ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2009/5/31

青森ブロガー写真展  旅行

 今日はヨガのクラスに出てきたけど、体の芯が柔らかくなっていて深いポーズが取れて気持ちよかったんですよ。

なぜか、

 → 青森に行ってきたから。(^^)v


 5月30日、31日で「'09青森ブロガー写真展」が開催されました。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらが会場の百石町展示館。弘前らしい重厚な建物です。

クリックすると元のサイズで表示します
 開場まもない頃なので、まだ空いていますが、この後一般のお客様にも多くいらしていただけました。
クリックすると元のサイズで表示します

 会場でお留守番をしていたときに、お客様の流れを(見なきゃいいのに)見ていると、私の写真の前は皆さん素通りなさる!青森県民ウケは悪かったようです(笑)。ぐあっちさんには過分のお褒めの言葉をいただきまして恐縮です。

クリックすると元のサイズで表示します
お互いを写しあうgomaponneさん(お久しぶり!)と青森太郎さん。いいお写真を撮る方は撮影の様子も素敵です。
で、それを撮っているアタシσ(^o^ )・・・も誰かに写されていたりして?

 会場でご一緒になった心風さん、知香さん、JADEさん、お目にかかれてうれしかったです。SNAP HAPPY PHOTOさんとは入れ違いになったようでザンネン!またの機会には、どうぞよろしく。m(_ _)m

クリックすると元のサイズで表示します
同じ会場の2階では、生け花の展示会が行われていました。


 明日はオフ会の様子をアップし、その後私の個人的な旅行記を書きます。日帰り旅行ですが何日も続きますよ〜、たぶん。

クリックすると元のサイズで表示します
 hiroさんが全員分作ってくれたネームカードです。かっこいいのでコレを首に下げたまま弘前観光をしていました。

事務局の青森太郎さん、hiroさん、準備や撤収の作業をされた皆様、お疲れ様でした。本当にありがとうございました。

0

2009/5/30

私の展示写真  写真

蛇足ですが、私が写真展に出した(そしてけっこう素通りされた(^ ^;))写真は、以下の二枚です。

クリックすると元のサイズで表示します

 「cA - "cool! Aomori"」

クリックすると元のサイズで表示します

 「八戸駅 雨」

八戸駅はともかく、クール青森のほうはひねりすぎました。
太陽の光を「c」、アスパムの建物を「A」と読みました。
ぐあっちさんには「キャーかと思いました」と言われウケました。
撮影は、いつものニコンCOOLPIX P5000。コンデジです(^^)。
0

2009/5/28

5匹 → 4匹  うちのネコ

 茶色いネコのマイケルがいなくなってしまった。
クリックすると元のサイズで表示します

 写真右の黒っぽい白猫(マイケルの母)に、
「ねえ、マイケル探してきなよ!」
と言うと、ウンウンとうなづ(くんですこの子)いて、マイケルがいつも入っていた押入れの中をのぞいたりしていたが、あっさり探すのを止めていた。

 左側の黒猫タロウ(マイケルの兄)に、
「ねえ、あんたいつもなめあってた茶色いのがいないって、なんとも思わないの?」
と言うと、難しいことを言われても困るといった顔をされた。

 たぶんゴミ出しで玄関のドアを開けっ放しにしたときに、出て行ってしまったのだろう。ネコはだいたいパニックになりやすい。うちの5匹の中で特にマイケルがパニック度が強かったし、マイケルだけは脱走未遂もしたことがなかったから、一度外へ出たら混乱して戻れなくなってしまったのではないか。

 どこかの家でかわいがられていればいいけれど。

クリックすると元のサイズで表示します
ネコって耳を隠すとおもしろい顔。

1

2009/5/27

時代の変遷  なるほど・・・

 今、司馬遼太郎の「燃えよ剣」を読んでいます。新撰組のメンバーが江戸にいる間の話しは、地名を言われると「あああそこ」と目に浮かぶ場所なので、大変おもしろいのです。土方歳三がどうこうした場所が、おおそうそう、ここここ、とわかるわけで。

 で、新撰組が京都に行くと途端に読み進むのが遅くなるの。多摩にいた頃のほうが人物がイキイキしてるように感じるのは贔屓目?

 司馬遼太郎は新聞記者出身だから、小説なのにルポルタージュのように書いていて、史実と創作の境目をさぐりながら読むのも、楽しいものです。

 ↓息子の高校があるのは、八王子の武家屋敷街だったところです。
クリックすると元のサイズで表示します 

 高校が建っている広大な土地は、昔は何だったのかなぁ。お役所の土地になっているあたり大名の屋敷跡で、明治になって薩長新政府に接収されたのかなあ、などと考えます。

(私が出た高校はそんな想像するまでもなく、高校ができる前はただの山でした)

クリックすると元のサイズで表示します
 中庭では吹奏楽部が練習をしていました。なんだか青春っぽくて美しいです。奏でていたのはルパン三世のテーマでした。こんなバラバラに座っていても、息はぴったり合っているように聞こえます。


0

2009/5/25

夏のハクセキレイ  いい気分♪

 ひどい筋肉痛です。補植は「歩いてスクワット(太ももと地面は平行)、歩いてスクワット」の繰り返しだからです。土曜日もかなり来ていたところへ、日曜日も上乗せしましたもんね。
クリックすると元のサイズで表示します
 広範囲すぎて湿布では間に合わない筋肉痛は、メンソレータム ラブがよく効きます。これでマッサージしておくと痛みが通常より一日早く消えます。ケアは大切ね。

 昨日は朝から雨で寒いし、ゴキゴキの太ももでスクワットは、つらーい!・・・と、泣きそうになっていたところ、鳥のきれいなさえずりが聞こえてきました。

 自分の目線より高いところをキョロキョロしたけど見つからなくて、また地面に視線を落とすと、

いた。稲株でたったの2列向こうに。

声の主はサナエのだんなでした。ハクセキレイってこんなきれいな声でさえずるんだったんだ〜・・・。

チーツツツツそらどっこいチュイチュイほらどんどんチュルルルさあまだまだチチチチ

と、わんこそばチックに応援してくれているように聞こえました。
補植のため水を浅くしていたので土が露出したところに降り、さえずりの合間にはユスリカの幼虫をついばみます。サナエも一枚となりの田んぼで虫を食べていました。

 そんなわけで筋肉痛です。筋肉痛は嫌いじゃないです。それに、

筋肉は使えば増える

使えば増える、ん〜まるで円天。ハッピーです。おかげさまで立派な太もも(写真なし)!

1

2009/5/24

ルーチェ  グルメ・クッキング

 ブログに書こうかどうしようか、ずっと迷っていたこの店。町田のルーチェ。
クリックすると元のサイズで表示します
 クチコミサイトでは評判いいですよ。町田商工会議所が行った「私の好きな店」大賞の受賞店の一つです。私が行った日は雨で、昼食時より早めでしたが混んでいました。

 ランチは1,000円。お好みのパスタにプラス、アンティパスト・ドルチェ・ソフトドリンク・ワイン(赤白)のうち2つを選べて、1,000円は安いです。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 私はジェノベーゼのパスタにアンティパストと白ワインを選びました。アンティパストは、スモークサーモンと茄子とトマトのピクルス。

 お店の雰囲気はいいし、スタッフの対応も町田らしからぬ賢っぽさ。

 でも味は・・・、うーん、うーん、うーん???

 悪くはない。ちゃんとした材料を使って真面目に作っているので、クチコミで悪口書いている人の意見には同意できないけど、といっておいしいとも言いがたい。うーん???

 1,000円だからね、と軽んじて期待しないレベルよりなまじっか高くて評価に迷う、不思議な店です。ご興味ありましたら、一度足をお運びください。町田駅からは遠いです。

ルーチェ
東京都町田市原町田2-2-5 オードリービル 1F



1

2009/5/23

田んぼの話し  趣味

 今日は暖かくなりました。こう天気が良いと、いくらSPF50を塗り日本手ぬぐいで顔を包んでいても、顔がほてります。田んぼは水の反射もありますしね。

クリックすると元のサイズで表示します
 アミミドロは環境の悪い田んぼでも果敢に発生してくれて、たくさんの酸素を供給します。泡の中は水に溶けきれなくなった酸素です。酸素どっさりだから作業の疲れも軽いんです!

クリックすると元のサイズで表示します アジアイトトンボ
 藻の下はイトミミズやミジンコが豊富なので、そこを狙ってトンボが卵を産みに来ます。ヤンマやアカネの大きなトンボは藻の濃いところ。イトトンボは、それより薄いところに産卵します。同じところにいたら、ヤンマやアカネのヤゴのエサにもなってしまうためだそうです。


 アミミドロの酸素供給のおかげで、午前中いっぱい作業をしましたが疲れ果てもせず、午後には美容院に行き、ついでにブックオフで「蒼穹の昴」(文庫は4巻)を買うこともできました。町田の街中を見ていてもマスクをしている人はほとんどいませんでした。


3

2009/5/22

江戸の粋について  

クリックすると元のサイズで表示します
江戸は着物の好みが地味なのは、それが粋だと思っているから。

 粋というものは、誰も困らせず皆が幸せになるよう配慮して、自分一人が身の細るような思いをしながら、それを一切おもてに出さない、そういう行為のことで忘己利他の精神に通じます。

 だから派手に着飾って目立っては、粋から遠ざかるのです。ホンモノの粋はそうそうできることではないけれど、地味な着物を着るのが努力表明みたいになっているのかな。

 ところで浅田次郎に「粋な人」を書かせたら、右に出る人はいません(と言い切ります)。短編集「お腹召しませ」の中にある「女敵討」の貞次郎や、「月島慕情」のミノは、実に粋。道徳や法、愛情までも反故にする勇気は現実にはなかなか持てるものではありませんが、こういう人物に出会うことこそ小説を読む醍醐味です。

クリックすると元のサイズで表示します
ただこれ↑江戸時代の話なので、言葉が少々難しくてね。これどう読むんだろうな?と思いながら読み進んでいます。子ども時代の読書を思い出します。



0

2009/5/20

方言と思っていなかった方言  なるほど・・・

 めでたく息子にかけつづけた学資保険が満期になりました。妊娠中から加入する人もいるそうですが、諸般の事情で加入時に息子6歳でしたので毎月の積立額は多くなり、途中保険料を捻出するのがつらい時期もあったよ。よくがんばった(涙)。

 さてそこで、一定額をないこととして毎月積み立てるクセをなくしたらもったいないので、そのまま終身保険に加入しました。保険の担当さんと話す中で言われたこと。

「町田にはいい言葉があるんですね、よいよい、『もしよいよいになったときのためにね』と説明するとお年寄りが必ず納得してくれるんですよ。僕は四国なので違う言葉があるんですが」

よいよい ・・・ 事故や病気で寝たきり状態となり、本人が意思表示ができない状態

「あ!よいよい、言いませんか?あ、そうか(笑)」
「いい言葉です」

 方言でしたか、気づかされました!誰がよいよいになったという話題は、方言が通じない人とは話さないものかもしれません。

「てっぺん(屋号)のじいさん、よいよいになっちまったんだってよ」
「じいさんってシゲさんだんべ?ありゃもういい歳だ、しょんねえ」
「シゲさんじゃねえよ、その息子のショウジさん、シゲさんはとっくに死んじまってらぁ」
「ショウジさんがよいよいになっちまったの?まぁだ若いじゃんかよ」
「若いったって昭和2年生まれだもの、もういい年だけんどもよ」


 などと使います。よいよい本人の家族に対して、この言葉は使わないほうが良いような気がします。

 昭和30年代生まれの私は、こういう会話を聞き取れるだけですよ。ふざけて真似してしゃべったりはするけど、同級生同士でこういう言葉は使いません。

クリックすると元のサイズで表示します
狭さが心地いいということもあるわけです。
3

2009/5/18

雨上がりのバラ  写真

 日曜の午前中、いっとき雨が上がりました。バラ園行かなくちゃ。
クリックすると元のサイズで表示します ガーデンパーティ

 ちょうどボランティアの人たちが、終わった花を摘み取る作業を始めたところでした。
クリックすると元のサイズで表示します
「花のすぐ下は3枚葉、その下に5枚葉がありますね、その葉の下の葉の上(複雑!)3ミリから1センチのところを切ります、そうするとこの脇からまた花芽が出てきます」

 この後レクチャーを受けた方々も作業にとりかかりました。集中のいる作業なので皆さん無言で取り組んでいるのが、おお!清々しい。

 翻って田んぼは簡単な作業が膨大にあるところ。だからおしゃべりしながらが多いのですが、どうもね、手を動かしながら口を動かすと、だんだん愚痴っぽい話題になっていくんですよね。これは男女問わずそうなります。愚痴って頭使わないでしゃべれるんですよ。(ー.ー;)

クリックすると元のサイズで表示します ストロベリーアイス

 知らなかったことを教えてもらい、実際に体を動かし、たくさんの例外を経験して自分のものにしていく過程は、想像しただけでもワクワクします。いいな〜。

 が、いかんせん私は手を広げすぎ・・・。どれか一つ整理しないと新しいことはできないナー。

クリックすると元のサイズで表示します
これはサンショウバラという日本原生種のバラだそうです。かわいい色です。

タイトルバックのバラは、マチルダという品種です。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ