ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2012/10/31

三陸の漁師料理 −− ミュージックセキュリテ被災地応援ファンド懇親会  がんばろう日本!

私またおいしいもん食べちゃった。

クリックすると元のサイズで表示します

汐サンマ。漁師さんの船の上でのまかない。

サンマ漁は通常3〜5日間。最初の日に水揚げされたサンマを頭・内臓を取り発砲スチロールのケースに並べて塩を振り、常温で3日熟成させるもの。

見た目は普通にサンマ。でも口に入れると、なんとも意外な味。

「え?何???、これは・・・え〜っ!?」

↑内陸育ちの私には、これしか言えない複雑なうまみ。三陸とれたて市場の八木代表の言葉を借りると、

「生ハムの食感、極上イクラの味」

そうです、そうです!まさにそうです!!

クリックすると元のサイズで表示します

本当においしい魚にわさびはいらない、それが実感できました。わさびのその植物の香りが邪魔です。

汐サンマの後ろは幻の魚「鮭児」、網にかかる確率は鮭数万本に一本とも言われます。これもまた、

「これは・・・、なに?なんだろう?」

淡水魚のような繊細さ、爽やかさ、いやいやこの脂のコクは海の魚、でも鮭とは全く別物。未体験の味でした。


クリックすると元のサイズで表示します

ここは港区白金の「せいじ」。被災地応援ファンドを通じて三陸とれたて市場さんへ出資した者が参加できる懇親会、いわゆる出資者特典です。といっても、参加はもちろん有料ですよ。

こちらで八木代表から事業の経過・現状・展望をお聞きしながら、今後経営の柱にしていく予定の漁師料理をいただき、経営者と出資者同士の懇親を深めました。ありがたい機会です。


クリックすると元のサイズで表示します

あわび肝の貝焼き。身は干して中国や韓国へ輸出され、残った肝が漁師料理の素材に。シンプルに味噌だけで焼いたものですが、これがなんとも力の湧いてくる料理です。疲れ気味のときに、こんないいものはないね!

クリックすると元のサイズで表示します

とても味の濃い、強い料理なので、白飯によく合います。うーまい(T▽T)!

クリックすると元のサイズで表示します

毛ガニの蟹ばっとう。これは加工場が再開できたら、3口以上の出資者に配布されるものです。一足先にお味見。

カニは出汁としてしか使っていません。ひっつみを練るのもカニの出汁。でもそれで終わりでは、もったいなさすぎ。同じテーブルの方々が小食だったのを幸いに、2ハイ分の蟹みそはワタクシ一人でいただきました。幸福の味でした。

出されたお料理は全12種。あぁ、おいしい、実に、おいしい。


。*・°*・°*。☆・。*。・°* 。*・°*・°*。☆・。*。・°* 。*・°*


・・・と、食べ物の話しに終始しましたが、会場にいた私たちの繋がりは東日本大震災。今、被災地で奮闘している八木代表の生の声を聞き、力強いビジョンに心打たれると共に、支援の難しさも感じました。

ううーん・・・、と眉間にしわ、腕組みをして黙り込むしかない、気が萎えるような難しい被災地の状況。できれば、多くの方がメディアを通じてではなく、被災地から直接一次情報を得て、それぞれが口伝していくサイクルがもっともっと広がれば、と思います。

大手メディア(特にテレビ)の情報には、シナリオを書いてから取材していますか?と突っ込みたくなるような食い違いを感じます。


被災地応援ファンド
http://oen.securite.jp/


0

2012/10/30

駅のトイレでペーパーが切れていたとき  いい気分♪

夜行バスに乗る前の自宅最寄り駅(小田急線)。

トイレに入るとトイレットペーパーがなくなっていた。

ペーパーホルダーの上には、どなたが置いたのかポケットティッシュ。
「どうぞ」とばかりに、半分引き出して。

クリックすると元のサイズで表示します

かなり前だけど、林真理子さんがエッセイで、

駅のトイレでペーパーが切れていたら、自分の持っているポケットティッシュを丸ごと置いてくる。誰かを助けるかもしれないから。広がるといいな。

という意味のことを書いていたっけ。

まだ終電までは間があり、利用者も多いであろう時間帯。私も手持ちのを一つ置いてきました。潔癖症でなくて、うっかりティッシュを忘れてしまった誰かに使ってもらえたら、うれしい。

次の朝、お掃除の人にただ捨てられていたら・・・・、悲しいけど(^ ^;)。

1

2012/10/29

海の森サンセットツアー  ちょっとお出かけ

海の森サンセットツアーは、10月28日まで行われていた全国都市緑化フェアTOKYOに関連したツアーです。主催は東京都港湾局。東京都広報で見つけたけど定員50名、抽選かなぁ?だめかなぁ?と思いつつ申し込んだところ、参加できました。

クリックすると元のサイズで表示します

当日聞いた話しでは、有料イベント(この回は\3,500)は応募が伸びないのだそう。

クリックすると元のサイズで表示します

葛西海浜公園西なぎさから望む東京湾。

ここで海岸清掃、国産炭を使ったおいしいバーベキュー(アルコール飲料付き)、チームを作ってクイズ大会、野鳥観察会と盛りだくさんの内容。教えてもらって初めて見えたこと、都の鳥ゆりかもめは沖のほうにギョッとするほどたくさんいます。

クイズ大会では、主催者側で決めた同じチームに一人やたらに詳しい人(こまつさん)がいて、私たち(チームこまつ)は全問正解。ハーブの栽培ポット3種をもらいました。

私「もしかして、ひそかに都職員?」
こまつ「まさか(笑)、それはない、ない(笑)」

オオウケされましたが、ただものではない雰囲気の人だったなー。


参加者同士ですっかりなごんだのち、海の森会場へ。

海の森は、東京湾にある中央防波堤内側埋立地に現在着々と作られているもので、フェアの期間以外は立ち入り禁止です。この「立ち入り禁止に入れる」っていうのに、飛びつく性分でして。

この埋立地は、ゴミと建設発生土をサンドイッチで埋め立て、その上に植栽基盤土として、建設発生土と街路樹の剪定枝が原料のたい肥をブレンドしたものを乗せています。

クリックすると元のサイズで表示します

フェアでは植樹イベントもあったそうで、私が参加したイベントの前の週に、有名人も招いて大々的に植樹が行われたそうです。

ひょろひょろの苗木には、都内の小学生がどんぐりから育てたものも含まれます。一年生ですぐ植えたとしても、植樹は何年生だろう?何年も一つの芽を育て続けていると、愛着も生まれるでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

海の近くで植物にはちょっときびしい環境なので、潮風よけのフェンスが立ち、密集気味に植樹をしています。

クリックすると元のサイズで表示します

21年度に植樹したものは、もうこんなに大きくなり、間引き作業が必要な段階に入っています。潮風に強いタブノキを主体に、野鳥が集まるようヤマグワ、オオシマザクラ、ヤマモモなど実のなる木も植えられています。

森が完成したら、公園として一般に開放するそうです。楽しみですね。

クリックすると元のサイズで表示します

奥に見えるグレーの山は建設発生土。
「これらは東北へ行きます、今東北のほうは大量に土が必要なので」
地盤のかさ上げとか、堤防を作るのに役立ててもらえるならうれしいものです。と、同時に、これだけでは到底足りないのだろうとも思いました。


私は2005年にも、この外側埋め立て地(現在ゴミ埋め立て中)にも行っています。
http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/150.html

クリックすると元のサイズで表示します 2005.7.2

ゴミからガスが出るために、あちこちの地面からニョキニョキと黒いガス抜きパイプが立ち、色はグレー一色、いやにたくさんいるカラス。殺伐とした景色でした。

この殺伐を作るのは人、でも少しずつ消していけるのもまた、人の力です。

一人の子がどんぐりをポットに植える、そんな小さな行動がたくさん集まり、長い期間一つの目標を揺るがせずに取り組んでこそ、大きな成果が得られます。

すぐ結果を出すことだけに価値を置いていては、取り組めないこと。これはやはり「公」でなければできないことだと思いました。

いい勉強になりました。参加させていただき、ありがとうございました。


クリックすると元のサイズで表示します かろうじてサンセット。
0

2012/10/26

東京でキャリーバッグを引くのは、やめてもらえませんかとつくづく  ちょっとお出かけ

(前日からひそかに続いている)

おねがいしますよ(´o `;)。

クリックすると元のサイズで表示します

↑この持ち方は迷惑です。

クリックすると元のサイズで表示します

↑人ごみの中での正しい引き方。


東京駅に来る前、中央線へ乗り換えのため歩いていた新宿駅中央コンコースで、私の前を歩いていた男の人(かなり長身)が、前を行くキャリーバッグにわざと足をひっかけていました。

あれは絶対わざとです。だってよけるスペースも、あったもん。

その方は足が長い人だったから、ひっかけてまたいで、振り返って
「このヤロー!」
と持ち主をにらみつけるなんてことができるけど、あれは私の身長では無理だなぁ。

私はたまに東京へ出てイライラッとするくらいだけど、その男性は、いつも都内の駅を利用していて、余程腹を立てていたんだと思います。

我慢もそろそろ飽和状態。

東京のターミナル駅でキャリーバッグを引いて、一度もカバンを蹴られなかったという人は、相当周囲のやさしさと忍耐に包まれていたのだと、幸運を喜んでください。

でも・・・、次は何があるかわかりませんよ。


関連記事; トーキョーの謎は今日も深まる
↑この頃から迷惑だと感じ始めていたんです。

1

2012/10/25

東京駅のドーム  ちょっとお出かけ

青森へ行く夜行バスに乗る前。乗り場は八重洲口でしたが、あえて一旦丸の内口に出ました。このドームを中から見たかったからです。

クリックすると元のサイズで表示します

建築当時の文献から「黄卵色の漆喰」が再現されています。駅舎を外から見たときの重厚な印象と、内部の明るく柔らかな印象の対比には意外性があり、斬新に思えるほどです。

その下側の淡いブルーグリーンの色も美しいものです。当時は建材にこういう色を使ったのですね〜。

クリックすると元のサイズで表示します

みんな見上げて撮影。

きれいだよ〜。うれしいね〜。
1

2012/10/24

こんカツにかぶりつき!  アオモリなひととき

十和田湖(休屋)で買い食い。

クリックすると元のサイズで表示します

こんカツという名前に、神田であんこうを食べたあの日、偶然にも一つのテーブルにいいトシした独身が4人(男性2女性2)集まり、自分はさておき婚活イベントを企てないかとか、そんな話しで盛り上がったことを思い出し、つい注文しました。

「こんカツひとつください」

こんはこんにゃくのこん。おからこんにゃくをフライにしたものです。

大豆が主成分の肉のような加工品もありますが、あれは調理するときに大量に油を吸います。茄子並みに吸い、結局のところカロリーが低いかどうか疑問なところですが、これはこんにゃくが入っている分いいんじゃないかな、イメージ的には油を吸わなそう。

「揚げてますので、少しお待ちください」

少々の待ち時間ののち、あつあつ揚げたてを手渡されたら、

おおっと!hitomi、ブロガーにあるまじき行為

写真を撮る前にかぶりつきっ

なにをそんなにがっついておる!

クリックすると元のサイズで表示します
(ハッと気づき、姑息にもかじった部分が見えないように撮る)

お食事処もりたのテイクアウト窓口で買えるこんカツは、衣は香ばしく、ソースはあっさりめ。ホフホフおいしい。噛み応えは柔らかい鶏むね肉って感じ。想像よりも肉ニクしい。ニクイね!


十和田神社の参道前で、こんカツを食べると婚活にご利益があるかも!


青森はこういうちょっとした買い食いが、けっこうおいしい。関東周辺と同じ感覚でいると、びっくりするよ。


2

2012/10/23

2012年10月の旅 アーカイブ  旅行

今回の旅行記は以下の通り更新しました。

10/5(金)

眠っている間に青森へ 弘南バス津軽号あずましーと


10/6(土)

朝食はおさない食堂のひらめ刺身定食
青森まちなかおんせんに立ち寄り湯、と・・・
みずうみ6号で奥入瀬の玄関口焼山へ
ノースビレッジ 蔦ノ森ランブリングツアー
渓流の駅おいらせ 奥入瀬i(アイ)
宿泊は十和田湖畔民宿ひめます山荘


10/7(日)

十和田湖の休屋地区にて
十和田湖遊覧船とマリンブルーのアップルパイ
十和田神社と開運の小道 あまり真面目じゃないお参りの巻
十和田湖から秋北バスで十和田南駅、大館を経て津軽入り
十和田南駅 スイートバジルで自家製ドレッシングのサラダ
大鰐町アップルながさき屋さんへごあいさつ
かだれ横町 鉄板焼きThunder Bird


18項目の予定が、途中「これとこれは一緒にしよう」と思いつき、14まで減らせました。

もう少し関連の話題をつづけようかなぁ、と思います。
いましばらくお付き合いいただけると、うれしいです。
0

2012/10/23

かだれ横町 鉄板焼きThunder Bird  旅行

かだれ横丁はお店が入れ替わっているので、しばらく間が空いたらまた行ってみるといいですよ、とは弘前在住のたがまぁさんの言葉。

*「かだれ」はかだるの命令形。
  かだる = join (っぽい気がする、使われているのを見ていると。でもよくわからない)

クリックすると元のサイズで表示します

さすがたがまぁさん、かだれ横丁に入るとお店からもお客さんからも、会釈目礼があちこちから飛んできて、忙しそうなくらい。

鉄板焼きの Thunder Bird に連れて行ってもらいました。笑顔の素敵なマスターが、目の前で焼いてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

本日のオススメから、まずは鶏のささみの柚子こしょう 480円。

クリックすると元のサイズで表示します

生の鶏肉を食べるのは初めてでした。柔らかくてあっさりしていて、おいしいね!


黒板にもっと大きく書かれた黒毛和牛A4ランク”たにかわ牛”もいってみましょう。こういうお店で一皿\1,480は、ちょっとお高い気がするけれど・・・。

実はその前に別の牛肉のステーキを食べていて、その後こちらを注文するとマスターが

「(クスッ)全然味違うから」

そうなんですか?

わさびと塩をちょっとだけつけて、口に運ぶと・・・、

クリックすると元のサイズで表示します

うっわ!キターッ

いや違う。キターッなんて力を込めて言えなかった。

キタァ〜・・・だね。あまりのうまさに声も出ない。全身がゆるんで脊柱起立筋から力が抜けていく。美味とはこういうものか。うへぇ・・・なんでこの味が\1,480で食べられるの〜!?

津軽たにかわ牛は、平川市のたにかわ牧場で育てられた牛の肉だそうです。
http://www.harvestmarket.jp/tanikawa/agri_157.html

まず、柔らかい。サシがたっぷりだけど、脂の味が全然くどくないどころか、うまい。すごい肉です。

クリックすると元のサイズで表示します

ホタテと長いもの炒め物。青森ならではのボリュームがうれしい♪

クリックすると元のサイズで表示します

自家製メンチは箸で切ると、肉汁がジュワーッ。うおーっ!って感動したら、すぐ口に運べばいいのにね、ついカメラを取り出しちゃうんだよね。

クリックすると元のサイズで表示します

別の店にいた(かだれ横丁は屋台村)たがまぁさんのお知り合いからの差し入れ。毛豆です。甘みがあって味が濃くておいしかった。ごちそうさまでした。

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろあって、中締めのカンパーイ。

クリックすると元のサイズで表示します

後半記憶があやふやなのですが、最後までお酒も料理もおいしくいただきました。カメラのことや青森太郎さんのイタリア旅のこと、話しがはずんでとても楽しかったです。



そろそろバスの出発時刻も近づいてきました。

「まだもうちょっと飲んでます」というたがまぁさんとサンダーバードのマスターには、かだれ横丁の入り口までお見送りしていただき、太郎さんに運転代行で弘前駅まで送ってもらいました。

別れの挨拶はさみしいけれど、作り笑顔で車を見送ると、にぎやかから一転ひとりぼっち。


もうすぐ青森を離れる寂しさと、夜行バスに間に合えた安堵。
バタバタと動き回った旅を無事終えれらそうな充実感。
東京向けにモードを替える億劫感。そして眠気。
照明に煌々と照らされた駅のベンチに座って、様々な思いをぼんやり味わう一人の時間です。

クリックすると元のサイズで表示します

揺蕩う夜のひとときを包み込んでくれる弘前駅。ここは空気が、なんか柔らかい。


クリックすると元のサイズで表示します

アップル号で新宿まで\6,500。お疲れ様でした。また行くからね!

お世話になった皆様、ありがとうございました。またの機会にはよろしくお願いします。



今回の旅程はこちらにございます。
1

2012/10/22

大鰐町アップルながさき屋さんへごあいさつ  旅行

津軽に行くからには津軽の人に会いたい。

まずは弘前ねぷたでもお世話になった青森太郎さんに出てきていただけるか声をかけ、ほぼ同時にすぐりさんにも声をかけ、お二人にOKをいただき、まずはホッ。

そして、初めて会った時から「この人を青森太郎さんに会わせたいな(特段の理由なし)」と思っていた、たがまぁさんもお誘いしたところ快諾のご返事。ああ、よかった。

いやあのね、うまく行った結果だけをブログに書くので、こういうことが平気の平佐でできるキャラだと思われそうですが、全然平気じゃないです。お返事いただけるまでは、かなーりナーバスです。今回は皆さんやさしくてありがとう(感涙)。


大鰐温泉駅で3人会えたので、「りんごを買いたい」という私のリクエストを聞いていただき、まずはアップルながさき屋さんへ向いました。

アップルながさき屋さんのことは、青森太郎さんが一足早く記事にしていらっしゃるので、
こちらをどうぞ → http://blog.livedoor.jp/otani_arc/archives/52571440.html

一昨年の12月のこと、私がご飯も食べられない体調になっていたときに、すぐりさんがアップルながさき屋さんからりんごを送ってくれてたことが、こちらのお店とのご縁の始まりです。

そのとき送ってくれたりんごでは、飲み込もうとして吐き気がしないどころか、しばらく忘れていた「おいしい」という感覚があったことに驚いていました。

いつもは電話のやりとり。今回初めてお店に行けるので、わくわく。

クリックすると元のサイズで表示します

きさくなお母さんが迎えてくれて、私はちゃんと自己紹介したのかどうか、記憶があやふやです。まるで前から知り合いの近所のおばさん相手のように、
「実は、ここだけの話しなんだけど〜・・・」
とないしょ話もしちゃったり、話しがはずみました。

試食をどうぞ、とりんごを木箱の角に打ち付けて、3つに割ってくれました。新鮮なりんごでないと、きれいに3つに割れないそうです。私には、いくら新鮮なりんごでも無理でしょうが。

南部せんべいを3つに割るベンツ割りってありますね。あれは一袋練習すれば、なんとかコツが掴めます。が、今度は球体のりんごを3つ。一つ課題をクリアすれば、またさらに高度な課題の現われる、奥の深い青森県です。(やるつもり?)

次は11月か12月ごろ、早生じゃないふじのおいしいところを選り分けといて送ってあげるから、と約束してもらいました。またよろしくお願いします。


お店の前で記念に一枚。

クリックすると元のサイズで表示します

ありがとうございました。


今回の旅程はこちらにございます。
1

2012/10/21

十和田南駅 スイートバジルで自家製ドレッシングのサラダ  旅行

バスは十和田南駅に14:01着。大館行きの花輪線は14:57発。約一時間もあります。
駅員さんに、

「この辺で食事ができるところってありませんか?」

と聞いて、教えられたのがこちら。

クリックすると元のサイズで表示します

スイートバジル

クリックすると元のサイズで表示します

駅で立ち食いソバくらいの想像をしていたのに、こんなにおしゃれなお店に入れるなんて。ガイドブックを見て、「ここに行きたいわ」と憧れ続け、やっと来られたわ、にしなくちゃ!なお店でしょう?

クリックすると元のサイズで表示します

注文したのは2〜3人前が一盛りのサラダ。ポテトサラダやチキンや葉物野菜、たっぷりかかったドレッシングもマヨネーズも自家製だそうです。

ポテトサラダにはさつまいもがブレンドされていたり、一皿のうちでも野菜によってかかっているドレッシングが違ったり、美味しさへの濃やかなこだわりを感じました。

クリックすると元のサイズで表示します

今年の5・6月号のラ・クラでも紹介されているお店です。


クリックすると元のサイズで表示します

さて電車が入線してきました。大館へ向かいましょう。

思いがけず素敵なお店での食事を楽しめた昼下がりでした。


スイートバジル
秋田県鹿角市十和田錦木字浜田63-17


今回の旅程はこちらにございます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ