー。かなりピリ辛

これ・・・ε= ( ̄□ ̄;) ジャーマニーというより・・・メヒコ?

私の右側のテーブルは、ご夫婦らしい白人さんの二人連れ。そちら様方もジャーマンライスを注文していました。で、話している言葉がドイツ語みたいだよ?

高級カメラでメイド姿のウエイトレスを撮影し、にこにこしているけど、今は。このジャーマンライスを食べたら、

「これのどこがジャーマンだーっ!」

と怒り出すんじゃないか???といらぬ心配でヒヤヒヤ。口の中はカッカ、心ヒヤヒヤ。

私が退席するまで、そちらのテーブルに料理は届かなかったので、彼らの反応を見ることはございませんでしたが。

でも後でゆっくり考えると、ツアーでなく単独行で小金井市まで来てしまう人は、かなり旅慣れた人なはず。
「トーキョーでジャーマンライスっていうのを食べたらね、フフフフフ」
と笑い話にするだけかもしれないね。

ドイツと日本はなまじっか古い付き合い、異国文化をそのまま受け入れる土壌ができていない時代からなじんでいて、解釈しやすいよう勝手に加工したドイツ文化でそのまま更改もせず扱ってると思う。いいのかな(´・ω・`)。

先進国のキャリアが長いドイツ人は、それくらいのこと、と鷹揚に流すような気もする。ドイツって良く知らないけど印象はいいよね!

0

2013/11/15

巣鴨の哲学  ちょっとお出かけ

初めて来た巣鴨。

クリックすると元のサイズで表示します

東京の各街は様々な個性があるけれど、秋葉原だってオタクっぽい人ばかり歩いているわけじゃない、普通のサラリーマンやおしゃれなお姉さんも当然たくさん歩いている、巣鴨だってそうでしょ?と思いつつ行ったから、本当に年配のご婦人ばかりだったことには驚いた!特にこの地蔵通り商店街は。

あ、でもご婦人のグループばかりでなく、シルバー世代のカップルも多くいましたよ。長年連れ添ったというより、初々しくラブラブっぽい雰囲気の。人生いろいろ鴨。

クリックすると元のサイズで表示します

とげぬき地蔵の高岩寺

本堂へのお参りはすぐできますが、お地蔵さんには長ーい行列ができていました。

さて4のつく日は縁日ですが、おばあちゃんの原宿ですからね、出店も綿あめみたいな甘ったるいのや、ソースの匂いがするものではないのですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
山くらげ(乾物)専門店

クリックすると元のサイズで表示します
カツラの専門店

クリックすると元のサイズで表示します
さきイカなどの乾き物専門店

こちらは物販というよりパフォーマンス。往年のみのもんたの「お嬢さん!」みたいな話術で笑いを取っています。台の正面はアリーナ席。行列は台の形にそって直角に曲がり、まだまだ続いていました。どこでも買えるものだけどここで並ぶ、それだけの魅力があるのです。的屋さんはこういう人がいいねえ〜。


クリックすると元のサイズで表示します

各店で気づいたのは、お店の人が客に対してとてもゆっくり応対すること。話しかける言葉もゆっくり。

「あ、あの、ホラ・・・あ・・・大福ちょうだい」
「はい、大福はお豆がついているのとついていないのとありますけど、どちらがいいですか?」
「ああ・・・、ああそうか、ついてるの」
「はい、おいくつお包みしましょうか?」

やさしいんですよ。お年寄りはたとえ慌ててもスローモーなんだけど、ゆっくりペースで合わせていました。

「お客様、紙の手下げをお使いになります?」
「ああ、えーっとそうね・・・、入れてちょうだい」
「かしこまりました」

安いお店なんですよ。レジには行列してるんですよ。でも一人一人とていねいにやりとりしてくれます(レジの操作は超速い)。その親切な接客を見ていると行列の後ろにいても気分いいの。待たされてイライラしないの。

私たちは好悪の情を、見えている人の姿かたちとか表情とか話し言葉とかでなく、相手と誠実に向き合い尊重する心を感じ取って決めているのですね。このとき実感しました。

ここでは白人さんの観光客を見たり東北弁も聞こえて来たりと、立派な観光地になっていますが、
「観光客なんてどうせなにもわからない、どうせ一回限りだから、適当なもの売って稼げるだけ稼いどけ!」
なんて考えでいたら、お望み通りリピーターの来ない観光地になりますよね。巣鴨ではそんなあしらいはされない、だからこその根強い人気なのでしょう。


ところで、あるお店で下着売り場を見ていたら、普通のブラジャーと全く同列に乳房を切除した人用のブラジャーが並んでいたし、台の上のかごの中には、普通のパッドと一緒くたに人工乳房のような形のパッドが売られていました。片胸980円から。

それ見てね、「いいなぁ〜」と思ったのですよ。

そういうのって深刻な病気に関係することだし、もっと別扱いで、健康な人の目に着かないようにとか、選んでいる姿を人から見られないようにとか、デリケートだけど陰鬱に扱われるものかと思っていたから、そのあっけらかんとした扱いにほっとしました。そうすると、さっきのカツラの出店もそういうことなのか?

「年取ればね、体のどっかしらにガタが来るのは当たり前なのよォ、そーよ当たり前っ、気に病むだけ損よッ!」

私もすでに若さを失いつつある年齢だから、今後も進む老いと共に生きる心構えを威勢のいい東京弁で教えてもらった気分。10年後も20年後も、明るく生きていけそうな気がするよ。

若くなくても完璧でなくてもいい、不都合も不自由もひっくるめて受け入れること、そしてご縁のあった人は大事にすること。巣鴨の街には哲学がある!人生の先輩たちはなんて素敵な街を作ってくれたんだろう。巣鴨、大好きになっちゃった。


せっかく巣鴨に来た記念に、私はネックウォーマーを買いました。

クリックすると元のサイズで表示します

「すがも」の文字入りでおしゃれ♪ 今年の干支のヘビの刺繍入り。今年の干支だよ!

そろそろ年末調整の説明会も始まる季節、11月4日(月・祝)のお買いものでした。

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ