ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2009/4/30

写真展のお知らせ  写真

'09青森ブロガー写真展
     「ブログのちから」〜あおもりを愛する仲間達〜

日時 2009年5月30(土)〜31(日)9:00〜18:00(2日間)

場所 「弘前市立百石町展示館」1階展示スペース
http://www.hi-it.net/~hyakkoku/info.html

弘前で写真展が開催されます。拙い腕ながら私も参加させていただきます。
お近くの皆様、お近くでない皆様も、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

1

2009/4/29

not 桜流鏑馬 but 茶房ひまわり  旅行

わあ〜、桜が満開できれ〜〜い
クリックすると元のサイズで表示します

で、視線を下に落とすと、
クリックすると元のサイズで表示します
車が切り返して出て行った何本ものわだち、流鏑馬関係者が引き上げた跡ですね。そう、すでに関係者の方が引き上げた後でした。26日の桜流鏑馬は中止でした。
クリックすると元のサイズで表示します

 この日、宿泊地の八戸から十和田市まで路線バスで行くつもりでしたが、tengtian60さんからメールをいただき、hanaママさんが車を出してくださるのでご一緒しましょう、と声をかけていただきました。大助かりでした、ありがとうございました。

 さて中止ということで、これからどうしたら良いのか??私が寒さで思考が止まっているところ、hanaママさんが
「ひまわりさんに行きましょう!ね!」
と決めてくださりました。頼もしいhanaママさん(^^)。七戸町の茶房ひまわりに向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します

 ひまわりのママさんの変わらない笑顔とあたたかなお部屋で、hanaママさん手作りの本当においしいクッキーやケーキをいただき、やっと人心地付きました。
クリックすると元のサイズで表示します
 hanaママさんは栄養士でいらっしゃるので、郷土料理も調味料の分量まで詳細に教えてくださいます。なんてありがたい人に出会ったことでしょう!!
クリックすると元のサイズで表示します

 少し遅れて青森太郎さんも到着なさり、「はじめまして」のご挨拶ができました。

 そうこうするうちに雨は雪に変わり・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
 春の雪なので、降る様子は東京の雪と印象が同じですが、積もるスピードが違う!!景色はみるみるうちに真っ白に。余裕をもってひまわりさんを引き上げました。

 大雪(に東京もんには見える)にも余裕しゃくしゃくだった太郎さん、にこにこ笑いながら、
「ここに雪が溜まるんですよね」
と、hanaママさんの車の、すでにたっぷり積もっていたフロントガラスの雪を払い、
「ブレーキを踏むと屋根の雪が前に落ちてきますから気をつけて」
とアドバイスしてくださいました。太郎さんのあの余裕は、スタッドレスを履いているのかしら?と思っていましたが、hanaママさんと同じくノーマルタイヤで弘前まで戻られたそうです。

tengtian60さん曰く、「慣れてるのよ」

クリックすると元のサイズで表示します

 帰り道、七戸町が八戸よりもかなり標高の高いところにあることを知りました。ながーい下り坂ばかり。対向車が「かき氷」をバシャッと跳ね上げて視界はなくなるし、hanaママさんは、3人も乗せた運転でとても緊張し、お疲れになったことと思います。本当にありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します 
ひまわりさんから見た桜と雪

 青森のソメイヨシノって、東京のよりピンク色が濃いように思うんです。十和田市官庁街の桜の写真は、レンズにフィルターを使っているか、色の編集しているのか、と思っていましたが、自分の目で見て「ガチンコかいっ!」と驚きました。

もう一回、つづく


あれっ?ケーキの写真、載せちゃイヤって言われていましたっけ?(^ ^;)ゞ
0

2009/4/28

新郷村2  旅行

 この日、お天気はあまり良くなかったけど不思議に戸来岳が見えました。神々しいような美しい姿でした。雲の中でホント不思議な見え方でした。

 水芭蕉は春浅い頃の花ですよ、残雪の横に咲くような、
クリックすると元のサイズで表示します
・・・と私は東北に通うようになって知りました。
「♪夏が来ーれば思い出すー」とか言うから勘違いします。

クリックすると元のサイズで表示します
 この湿地帯を作っているのは、すぐ横を流れる五戸川。青森って奥入瀬みたいな景色がそこここにあるのですね。

クリックすると元のサイズで表示します
 この看板、イラストから山菜取りの注意だと思いますが、いいですネ!あらゆることに共通する戒めです。「あなどるな 深入りするな 無理するな」後悔することって、この3つのどれかを必ずしているものです。

道の駅しんごう。目指すは一つ!福ふくの布ぞうり。
クリックすると元のサイズで表示します
 同じツアーの皆さんが安くて新鮮な野菜(それも魅力だったが)を選んでいる横で、真剣にぞうりの色を選んでました。ああうれしい、ネットじゃあ色を迷っているヒマないもの。
パパパッパと入力クリック!で、やっと買えるほどの人気ですから。

 うーん、ピンクとグリーンどっちにしよう・・・と、現地に行った者の幸せひしひし。
ピンクがとてもかわいかったけど、一緒に選んでいた女性(私が引き込んだ)が、どうもピンクを気に入ってそうだったので今回は譲りました。
クリックすると元のサイズで表示します 写真奥は初代。 
 きれいな色でしょう〜?道の駅のレジの女性にも「これ、きれいね!」と言ってもらえました。

クリックすると元のサイズで表示します
あまりにかわいいので、予定外ですが購入。ぞうりストラップ(^^)v


この後、新郷温泉館でお風呂に入って、八戸駅で5:20頃解散。
クリックすると元のサイズで表示します
 楽しい一日旅行でした。ツアーをご案内くださったのは新郷村役場の商工観光グループの方、JR青森支社・盛岡支社の方、そしてなんと八戸せんべい汁研究所の事務局長さん、お世話になりました。ありがとうございました。

 夕食時には雨がひどくなっていたので、ホテルの2階にある回転寿司屋さんにしました。

 八戸で寿司を食べるのは二度目ですが、刺身や寿司を付ける醤油は出汁醤油なのがスタンダードですか?関東は生醤油です。ちょっとカルチャーショックを覚えていました。

<追記>
八戸せんべい汁研究所のアンぱんちさんによると、八戸でも大抵は生醤油です、だそうです。
0

2009/4/27

新郷村  旅行

 今回は細かく予定を立てずに おおまかな計画でゆっくりしようなーんて思ったから、その通りになりましたワ。雪の話しは追い追い。

 新郷村といえばキリストの墓、全く収まりの悪かったこの湧説(この件は伝説じゃなくて、こう表現するのだそうだ)。でも現地で、ガイドをしてくださった村役場のかたの説明を聞いたら、なんとなく解釈の仕方がわかったような気がしました。
クリックすると元のサイズで表示します

 この話しの発端は、茨城県の古代史研究家らの調査によるものだそうで、あまりに突飛な話しですが、それを否定せず、拒否反応も起こさず淡々と受け入れ、売名のために利用することなどせず、距離を置きつつ存在は認めて、自分たちの生活を揺るがせなかった村の人たちの地に足のついた逞しさは、カッコイイよなあ〜・・・、
クリックすると元のサイズで表示します
ということを、この静かな景色を見て考えていました。
 
 「駅からハイキング」の当コース(参加費無料)の説明の中に、「新郷村からちょっぴりプレゼント」と書いてありました。

 何?何?キリストの墓ストラップとか?水芭蕉押し花の栞(一体どういう大きさ?)とか、もらっても正直あまりうれしくない物を想像していたら、

なんとぉ!
クリックすると元のサイズで表示します
バーベキューのお食事、ビールつき!!!たれは源たれ。

クリックすると元のサイズで表示します 新郷村の人気商品、飲むヨーグルトも一人一本ずつプレゼント。

 その「ちょっぴりプレゼント」の内容が発表されると、バスの中は騒然としました!

 後でJR青森支社の人の話しを聞いていたら、青森県内の「駅ハイ」ではサプライズを用意するようにしているそうですが、それにしてもこれはすごいサプライズ。牛赤身・豚肩ロース・鶏モモ肉・豚レバーに自家製ベーコン、東奥日報の記者の方がおっしゃるには、全て村内で生産されたものだそうです。どの肉も身がしまっていて、旨味が濃厚で、レバーは臭みがなくて、
おいしかったんだぁ〜。 

 すごいご馳走をありがとうございました。感激しました。これはブログに書かずにいられません。

つづく



0

2009/4/23

気づいたこと  ちょっとお出かけ

 自宅のある町田市から横浜線・八高線を経て、青梅線拝島駅から乗った「ホリデー快速おくたま1号」の車内は、軽く山の装備をした中高年で混んでいました。中高年というより熟年?私(45歳中年)は車内の平均年齢引き下げ役になっていたわね!ホント。

クリックすると元のサイズで表示します

 山歩きって私たちより年上の人の趣味のようです。私は小・中学校の遠足はひたすら山歩きでした。小学校1年の枡形山(神奈川県川崎市)から始まって、東京や神奈川の低い山は大抵行ってます。先生たちの好み。
クリックすると元のサイズで表示します
藤九郎さんのコメントで気づきましたが、遠足といえばこんな景色です。

 ところで平成生まれの息子は、学校の遠足で山登りというものを全くしていません。でもスキーをやらされています。スノーボードじゃなくてスキー。先生たちの好み(笑)。そして学年に一人くらいは、そのおもしろさに目覚める酔狂な子もいるものでしょう、私のように。
クリックすると元のサイズで表示します

 電車の中では「みんなグループで行くんだなあ」と思っていましたが、歩き始めてみると比較的若めな人(30代・40代)は単独行動でした。私は一人で山に来たことがなかったので、そういうもんなのか、と発見でした。

クリックすると元のサイズで表示します 今回参考にした本は、「山と渓谷社刊 新・分県登山ガイド12東京都の山」でした。ブログ中に書いた距離や標高などのデータは、こちらの本から引用しています。写真つきでわかりやすく内容も豊富で詳細(伊豆諸島まで載っている)、良い本です。

 が、東京版はコースごとに執筆者が違っていて、まだ見ない風景をイメージしやすい文章を書く人と、なにがなんだかわからない文章の人が混在している、というのが事実ですわ。

とりあえず今日で奥多摩終わり。
 

0

2009/4/22

奥多摩温泉もえぎの湯  ちょっとお出かけ

 駅前の観光案内所で「駅からハイキング」の手続を終えると、窓口の女性の方が
「温泉入ってらっしゃらない?」
と200円引きの券をくれたので、国道沿いを10分ほど歩いて日帰り温泉へ行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
 ここのお湯は、奥多摩町の温泉の中でも一番アルカリの強い PH9.85 だそうで、入ってすぐ感触の違いに気づきます。相当ぬめっこい!浴槽につかりながら足指をほぐしたり、足裏をマッサージしようとしても、力を入れると指がつるつる逃げてしまう〜。足指と手の指を交互にからめて足首を回す・・・おっと手がすっぽぬけちゃった。そのくらいぬめぬめでした。露天風呂は杉木立の中にあり、いい雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します
 100円で利用できる足湯もあります。とっても疲れているときは、こちらのほうが体の負担が少なくて良いかもしれません。

奥多摩温泉 もえぎの湯
東京都西多摩郡奥多摩町氷川119-1
営業時間 9:30 〜 20:00 (4〜6月)
大人750円・小学生400円

クリックすると元のサイズで表示します
駅まで戻る途中、多摩川の川原で拾った石ころ
0

2009/4/21

奥多摩むかしみち その4完歩  ちょっとお出かけ

クリックすると元のサイズで表示します
午後1時15分、やっと目的地到着です。ヤッター!!

クリックすると元のサイズで表示します
「奥多摩水と緑のふれあい館」がチェックポイント、スタンプを押します。
クリックすると元のサイズで表示します よっし!と達成感!
 「ふれあい館」の3Fには、そうは見えませんが食堂とおみやげ店があります。前日の陶芸工房の方の作品コーナーもありました。

クリックすると元のサイズで表示します
 バスの時間まで、重い靴を脱ぎベンチの座面に足を乗せてしばらく休憩です。吹き抜ける風が汗を乾かして気持い〜い!奥多摩湖に来た記念に、わさびジェラートを買ってみました。これが底に近くなるほど辛いのです。ワサビ成分は沈殿するのでしょうか!?

 しばらくの休憩後、13:45発のバス(2台で運行)で奥多摩駅へ戻りました。4時間かけて歩いた距離がバスなら10分。ウムー・・・自動車というものは、ヒトの感性を鈍らせてもおつりが来る便利さ!ウムー。
クリックすると元のサイズで表示します
 奥多摩駅に朝来たときは「行くべえ行くべえ」、戻ってきたら「けえんべ、けえんべ(帰りましょう x2)」で、駅はほとんど眼中になかったのですが、2階には何かいろいろあったようですよ。原宿駅より立派な建物ですね(←比べる対象がヘン?)。

まだつづきます。
0

2009/4/20

奥多摩むかしみち その3  ちょっとお出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

 東京の山は緯度と標高の組み合わせで、北日本に多いブナと南方系のシラカシが同居している少々珍しい景色があります。(写真はアカシデ?)

 奥多摩湖の周辺では、まだソメイヨシノやヤマザクラが咲いていました。
クリックすると元のサイズで表示します

 コースが標高のピークを過ぎて奥多摩湖周辺の集落に入ると、ルート沿いに陶芸工房の無人販売がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
 値段は500円〜1,000円で自分で決めてください、と看板に書いてありました。ここに並んでいるのは、少しキズのついてしまったB級品のようでした。私は釉薬のちょっとおもしろい湯のみを500円で買いました。
クリックすると元のサイズで表示します

0

2009/4/19

奥多摩むかしみち その2 「廃線跡って興味あります?」  ちょっとお出かけ

コースの初盤、ふとふり返ると・・・。
クリックすると元のサイズで表示します なんだあの穴!?

小さな階段を上ってみたら、
クリックすると元のサイズで表示します
線路がありました。なんてものを見つけてしまったのだ!と興奮しましたさ。この線路、その後しばらくコースと共にありました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
あんな上に行っちゃった。
手前の赤い乗り物は、農家さんのマイ線路ですね。テレビに出ていたことありました。

 その後、道で出会った話し好きのテツさんに教えてもらったところ、これは小河内ダム建設のための資材を運んだ線路だったそうです。当時は蒸気機関車が走っていたそうですよ、迫力あったでしょうね。今日の標題は、そのテツさんが私に問いかけた言葉をいただきました(^^)。

 さてさらに道を進み、その線路も見えなくなった道で、今度は休憩中の林業のおじさんに話しかけられました。
クリックすると元のサイズで表示します
おじ1「氷川のほうから歩ってきたの?」
私  「(?、ヒカワってどこだ?)奥多摩駅からです」
おじ2「みんな案外遠いとっから来てんだぁな〜ぁ」

ええそうよ奥多摩駅は遠かったワ、と心の中で返事をしていましたが、違うの!
氷川っていうのは奥多摩駅周辺の地域のこと。その地名を知らないのは、土地の人間じゃないね、ということ。アハハ試されちゃった。

クリックすると元のサイズで表示します
こんなものでよく木に上れるなあー!!

0

2009/4/18

奥多摩むかしみち  ちょっとお出かけ

 「奥多摩むかしみち」は青梅街道の旧道を整備したものです。JR奥多摩駅から奥多摩湖まで全長9.5kmを、約4時間かけて歩きました。ガイドブックには3時間40分と書いてありますが、写真を撮りながら寄り道しながらだったので、少し余計に時間がかかりました。途中で休憩を取るべきだったかな?と終わってから反省しました。

クリックすると元のサイズで表示します
ここから始まります。同じ電車を降りた人たちと
「え?ここ〜?ホントにここ〜?」
とキョロキョロし、お互い相談し、半納得で歩き始めました。

クリックすると元のサイズで表示します
 むかしみちはバスが運行(1時間に1〜2本)している新街道と平行しているので、バスと組み合わせて体力に合わせた楽しみかたもできるようです。9.5kmのうち最初の7kmは、ほとんど平坦で、最後に1kmで200m上がる素敵なクライマックスが用意されているコースです。
クリックすると元のサイズで表示します
 だから写真撮影のためなど渓流のきれいな景色が目的の方は、最後の急な上り坂を割愛することもできます(写真は道所橋からの眺め、下を流れているのは多摩川)。でも上り坂フリークの私には、最後の上りがヨカッタなあ!

 ペース配分ができていない山歩き初心者の私、上りきったときは両手を両膝に置いて、地面を見つめてゼーゼー呼吸しながら、
「友達を無理に誘わなくてヨカッタ〜〜〜」
と思っていました。

 そんなつらい思いをして、やっと見えた奥多摩湖(小河内ダム)は、感動的にきれいでした。一度、車で奥多摩湖に行ったことがあるけれど、そのときは「なんということもない、ただのダムだな」という印象でした。楽をすると感性が鈍ります。
クリックすると元のサイズで表示します

↓こちらは標高420m 付近
クリックすると元のサイズで表示します

↓こちらは標高600m付近から見た景色。少し季節が戻ったような色です。
クリックすると元のサイズで表示します

 山は新緑の季節、冬に行ったらこの淡い緑色の部分が全部茶色?と想像すると、つまらない景色ですね(^^)。秋の紅葉のときも、このように様々な色合いで「錦織り成す」山肌が見られることでしょう。また行こうっと!

今週一週間、奥多摩ネタで引っ張ります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ